« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月31日 (木)

MTXトランクバッグ

次の日曜日はサイクリングの予定。
で、昨日のブログの続きになるが、サイクルウェアーが無い。
tetsuさんから秀岳荘白石店にレトロっぽいウェアーがあったと情報を頂いた。
行ってきましたよ!

さて、と。
ウェアーウェアー、と。
ン!

3F自転車コーナー入り口から右側に、それはあった。
今、一番欲しかったもの。
それが、TOPEAK MTXトランクバッグ DXP だ!

先日購入した、同じトピークのリヤキャリア。
スーパーツーリストDXチューブラーラック
コイツにワンタッチで装着できるのだ。
また、パニアバッグ風なところも良い。
通勤にはこのくらい容量が多い方が便利だろう。

買っちゃいました(笑)

Mtx1  スタイルがイイ! 
 サイドのジッパーを開けると・・・
 パニアバッグに早替わりだ

 
 

Mtx3  全開の図。
 上ブタ裏に多機能ポケット
 トールボディで容量アップが可能

 
 

早速自転車にセットしてみました。

Mtx0  意外にデカイのだ
 細身のクロモリMTBがイイ感じ
 おっと、関係ないか・・・

 

重い荷物を積む時は、タイヤサイズも注意しよう。
700×28Cでは、チト不安な時があるのだ。
後輪に荷重が掛かり過ぎるからだ。
30C以上、あるいは26×2.0位が無難かも。

そういえば、ウェアーを忘れてた・・・orz

まあ、いいか。
明日からの自転車通勤、楽しみだ \(^o^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月30日 (水)

エリマキトカゲ大作戦?

札幌新道外回りを大谷地方面へ自転車通勤中だった。
ふとミラーに目をやると、後ろからロードが接近してくる!
と思う間もなく、あっというまに置き去りにされた。

ヒュ~(口笛)、カッコエエな~。
ジャージの背中には「北海道大学」の大きな文字が。
そう、北海道大学自転車競技部なのだ。
こんな朝(7:45頃)から練習ですか。

交差点の信号待ちで追いつき、私はちょっと躊躇していた。
自転車乗りは、他の自転車乗りを意識するのだ。
ましてや相手は競技選手(多分)、勝負にはならないけど。
もたもたしてる内に青信号、話掛ける前にロケットダッシュ!
やがて消えていった。

そういえばふと思ったことがある。
私を認識した途端にペースダウンする人、わざと停車し先に行かせようとする人、意識してるのに意識してない素振りをする人。
私も同じだ(笑)

多分これは本能的なもので、強い者にはあえて勝負を挑まないという危機回避能力なのだ。
動物の世界では生命を維持する為にも大切なことである。

なんちゃって、遅い言い訳に過ぎないか(笑)

そこで、少しでも速くなる(と思わせる)方法。

エリマキトカゲ。
少しでも大きく見せようとしてエリを拡げるが、あれは威嚇というよりも防御である。
それを応用するのだ。
SPDシューズとペダルを何度も脱着してカチャカチャ音を立てる。
ブレーキレバーを握っては放し、音を出す。
腕をぐるぐる廻し、大きく見せる。

そうやって相手は私を意識し、自分が弱いと勝手に思い込み自滅する。
名づけて「エリマキトカゲ大作戦」だ!

あくまでも冗談ですから(笑)
実際には全く役に立たないので、良い子の皆は真似しないでね。
勿論、公道は勝負する場所ではないので、スピードは控えめに。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

サイクルウェアー

自分はサイクルウェアーを持っていない。
レーパンやインナーはあるのだが、上は無い。
今までは必要ないと思っていた。

所有バイクは街乗りMTBとスポルティーフ(風)。
どちらもレーシングジャージは似合わない。
そういう自転車ではないのだから。

それが急に欲しくなったのだ。

一番の理由は、仲間で走る機会が増えたことだろう。
今までは単独走行、或いは家内と2人のみ。
街乗りMTBには普段着(ユニクロ製)でよかった。
それが皆でサイクリングするようになって、オシャレに目覚めたようだ(笑)

というのはオーバーだが、満更嘘では無い。
やっぱり専用ウェアーっていうのは、ちゃんとした理由があるのだ。
速乾性、吸水性、立体製縫、バックポケット、リフレクター、云々。
自転車専用ウェアーは、自転車に乗ってこそ真価を発揮するものなのだ。

というワケで、昨日タキザワでポチっとしたが、週末迄に間に合うかな。
他にパーツ類も一緒なので、時間が掛かるかも知れない。

その内、全身炎のレーシングウェアーを身にまとい、汗だくになって全然カッコ悪い私を見かけたら・・・。
応援宜しくお願いしますっ!(とインタビューで答える風に)

実は、こんなウェアーが欲しかったりして。

Peugeot  
 レトロな感じがいいでしょ?

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年5月28日 (月)

ブルーマンデー?

いや~実に良い天気。
これが一日ずれてたら、昨日の日曜日は素晴らしいサイクリング日和になったのに。
天気は良くてもブルーマンデーだよ、今日は。

本日も市内中心部へ出勤、自転車で行くことにした。
スーツにヘルメットとサングラス、荷物はキャリアへ。
SPDシューズにつき、革靴はキャリアに括り付ける。

午前中には業務が終了、本拠地へ戻ることになった。
南1条の南郷通りの橋のたもとからサイクリングロードへ入る。
札幌新道までは僅かな時間だが、サイクリングを楽しむことにした。

月曜日の午前中、こんな時間は殆ど人はいない。
ましてや、サイクリストは皆無である。
平日のこんな時間に自転車に乗っている人は、私の知る限りでは一人しかいないのだが、さすがに今日は仕事でしょう、Tさん(笑)

と思ったら、年配のローディーに遭遇。
上下ウェアーもキマッている。
シブイです。
他に古いロード(車種不明)に乗っている方もいた。

鳥の囀り、川の流れ、幼い子と母親、緑の河川敷等々、心が癒されるなぁ。
昨日の鬱憤を晴らすまでとはいかないけれど、楽しかった。


普段走らない時間、場所を走ってみるのも新鮮ですね。
今日はブルーマンデー? それともハッピーマンデー?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月27日 (日)

晴耕雨読でまったりと

北海道は雨。
午後から晴れるというが、路面は乾くだろうか。
今日は諦めて、自転車休養日だ。

サイクルショップタキザワさんから、セールの案内が届いてた。

Takizawa  
 自転車カタログ持ってますか?
 無料で貰えますよ。
 こちらから

 

http://www.takizawa-web.com/

 

今日は、オンラインショッピングを楽しむか。
自転車に乗れない腹いせに、ハメを外しそう(笑)

 

読んでいない本も結構ある。
今日はまったりと晴耕雨読と決め込む。
といっても、本は自転車関連ばかり。
結局、自転車から離れられないのね(笑)

Books  
 読むぞ~!

 
 

晴耕雨読でまったりと。

Mattari
まったり人生、良いかも?
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年5月25日 (金)

ちょっと心配、改正法

最近のニュースを見てると、改正法がテンコ盛りだ。
そんなに法律を変える必要がある程、時代や生活は変化している。

例えば、自転車関連では「改正道路交通法」だろう。
これはまだ審議中だっけ。
「改正消費生活用製品安全法」。
電動自転車のバッテリー回収騒ぎはこれだ。
「改正自動車NOx法」なんてのもある。
やっぱりキレイな空気の中で自転車乗りたいし。

仕事の関係では、改正パート労働法、改正高齢者雇用安定法、改正男女雇用機会均等法。
大きな事件で改正された改正建築基準法、改正貸金業法、改正官製談合防止法、改正児童虐待防止法、改正動物愛護法。
改正少年法、改正政治資金規正法、改正独占禁止法もある。

その他にもいっぱいあるのだ。
改正海洋汚染防止法、改正裁判員法、改正フロン回収・破壊法、改正卸売市場法、改正容器包装リサイクル法、改正統計法・・・

ちゃんと審議しているとは思うが、充分な時間を掛けたのだろうか?

時代に即した法改正は当然であるし、弱者保護の意味でも大歓迎である。
しかし、抜け穴ばかりあったら意味が無い。
ザル法にならない事を祈るばかりである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月23日 (水)

自転車への苦言

明日、明後日と自転車に乗れないだろう。
札幌市は大通り界隈で、取引先の移転による打ち合わせがあるのだ。
終日立ち会わなければならない。

中心部は駐輪がうるさいと聞く。
このご時勢、好き勝手なところに自転車は置けないのだ。
そんなんで、地下鉄で行こうと決めた。
万一の盗難やいたずらも怖いしね。

最近の自転車乗りは肩身が狭い。
やれ、接触事故だ、無灯火だ、逆走に信号無視。
ついでに放置自転車と迷惑駐車もいれとくか。

マナーが悪いんだよ!
同じ自転車乗りとして、まったく恥ずかしい。
自分で自分の首を絞めているのが判らないのか。
あまり自己主張するのもどうか。
自分さえ良ければそれで良いのか!
歩道には人がいっぱいいるのだから、自転車を押して歩けよ。
大人なんだから、それ位の分別あるだろうに。

今日は珍しく辛口です(笑)
自転車にも一定のルールを設けるべきですね。

「改正道交法、歯止めになるかは 周知次第」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月22日 (火)

紫人参酒

紫人参って知ってますか?

糖度が高く、ポリフェノールもたっぷり。
紫色はアントシアニンの色らしい。
すべてネットからの受け売りだが(笑)

千歳の道の駅で売ってた紫人参。
牛蒡と同じ太さで、結構長い。
5本入って200円位だったかな。

早速焼酎に漬け込んでみた。
何でも漬けてしまう性分だからしょうがない。 
焼酎は甲類の20度、紫人参以外は入れていない。

 

Murasakininjin  
 2週間漬けた頃
 結構色が出ている

 

グラスに入れてみた
 ほのかな紫色だ

 
 

そのお味は・・・

意外に甘みがある!
糖度が高いので、アルコールに溶け込んだのだろう。
ただし、土くさいというか、なんというか・・・。
ちょっと抵抗がある風味だ。

去年漬けた梅酒も残っているので、交互に飲んでみるか。
身体に良さそうだし、っていうのは酒飲みの言い訳だが。
ウィスキーやジンストばかり飲むよりはマシだろう。

おっと、自転車乗りの意外な一面を見せてしまった。
その内ブログも酒中日記になるかも?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

リアキャリアがGOOD

私の最近のヒットといえば、リアキャリアだろう。
レジャーには勿論、自転車通勤にも大活躍だ。
早く付ければよかった、というのが実感である。

今日の出勤前の1コマ。

Nimotsu  キャリアの上に荷物
 サイドバーにはビジネスバッグ
 ドイター エッセンシャルバイクだ

 
 

これで通勤時にバックパックを背負わなくて済む。
自転車通勤を始めて4年目、バックパックが無いってこんなに軽やかで気持ち良いなんて。
まるでサイクリングの時と同じ開放感だ。
これから暑くなるので、背中に汗をかかないのもGOOD。

欠点もある。
ゴムひもで括り付けただけでは不安感があるのだ。
現に、コーナーでずれる始末。
キャリアと同じメーカーのトピークのキャリアバッグ。
容量に不満があるが、検討してみよう。

雨天時の問題もあるが、しばらくはこのスタイルで通勤だ。
リアキャリア、自転車通勤にはオススメです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

自転車でアウトドア料理

朝、家内に叩き起こされた。
札幌は雨も上がり、今日は良い天気。
朝は既に路面も乾いてる。
諦めていたサイクリングに行きたいのだという。

今日のサイクリングには、昨シーズン購入後、一度も使っていないアレを使ってみるか。

家内の従妹の家に行くが、強い向かい風だ。
途中、食料を仕入れてモエレ沼公園へ到着。

 

Moere  ガラスのピラミッド前で
 すごい荷物だ
 アレを積んでるのだ

 
 

周回コースをしばし走るが、風が強いせいか自転車は少ない。
河川敷のサイクリングロードへ向かう。
ところがサイクリングロードには人がうじゃうじゃいる。
何とか歩こう会主催のウォーキングにぶつかってしまった。
とりあえず中心部へ向かう。

やがてウォーキングの人もいなくなり、札幌新道の橋の下で小休止。
ここでお昼を頂くことにした。
遂にアレの出番だ!
アレとはこれ。

 

Sichirin  ミニ七輪コンロだ!

 自転車でバーベキュー(笑)
 炭も持っていったのだ

 

この七輪はとってもコンパクト。

 

Yakitori  焼鳥4本が限界の大きさ
 隣のペットと比較してね
 直径16cmだ
 ん~、美味しい!(喰いタン風に) 

  

再度、文庫本と大きさを比較してみよう。

 

Hikaku  
 とってもコンパクトでしょ?

 
 
 

キャリアの上のスゴイ荷物とは、これらを積んでいたせいだ。
七輪と炭、おにぎりや肉に野菜、箸に皿、本にマット・・・。
アウトドア料理を満喫しました!
外で食べれば全部美味しいから不思議だ。

この七輪をショップで見つけた時、この大きさなら自転車で積んでいけると思った。
アウトドアの定番、焼肉だって自転車で出来るんだということを実践したのだ(笑)
先日買ったリアキャリアも大活躍だ。

このミニ七輪、興味がある方はこちらへ。
和平フレイズ株式会社 「ほんわかふぇ ミニ七輪コンロ」
そんなに値段は高くありませんよ。

あ~美味しかった。
やみつきになりそう(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

雨に唄えば

雨。
雨、雨。
雨、雨、雨。
ずっと雨だぁ~!

昨日も雨なら今日も雨。
明日も雨だという。

それでも自転車通勤の私。
わざわざ雨の中を出かけることも無いだろうに。
お陰でクルマのバッテリーは常に上がり気味だ。

Raindrops Keep Fallin' On My Head~
雨に濡れてもな気分。

傘を差したら「雨に唄えば」なのだが、こっちは自転車、「雨に漕いだら」ってとこだろう(笑)
B.J.Thomasも唄うと思うと楽しい。
Raindrops Keep Fallin' On My Met~

 

明日も雨だ。
雨に唄えば、通勤も楽しい。
なんて、唄っているのは懐メロが多いかな(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

リアラックとフェンダーの併せ技

今日の札幌は夕方から雨。
結構降ってきた。

夜、知り合いのお宅に届け物をするのだが、雨の中自転車は億劫だ。
まあ、雨だと判っているのに自転車通勤した自分が悪いのだが。

会社には前後のドロヨケを置いてある。
急な雨でも安心だ。
しかし、待てよ。
昨日、リアラックを取り付けた。
果たしてマッドガードは付けられるのだろうか?

マッドガードはこれ。
スワン ロードフェンダー リア用

シートポストで固定するタイプ。
簡易用なので、付けているだけましといった感じ。
心配になって、終業前なのに取り付けてみた。

やった! ついた!
かっこ悪いけど、背に腹は変えられない。

Rear  
 よく見りゃヘンだ(笑)

 
 
 

リアラックの荷台部分がドロヨケの機能を果たし、フェンダーとでダブルの効果が見込まれる・・・かも知れない。

合羽も会社に置いてあるから、濡れても大丈夫。
フラットペダルにペダルレンチもあるので、最悪長靴だ(笑)

折角雨対策をしているのだから、濡れていくのも悪くない。
いや、しょうがないがホントのところ(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月16日 (水)

リアキャリアの取り付け

自轉車通勤をしていると、1つ困ることがある。
それは、重量物の輸送が出来ないことだ。
バックパックは容量に限度がある。
仕事柄、お酒や食料品をいっぱい貰う(いいでしょ)。
ところが、家に持って帰れないのだ!

通勤車はMTB、ダボ穴はあれどディスクブレーキ仕様、リアラックが取り付けられなかった。
しかし、最近ディスクブレーキ対応のリアラックが出てきたのだ。
それがこれ。
トピーク スーパーツーリストDX (ディスク対応型)
http://www.topeak.jp/carrier/car060.html

今日行ったショップにあったので、買ってしまった。
ず~っと欲しかったんだな。

Topeak_rack  
 封を切ったところ
 キユーピーちゃん、つらそう(笑)
 事務所の中でよくやるよな

 

早速取り付けにかかる。
手持ちのツールで取り付け終了。

Rear_rack  
 こんな感じです
 見事にディスクブレーキを回避している

 
 

最大荷重15kg、これで帰りは怖いもの無し!
といっても、今日は載せる荷物は何も無い(笑)

空荷で帰ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月15日 (火)

バックミラーは必需品

自転車用バックミラー、以前は当たり前の装備だったが、最近の完成車には装備されていない。
一般車には必ずといっていい程、標準装備品だった。
それが今では標準で装備しているのは皆無である。

 

幾らコストダウンで廉価販売とはいえ、安全を蔑ろにするのは如何なものか。
むしろ一般車にこそ装備をすべきなのに。

 


私の通勤用自転車には、バックミラーを取り付けている。
やはり安全第一を考えてのことだ。

例えば、交差点に進入する際、対向車が右折しようとしていると仮定しよう。
そういう時にバックミラーで後ろを見る。
後続車が来ていると、対向車は右折しないことが予測できる。

 

しかし、後続車両がいない場合、対向車は自転車に気付かずに右折する場合があるのだ。
だからバックミラーで判断するのだ。
右折するかも知れないと予測するだけで、心にブレーキが掛かるってもんだ。

 

Mirror  

 ブラックバーンのマウンテンミラー
 ベルクロで着脱が簡単だ

 

後ろからクルマやオートバイが来てると把握するだけで、心にゆとりも生まれる。
事故防止につながるのだ。

 

フラットハンドルの自転車にはオススメです。

http://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/black/mn1000.html

 

ちなみに、ドロップハンドル用にこれもある。
ロードで通勤する場合はこれを付けている。

http://www.cb-asahi.co.jp/image/kaigai/black/ml1000.html
サイクリングには外してるけど。

 

自転車で「後ろ」を見てますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

ロードバイク購入に向けて

最近の休日はサイクリング、妻を家に残す事が多い。

昨日のサイクリングは楽しかったか訊いてくる。
気になっているのだろう。
自分も行きたかったに違いない。

 

家内の自転車はMTBベースで700×28C。
車重は12kg台とフルサスXCではまあ軽い方。

Dw2_k  バイクはこれ。
 ルイガノ LGS-DW2 ’04モデル
 街乗りオンリーだが、殆ど乗らず

   
 

自分もロードに乗ったら、軽くて早くて皆とサイクリング出来るんじゃないかと考え始めたらしい。
ロードが欲しいと言ってきたのだ!

 

これは、千載一隅のチャンス!
想いが強いうちに手を打たねば。
冷静になった時、後戻り出来ない状況にしておかなければなるまい(笑)

 

 
という訳で、家内のロードバイクを買うことになりました。
以下は私の独断、この条件で検討してみよう。

 1.使用者 : 女
 2.サイズ  : 身長約170cm、手足の長さは普通
         体重は中の上か、絶対秘密らしい(笑)
 3.用途   : 短中距離サイクリング、フィットネス等
 4.予算   :  完成車で20万(前後可)
 5.フレーム: カーボン希望(予算的に無理か)
          クロモリやアルミのカーボンバックでも可
 6.形状   :  スローピング
 7.パーツ  : フロントトリプル、メカは問わず
 8.その他 : 車重8~9kg台で

 

時期が時期なだけに、数ヶ月待ちならちょっとキビシイ。
なんせ北海道のシーズンは短いからだ。
人気車種ならすでに完売もあり得るだろう。

ショップを巡り、在庫から選択した方がいいのかも知れない。

 

 
オススメのロードがありましたら、是非教えてください。
宜しくお願い致します <m(__)m>

 

 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2007年5月13日 (日)

サイクリングは雨

今日はサイクリングの日。
雲行きは怪しいが、天気予報は曇り。
中止の連絡も来ないので、決行だろう。

集合場所に30分前に到着。
愛車の写真を撮る。

Bike1  
 近くの公園にて

 
 
 

集合時間が近づき、向かったら集合場所を間違えていることに気付いた(大汗)
何とかセーフ。

今日のメンバーは、tetsuさんご夫婦、Sさん、少年、私の5人。
札幌から朝里ダムを目指してサイクリングしゅっぱ~つ!

Tocyuu
 R337、銭函にて。
 寒そうでしょ?

 
 

張碓からは勾配がキツイ。
アップダウンの連続だ。

と、少年のフロントタイヤがパンク!
どうやらリム打ちパンクらしい。
少年はピナレロのガリレオ乗りなので、ガリレオ君にしよう。
ガリレオ君がパンクしたお陰で、私はパンク大魔王の呼び名から解き放たれたのだ!
忌まわしい死神から開放されたように、大魔王は私からガリレオ君に乗り移った。
ガリレオ君、大いにパンクに悩め!
パンク修理の腕は上達するぞ(笑)

朝里からダムへは上りが続く。
途中、小雨が降ってきた。

出発して3時間、目的地の朝里ダムへ到着。

Damu  
 朝里ダムの入り口にて

 
 
 

ゆっくりしたいが、雨が気になり早々にダムを後にする。
帰りは下り、思い切りスピードを出したいところだが、生憎の雨で路面は濡れている。
おまけに寒いし、思うように加速出来ない。

下って上ってお昼時。
今日のお昼は景勝園でジンギスカン!
ジンギスカンといえば、古い人なら
ジン、ジン、ジンギスカーン、ヘイ ブラザー、ホー ブラザー、ダンス ブラザー・・・

今の人なら、
ジンジンジンジン ジンギスカン、ジンジン ジンギスカン、ヘイ!
だろう(笑)

Keisyouen  生ラムジンギスカン
 いい肉を使っている
 ホント、美味だ!

 

「景勝園」
小樽市張碓町19番地
石狩湾を眺め、最高のロケーションである。

 

相変わらずの雨。
ようやくtetsuさんの家に到着。
「雨が収まるまで休んでいきませんか。」の言葉に甘える。
楽しい話し(勿論自転車)をいっぱい訊かせて頂いた。
ユキちゃん(ワンちゃんの名)も可愛いかったな。

一向に止まない雨に業を煮やし、諦めて家路を急ぐ。
自宅に着いた時は、体も自転車もデロデロ。
整備に1時間も掛かっちまったぜ。

でも、サイクリングは楽しかった。
tetsuさん、奥様、Sさん、またご一緒させてくださいね。
 

 
あ、少年を忘れてた・・・(笑)


本日の走行記録

走行距離 81キロ
消費カロリー 1982kcal(ホントか?)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

旧牛不調!

どうもパソコンの調子が良くない。
起動にものすごく時間が掛かるようになってきた。
ブラウジングも不安定だ。

私のPCはノート、GATEWAY SOLO3400。
ホントはSOLO3450が欲しかったのだが、23万位した。
手が出なかった。
ある時、当時まだあったゲートウェイスポットに寄った際、衝撃的な価格のノートPCがあった。
それが上記のノートパソコン。
12万位だったろうか、即買いだった(笑)

3400 Celeron500Mhz、WIN98ME
 ドッキングステーション付き

 

なぜこんなに安かったのか、それは購入後10日してから判明した。
GATEWAYのアジア市場撤退の発表。
そう、ゲートウェイショックだ。
在庫処分の投売りだったのだ!

数年後、日本に戻ってきたが、かつての輝きはもうない。
だから、ユーザーは愛着を込めて、他人は軽蔑気味にこう呼ぶ。
「旧牛使い」と。

ちなみにデスクトップPCもあるが、これもGATEWAY製。
PERFORMANCE 733XLというモデル。
これも現役、家内の専用マシンである。

我家では、2台も旧牛を飼っているのだ。
 

今は2台とも WIN XP PROになり、メモリーも増設。
愛着もあるので、もうしばらく使い続けよう。
今度の休みにリカバリー、再インストするか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

自転車とネクタイ

何、このタイトルは?

ネクタイを風になびかせて走ること?
それとも、鉢巻き代わりにでもするの?

いえいえ、実はネクタイの柄のことです。
見つけちゃったんだよね。
感動しました(笑)

Part2  
 一見普通のネクタイだが

 
 

Part1  よく見ると・・・

 画像をクリックしてね
 柄がわかるでしょ

 

このシリーズ、コレクションしようかな(マジで)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月10日 (木)

出逢った人達

そういえば、GWに実家まで自転車で自走した時、色々な人に出会ったっけ。
これが励みになったんだな。
一人で長距離を走る時、落ち込みかけた気持ちを奮い立たせてくれた。
そんな人の支えを感じたサイクリングだった。

出発して東区役所の近く、信号待ちの時に右手から車椅子に乗った人が来た。
こっちを見てる。

「おはよう、どちらまで?」
これから室蘭へ行くことを告げると、目をまるくしてる。
それでも、「時間を掛ければ何処にでも行ける。それは車椅子でも一緒だよ。」
「いま、特注でホイールを頼んでいるのさ。長距離用に軽いやつをね。」
と言って笑った男性、車椅子マラソンに出場するという。

ハンディキャップを微塵にも感じさせないその姿。
屈託の無いその笑顔。
更に向上しようとしているその気持ち。
こっちは五体満足、まったく赤面の至りであった。
お陰で元気を分けてもらいましたよ。

それでも、こちとら40過ぎの中年、その私に向かって「おい、にいちゃん」はないだろう(笑)
ヘルメットとサングラス姿では年齢不詳だね。
私の方が多分年上だと思いますけど・・・(笑)

エルフィンロードで、リヤフラッシャーを点滅させているローディーがいた。
後ろから近づき、それを伝える。
すると、「車道を走ってきたからね。それっきりそのままだ。」
との返事。
よく見ると、年配のローディだ。
午前中でも車道を走るのにフラッシャーを点滅させ、バックミラーも付けている。

追い越して「自転車の駅」で休憩していると、先ほどのローディが来た。
私に近づいてきて、「さっきはありがとう。」
とお礼を言われた。

いえいえ、車道走行でも安全最優先のそのスタイル、こっちが見習うべきだと感じましたよ、先輩。
自転車って年齢は関係ないんだね。
歳を取っても続けられる趣味だって事、改めて実感しました。

 

そして、白老。
tetsuさんご夫妻に会って励まされた事は前にも述べた。
これも大感謝だった。

その後室蘭市内でパンク、寿橋の上でパンク修理をしていたら、一般車を押して来た年配の方に声を掛けられた。
「おや、パンクかい? そう、自分で出来るんだ。偉いねぇ~。」
パンク修理位出来ないと、長距離は走れませんって(笑)
「おにいちゃんは、こっちの人かい?」
生まれはこっちでも、札幌から来たんだよ。
「札幌?」・・・絶句

おーい、おじさん、他に何か言うこと無いのかよ。!
それっきり黙って去っていったおじさん・・・。
いったい何だったんだ?

 

とまあ、こんな感じで人の温かさに触れたサイクリング。
背中を押してくれたことは間違いない。
終始向かい風できつかったけど、それ以上に楽しかった。

 

また機会があったら行きたいな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

ふるさとサイクリング最終章

5月6日(日) 連休最終日、札幌へ戻る日だ。
前日に家内が札幌からクルマに乗って迎えに来てたので、自転車での自走は止めた。
だって、翌日からの業務に支障があると困るから → 大嘘

自転車ショップへ行き、チェーンリングの交換と注文品を受け取る。
注文品はホイールセット2組。
26インチと700Cのホイールだ。
どちらもMTB用。
この内、700Cのホイールは知り合いからの依頼品だ。
実は26インチのホイールは家内のバイク用。
私のより値段も高けりゃ、パーツの構成も上なのだ!
これで我家の上下関係がお判りだろう・・・(泣)
Wheel


 
 
 

ここのショップの店主は私の幼馴染で、遊び仲間だった。
親父さんも現役の自転車屋、実家のすぐ向かいにある。
2代の店主に、私と親の2世代でお付き合いしている。
何とも長い付き合いなので、紹介しましょう。

サイクルセンター K-style
登別市若草町1丁目4番5号
Kstyle1  Kstyle2

実家を後にし、札幌へ向かう。
行きの自走中、気になったラーメン屋があり、寄ってみた。

Siraoi

 白老牛ラーメン 元気屋

 
 

白老牛の牛骨スープに、具材の挽肉も白老牛という。
家内は醤油ラーメン、私は特選ラーメンをオーダー。
特選は味噌味しかないという。

 

Ramen  運ばれてきてビックリ!
 まるで、あんかけラーメンだ(笑)
 スープは意外にまろやか。
 麺は小林製麺、極太のちぢれ麺。 
 醤油650円、特選750円也。

 

札幌に入り、自宅へ到着。
依頼品のホイールを届けにTさん宅へ。
お土産を持っていったのだが、お返しに六花亭のお菓子を頂いてしまった。
お気を使わせてしまったようで、申し訳なかったです。

Tさんご夫妻の励ましのお陰で、強い向かい風の中、ふるさとサイクリングが実現出来たと思う。
実は、あの時は相当へばっていたのです。
改めて感謝申し上げます。
おまけにブログネタもいっぱい出来ましたし(笑)

 

またサイクリングに誘ってくださいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

ふるさとサイクリングvol.3

5月5日、ようやく体調も万全に、地元をサイクリングしてみました。

実家を出て5分(自転車で)、母校の中学校に到着。
グランド側の丘に登り、記念撮影。
Chuugaku
 壁の薄汚れが時代を感じるな(笑)

 
 

次に高校へ行ってみる。
さすがに当時の面影は無い、というより建替えたようだ。
ブラスバンドの練習をしてる学生達が、こちらを見てる。
Koukou
 アブナイ人に見えたかな(笑)
 早々に立ち去る。

 
 
 
 

そのまま測量山へ向かうが、すぐに限界が来る。
全然登れない!
こんな程度の山道、なんてバカにしてた私の方が馬鹿?
Sokuryouzan
 押して歩いてなんとか到着。

 
 

その後、展望台に上がる。
いや~眺めがいいな~。
年配の方が自転車を担いで上がってきた私を見てビックリしてた(笑)

展望台の何だか判らないモニュメントと白鳥大橋

Monyu  Oohashi

沢町側から下り、旧道の札幌通りに出ると見つけたのがこれ。
「日本一の坂」だ。
何故に室蘭に日本一の坂が、と思うでしょう?
これがまた意味深なんだな。
詳しく知りたい人はこちら。
http://www.city.otaru.hokkaido.jp/soumu/koho/sakamati/1804.htm

Saka1  Saka2  Saka3

ふるさとポタリング、とても楽しかった。
ひとつひとつが懐かしく、かつ新鮮な驚きの連続であった。
故郷がこんなに魅力ある所だなんて、知らなかった。

明日は札幌へ帰る日。
もうしばらくここにいたい。
本気でそう思った。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

ふるさとサイクリングvol.2

5月4日、連休2日目。
昨日の160kmサイクリングのせいで爆睡したお陰だろうか。
思ったより身体に痛みは無い。

ここは、実家。
自転車で来たのは3回目、内2回は札幌から自走、残りの1回は輪行だ。
今回は1人で自走、家内は札幌に置いてきた(笑)

午前中ボーっとしていると、母が道の駅に行こうと言い出した。
私は自転車で来た為、当然クルマは無し。
よって、2人で自転車で出かける。
親子サイクリングの実現だ(笑)
私が幼少の頃以来だろう、何十年振りだろうか。

前後に大きなカゴを付けた変速機の無い買物用自転車。
父も他界し子供達も独立、一人暮らしでは自転車は必需品だろう。
後ろから見ると、背筋がしゃんと立っており、サドル高もピッタリだ。
 
Haha_1  初登場です(笑)
  もうすぐ70歳には見えないな。
 願わくば、このまま元気で。

  

 Yataimura_1 道の駅「みたら室蘭」へ到着。

屋台村です。
「みたら」の意味は不明・・・。

 

一回りした後、母が急に「室蘭のお酒、知ってる?」と訊いてきた。
以前、「がんばれ室蘭」(だったかな?)という名前の日本酒はあったが、また復活したのだろうか?
道の駅のすぐ近くの酒屋さんで売っているという。
行ってみた。

入ってすぐ目に飛び込んだのが、これ。

Rannomai  
「蘭の舞」 
まさしく室蘭の日本酒だ!

 
 

自分用と友人の飲兵衛氏の土産用に購入。
飲兵衛氏は複数いるので、困ったぞ。
一升瓶1本、四合瓶3本。
何とか自転車に積んで帰った。
札幌に戻ってから飲むことにしよう


販売元は「酒本商店」。
店主の特技は利き酒だそうで、一度飲んだお酒の味は忘れないらしい!
なんてったって、あの「夏子の酒」の主人公、夏子の利き酒能力は、ここの店主の利き酒能力がモデルとなっている位、実は有名な人である。

 

 

どうも太ももに力が入らない。
やはり脚には疲れが残っているようだ。
今日のところは自転車はおしまい。


本日の走行距離 18.9km   (母も!)
最高速度      15,3km/h

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

ふるさとサイクリングvol.1

5月3日朝8:00。
天気は快晴、やや風強し。
期待に胸を膨らませ、室蘭へ向けて自転車で出発だ。

最初から向かい風に悩ませられる。
1時間後、エルフィンロードの「自転車の駅」に到着。

Jitensyaeki  
 駅の前で記念撮影
 休憩中のローディとお話し。

 

10:15千歳の「道の駅」に到着。

Chitose  
 サーモンパークだ。

 
 
 

名物「鮭のチャンチャン焼きコロッケ」 みそとしお。

Chanchanmiso Chanchansio_1  右がしおだ。

 

11:45苫小牧市郊外 ウトナイ湖に到着、ODO79㎞。

Utonai  

この時期、白鳥はいませんw

ここまでずっと向かい風。
疲労を感じてきたので、そろそろ食事の時間かな?
と思ったら「味の大王 苫小牧総本店」の前だった。
味の大王ってよく聞く名前だけど、ここが総本店だったらあとは暖簾分けなのだろうか?
丁度昼時、混んでいそうだ。

だが、店に近づくとプ~ンとカレーの匂い・・・。
ここはカレーラーメンが人気なのだろう。
しかしまだ行程は半分、カレーラーメンを食べると胃がもたれそうで、今後の走りに影響するかも知れない。
泣く泣く店を後にする。
正直あまり腹も減ってないし・・・。

苫小牧東地区に入り、適当な店をと思ったが、どういう訳か店は反対車線にばかりある。
進行方向にあるお店に入ろうと決め、走るがなかなかこれといった店が無く、遂に苫小牧西地区へ突入した。

13:00、着いたのが苫小牧ラーメン「味の五十番」。
黄色い看板が目印です。
ようやく昼飯だ(笑)

Sio50  
 塩ラーメン 630円。
 お麩となるとが懐かしい。

 

澄んだスープにあっさり塩味、毎日食べて飽きないってこういう味なんだろう。
店主は40年間この味を守り続けているという。
昔食べた、郷愁をそそる味っていえば判るだろうか?
美味しいラーメンだった。

中締めも終わり、出発。
相変わらずの向かい風だ。
全然スピードを出せない。
メーター読みで、時速20㎞を下回ってしまう。
いい加減に飽きてくるなあ、もう。

15:30、2時間掛かってようやく有名な土産屋へ到着。
巨大な蟹にヒグマと鮭、そうあの店だ。

Kanikuma  
 下の観光バスと比べると、如何に
 巨大かがわかるだろう。

 

しばし休憩後、再度出発。
しかし向かい風によってすぐに気力が萎え、ちょっと走った後に再度休憩。
セイコーマートで水と大福を買う。
店から出ると、突然女性に声を掛けられた!
え、誰だろう?
お会いしたことあったような、無かったような・・・。
しかし、彼女は構わずに笑顔で挨拶してくれる。
?????

そこで、真打の登場!ではなく、男性が近づいてきた。
ん、もしかして・・・。

それは、tetsuさんご夫妻だったのです!

先日初めてご一緒させて頂いたのだが、その時はお二人共サイクルウェアーでキメられていた。
だがこの時は、カジュアルな私服。
全然わからなかったああああぁぁぁっっっ!!!

でも、これで萎えていた気持ちが奮い立ち、また前向きな気持ちになりました。
tetsuさん、奥様、励ましどうもありがとうございました。

その気持ちを維持しつつ、17:00には室蘭市内へ入る。
しかし、ここでパンクかよっ・・・orz
そう、後輪がパンクしたのだ。

予備のチューブに交換。
そういえば、先日のサイクリングでもパンクしたっけ。
パンク大魔王の異名を付けられそうだ(笑)

この時、既に脚は売り切れていて、JR御崎駅から御前水、JR母恋駅から仏坂へと、室蘭西部へは登り下りの連続、それに向かい風のダブルパンチで、これより下のギアが選べないことを心底恨めしく思った。
Fは50T×39T、Rは12-25Tなんだけどね。

そして18:00、ついに最終目的地へ到着した。
長く苦しい道程、遂に到達したのだ!

Soukoukiroku  走行距離 157.23km
 走行時間 8:06
 AVS    19.4km/h
 MAX    44.7km

総走行時間 10時間。
消費カロリー 3,427.7CAL(ホントか?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月 2日 (水)

故郷は遠くに在りて想うもの

さあ、明日から連休だ!
暦通りの休日、それでも嬉しい4連休だ。

故郷へ帰省しようと思っている。
といっても同じ北海道内、車で僅か1時間半(高速使用で)。
距離にして約140km。
ところが、こと自転車で行くと、8時間も掛かったのだ!
それが2年前。

フラットバーのMTB、今思うとよく行けたものだと思う。
さすがにタイヤは26×1.5だったけど。
それでも帰りは輪行でバスに乗せました。
今回は無謀にも自転車で往復しようと思っているのだ。

Cimg0100  
 2年前海辺にて。
 ゴールに近いが、相当ヘロヘロだった。

 
 

「故郷は遠きに在りて思ふもの、そして哀しくうたふもの」

ご存知、室生犀星だ。

以前、静岡に3年ほど住んでいたが、仕事の都合で盆暮れ正月は帰省出来ずにいた。
帰りたくても故郷には帰れない、まさにそんな気持ちだ。
故郷が遠ければ遠い程郷愁が募る。
だから無理をしてでも帰省するのだ。
鮭が生まれ故郷の川を遡上するのと同じだ(笑)

 

という訳で、しばらくブログの更新は出来ませんがネタをいっぱい仕入れて来ます(笑)
またよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドモアリガト Mr.ロボット

案の定筋肉痛だ。
外もも、ハムスト、膝周り、そして脹脛(ふくらはぎ)。
嬉しい痛みだ。

昨日、山に同行した家内はもっとひどい。
まず、床に座れない。
歩く時、足を曲げられない。
まるでロボットのようだ(笑)

ロボットといえば、「ムラタセイサク君」でしょう!
自転車こぎのロボット版、身長50㎝、体重5㎏の凄い奴。
足をつかずに停止できる。
これは正にストリート! スタンディングは基本ですね。

これからはどんどんロボットが活躍するだろうけど、決してロボット化はされない乗り物がある。
それが自転車だ。
自転車の最大の魅力、それは人力だからである。
人力で進むことに意義があるのだ!
ペダリングをロボットがアシストするの?
それじゃあ電動と変わらないし、。

ということは、将来も自転車は残るということなのだ。
ロボット化、大いに結構。
我々自転車乗りには痛くも痒くも無いんだよ。

ドモアリガト Mr.ロボット → 古い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »