« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

パンクの原因

またまたまたまた、パンクしたよ、もぉ~!
会社を出発して5分と経たずに「プシュ~」なのだ。
最近の原油高高騰で、チューブの品質が・・・(嘘)

と、tetsuさんから携帯メールがきた。
私がパンクした絶妙のタイミングでメールくれるなんて、多分見ていたに違いない(爆)
何か原因があるのだろうとアドバイスを受け、タイヤをチェックしてみたら・・・。

Tire1  
 真ん中が裂けているではないか!
 これじゃぁパンクして当然だ

 

ガラス片でも踏んだのだろう。
あ~ぁ、がっかりだよ!

ここ連日のパンクで、予備のチューブは無し。
会社へ自転車を押して戻り、家にヘルプコール。

予備で26×1.5のタイヤもあるので、それに替えてみるか。
月曜日からこれで行ってみよう。
待てよ、このサイズのチューブあったかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

パンク!パンク!パンク!

パンク、パンク、またパンクだ!
昨夜会社の帰りにパンクしたら、今朝もパンクした(泣)
多分、日頃の行いが悪いのだ。

昨日は、昼休みに自転車を洗車、その後注油したのだが、会社の敷地内を押して歩いただけである。
それで、帰りにはパンクしてたのだから、???である。

自転車通勤にはパンクはつきものだ。
時間的制約の中で、如何に早く処理をするかは、チューブの交換が手っ取り早い。
帰宅してから、ゆっくりパンク修理をすればよいのだ。

Panku  既に2回パンクしていたんだな
 このチューブは3回目だ 
 パッチの種類が違っている
 立て続けでないことは明白だよね

 

で、交換したチューブには既にパッチが・・・。
これも一度パンクしてたのね。

で、今朝。
出勤中に、プシュー。 またパンクだ!
初めての行きでのパンク。
予備のチューブを持っていてよかった。
その予備のチューブにもパッチが・・・(笑)
今迄、何度パンクしていたんだろう。

さすがに予備のチューブはもう無いし、ゴムのりも乾いててスカスカ。
大好き(?)なパンク修理が出来ないっ!

おまけに、帰りは雨。
パンクしないかと、ヒヤヒヤしながら濡れて帰った。
今日は天中殺だよ(細木さんか)。

  

でも、良いこともあったんですよ。

Sushi  
 こんなのとか
 お昼は回転してないお寿司屋さんで 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

コルナゴフェラーリ

よく通る道にある輸入車ディーラー。
そこの店内にディスプレイされている自転車。
それが、あの「コルナゴフェラーリ」だ。 

フェラーリの名が付く自転車、コルナゴ製である。
レーシングバイクというより、こいつは床の間バイクだ。
限定50台、欲しくてもまず手に入りません。
それにこの価格、買えない・・・

水曜日は定休、誰もいないのでガラス越しに撮りました。

Colnago1  COLNAGO for Ferrari CF-3
 モデナイエロー
 2003年の発表
 世界限定750台だ

 

よく見ると、自転車を支えているディスプレイ台にクローバーのマークがある。
コルナゴは、この自転車の役割を「ディスプレイ用」と考えているのかな。

Colnago2  
 かっこいいね!
 誰もいないので、まじまじと見ました

 

100万円の自転車って、今時珍しくもない。
コルナゴでさえ、CFより高いモデルもあるのだ。
それでも人を惹きつけるのが、Ferrari の冠か。

並み居る高級外車の前に鎮座していたCF-3。
どうも自転車のほうに目が行ってしまう(笑)

 

Ferrari オーナーになろうと思います。
クルマも自転車も。

さあ、次は7月19日発売のサマージャンボで勝負だ(爆)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月26日 (火)

元に戻ったMTB

今朝、MTBのタイヤを替えた。
700Cから26インチへ。
ようやく本来の姿だ(笑)
早速、今日から出勤に使用してみた。

最初に感じたことは、タイヤの抵抗感だ。
700Cに慣れたせいもあるだろうが、ブロックタイヤでは普段より踏み込むような感じを受ける。
走りも重い。
当たり前か。
それでも4月初旬まではこれで走っていたんだな。
(過去記事をみると、4月8日に700Cに替えた)

Mtb  朝、出勤前の姿
 26インチのブロックタイヤ
 ん~、安定感があります

 

今日はタイミングがよかったのか、帰りは大荷物。
めんつゆ3本にひやむぎ、うどん、きんぴらごぼう(笑)
さすがにサイドポケットを開き、パニア風に。

Pania_1  
 帰宅時の姿
 重かった・・・

 
 

重過ぎる荷物にも耐える、やっぱりこのタイヤで正解だ。
で、今日の重量は?

Weight  
 8.2kgもある!
 これは重いわ
 細いタイヤではもたないだろうな

  

Tire  
 MTBとロードではこんなに差がある
 ロードといえど28Cなのだが

 

MTB本来の姿とはいえ、山を走らない私・・・
通勤メインですから、別に何でも良いのです(笑)
リスクが少ない自転車ならね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月25日 (月)

夏越大祓式

北海道神宮から、今年もまた大祓式の案内が来た。
大祓式は半年に一回、6月と12月の末に行われる。
今回は夏越大祓式だ。

 

大祓って、何だろう?
北海道神宮の案内から。

 

「我が国の祖先は、古来より清浄を尊び、その清き明き心をもって、日々の生活を正し、生業に励み、地域の発展を図って参りました。」
古来より、日本人はこうだったのだ!
現代に生きる私達は反省せねばなるまい。

まあ、こんな文章が続くので以下略。
要は、罪や穢れを取り除く儀式なのだ。
本来は神宮へ参列すべきなのだが、忙しい現代人には無理な場合もあるだろう。
そんな人の為に、「人形(ひとがた)」が送られてくる。
その「人形」で身体を撫で、息を三回吹きかけ、神宮へ返送するのだ。
それが身代わり(?)となって、夏以降の半年をすこやかに過ごせるのだ。

なんでこんなことを?
信心深い訳ではない。
実は理由というか、きっかけがあったのだ。

2004年、自転車通勤帰りに大転倒を起こしてしまった。
当時はヘルメットを被っていなかった。
会社帰りに用事を済ませ、いつもの道と違うルートを選択した。
と、突然道路に陥没が!
あっと思う間もなく放り出された。
顔面からダイブし、顔中血まみれ、傷だらけ。
それが前厄の年だった。
これはいかんと、北海道神宮へお祓いに行ったのがきっかけとなっている。

 

こうして、毎回の大祓式となっているのだ。
交通安全祈願みたいなものです。
そのお陰なのか、その後転倒も立ちゴケも無い。
今やヘルメットは欠かせない存在だし、暗かったライトも明るいものにしたし。
安全には気を使うようになったのだ。
特に、札幌で冬道自転車通勤をしている身だし。

 

交通事故は偶然ではない。
必然だという。
神頼みではなく、常日頃から安全運転を心掛けたい。
それがあっての神頼みですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月24日 (日)

自転車で千歳にラーメン???

今日は楽しいサイクリングの日。
tetsuさん、Sさんと3人で。
札幌の天気予報は曇り、雨が降らなきゃ良いが。

8:30集合だったがその前に揃ったので、さあ、出発!
札幌新道外回りを大谷地方面へ。
その後白石サイクリングロードへ入り、エルフィンロードの水飲み場で休憩。
他の参加者はいないのだという。

Syasin1  
 颯爽と走る2人
 この後、更にペースが上がる・・・

 
 

10時ちょい前に長沼で休憩。
そこで、tetsuさんがSOYJOYを補給。
それで、火がついたのだろう。
そこから壮絶なサイクリングが始まったのだ(笑)

AVE30kmでひたすら走る3人。
千歳までそのペース、正直キツイ。
普段はもっとスローなペースで走る私には、これは試練だ。

ようやく、目的地へ到着。

Syasin2  
 タイオガじゃなくて、タイガ(泰我)
 http://www.r-taiga.com/

 
 

最初は「梅しおラーメン」を食べるはずだった。

Syasin3  結局食べたのは「ゆず醤油ラーメン」
 ゆずの皮と、ゆずのパウダー入り
 白醤油を使い、塩ラーメンのようだ

 
 

先頭のtetsuさんは、「いやぁ、ペースきつかったですね」なんて言っているが余裕だ。
この言葉は、帰り道に見事に裏切られたのである!

 

帰りは歩道(自転車通行可)をのんびり走るが、一旦車道に出たら、走りが変わった。
行きのペースを上回る、32、3kmで走るではないか!
そして、それはやって来た・・・

島松から北広島へ、アップダウンの続く国道36号線。
そこで、彼のアタックだ!
Sさんも、勿論私も置き去り。
売り切れた足には、追従する力は残っていない。
これは、完全に息の根を止める、まさに殺人アタック!
この人の底なしのパワー、恐るべし。

札幌市内へ入り、羊ケ丘展望台入り口のそばで休憩。

Syasin4  
 何という名かは知りません
 疲れたでしょうと、冷たいおしぼり
 いいお店です

  

Syasin5  
 tetsuさんのオススメ
 氷カフェ コーヒーを頂く
 アツイ身体を冷ましてくれるのだ 

 

「今日はどちらからいらしたんですか?」
「千歳から」と言う。
「えー、千歳ぇ!」
「千歳にラーメン食べに行った帰りです」
「自転車で千歳にラーメン~!」

タイトルはこれです(笑)

この後、羊ケ丘通りからミュンヘン大橋、サイクリングロードへ。
途中で皆さんとお別れ。
tetsuさん、Sさん、今日はありがとうございました。
ハイペースでしたけど、何とかついて行けました。

 

ここから一人になるが、どうも気が入らない。
集団で走ってたからだろう。
と、雨。
休憩がてら、パチリ。

Syasin6  
 今日はFバッグのみ
 これでも軽量化しているのだ(笑)

 

本日の記録
瞬間最高速度  52.6km
走行距離     約120km(誤動作につき、約です)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

700Cから26インチへ

通勤用に頑張っているMTB。

2004_exile  JAMIS EXILE '04
 最近は専ら通勤専用車
 カタログから

 
今はホイールを700C化し、高速仕様にしてある。
しかし、最近ちょっと不安を感じるのだ。
それは、リアキャリア と キャリアバッグ のせいである。

 

キャリアの耐荷重は15kg、バッグの重量は1.7kg(カタログ値)である。
何も心配ないと思っていた。
ところが、どうもリアタイヤの空気圧が下がり易い。
1日往復で1気圧程度は下がっているようだ。
そこで、このバッグを体重計に乗せてみた。
一応、通勤フル装備で(お弁当も含む)。

 

すると・・・(゚◇゚)~ガーン 重い・・・。

 

Juryou2 
 5.2kgもあるではないか! 
 リアラックを入れると、6kg超!

 

こんなに何を積んでいるんだか(笑)

  

Juryou1  

 バッグ単体では1.7kg
 カタログ値通りだった

 

700×28Cの後輪タイヤだけで支えるのは厳しいのかも。
折角の通勤快速号が、段差を気にして走れないのだ。
走行中にバーストするかと考えただけで・・・

 

そこで、26インチに戻すことを考えている。
700Cではマニトウのリバースアーチに干渉するので、太目のタイヤは履けないし。
26×1.5のタイヤ(スペシャ ニンバス)はあるが、もっと太い方が安心だろう。
2.0の擦り減ったブロックタイヤがあるので、しばらくこれでいくか。
エアボリュームのあるほうが乗り心地もいいだろう。

 

ほぼ毎日通勤で使用しているので、トラブルを避け、安全性を重視すべきだろうな。
パンクやバーストを未然に防ぐのが正解だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月21日 (木)

温泉ペア招待券

先週のゴルフ、停電だったことは既に書いた。
昨日、ゴルフ場から手紙がきたのだ。

なんだ、請求書か。
支払いしてなかったからね。
どれどれ、ん?

Syoutaiken   

なんと、お詫びに温泉のペア招待券が同封されていたのだ。
ヤッター!\(=^▽^=\) \(=^▽^=)/ (/=^▽^)/ヤッター!  


拡大すると、

Toukakyou  
 なんと、2枚も!

 
 

(前代未聞だったらしい)ゴルフ場の停電事件、風呂もレストランも使用不可、会計さえも出来なかった結果は、実は嬉しいことだったのだ。

羊ケ丘カントリークラブ、良いコースです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイシクル・ドリーム

イマイチ気分が乗らない。
自転車ライト故障中(これは書いた)とか、自転車メーター故障中とか、ネタはあるけど。
でも、今日はお休み。

こういう時は本でも見るか。
といっても、見るのは自転車ばかりなり。

今日の本はこれ。

Bicycle_dream  
 「バイシクル・ドリーム」
 さわやかエッセイ・コレクション

 アテネ書房
 1990年4月の初版本だ

 
 

1990年、17年も前の本。
エッセイの初出は1983年~だから、24年前だ。
この時代、結構新鮮だったりする。
「ルネ・エルス工房」で買い物したり、「アレックス・サンジェ」でオーダーしたりするくだりは、読んでいて大変面白い。
特に、ルネ・エルスの風景、知らない私には興味深いものがある。

ヨメさんも本を読んでいる。
何かなあと思い、見たらマジメな本だ(笑)
それも超マジメだ。

Shikihou  
 「会社四季報」

 東洋経済新報社
 http://www.toyokeizai.co.jp/

 
 
 

彼女は、ネットで株の売買をしている。
「利益が出たら、自転車買ってあげるね」
何ともけなげな妻なのだ。
でも、もう何年もたっているんですけど・・・。

もう、待ちくたびれました。
早く私に自転車買ってください(笑)
え~、無理ですかぁ~。

大五郎、じっと待つのだぞ・・・(超古い)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月19日 (火)

自転車ライト検討中

自転車用ライトが故障した事は以前書いた。
とりあえず、昨日はカミさんのライトを奪って出勤。
それがこれ。

El500  ちょっと暗いが、久々付けたライト
 CATEYE HL-EL500
 

 
 

当時、電池式では最強と謳われたこのライト、EL-510,520と進化を続けている。

 

昨日ショップへ行った際、何か良いライトがないかなあと物色していた。
「ライトをお探しですか?」 スタッフが声を掛けてくる。
「ん~、明るいライトあるのかい?」
トピークのムーンシャイナー(酒の密造者って意味もある)にしてみりゃ、半端なライトは不要だぜ!

「・・・どうですか?」
って出されたライト。
うわ、すげー!
カッコイイ! それに安い!

 

Sigma_sport  
 シグマスポーツ
 MIRAGE  EVO/X 
 5wと10wの2灯がカッコイイ
 ハロゲンライトなのだ

 

 

http://www.cycle-yoshida.com/aki_co/sigma/light/6mx_evo_page.htm
これで11,340円也。
どう、安いでしょ(笑)

 

残念ながら点灯したところは見れなかったが、手にとって迫力は充分伝わった。
明るいということは視認性に優れているばかりではなく、他からの認識性も高いということだ。
この値段で安全を買うといったところだろう。
暗い夜道を走る人にはいいと思います。

バッテリーはボトルケージにセットするが、これがまたゴツイ。
コードも長く、取り廻しに苦労するかも。
この上のモデルで PRO というのがある。
バッテリーが小型化されていて重量も軽い。
余裕があるなら PRO でしょう。

 

故障中のムーンシャインは今日ショップへ。
その後メーカーへと渡り、結論が出るのは一週間後だろう。
有料か無料か、それが問題だ。

有料だったら上のライトを買います。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

トンデンファームへ

快晴なり!
札幌は好天気に恵まれ、絶好のサイクリング日和。
こんな日に乗らないと、自転車に恨まれちゃう。

BIANCHIに乗るのは2週間ぶり。
空気圧をチェックしないと、また誰かに言われるからね(笑)
OK,OK。

カミさんと2人で9:30出発。
自宅~百合が原~拓北~あいの里~読売到着。
そこから当別方向へ走り出す。
今日は無風。
カミさんもしっかりついてくる。
R275を右折、農道を走り、まちむら牧場へ向かう。
しかし、通り過ぎて行けず・・・orz

石狩大橋を超え、江別市内に入り丁度12:00。
本日の目的地に到着した。
トンデンファームです。

Tonden1   Tonden2

 

さあ、お昼を頂くか。
まずは、名物「ピルカソーセージ」を購入。

Piruka  
 1本250円です

 
 
 

そして今日のお昼はこれ。

Ohiru  おにぎりと枝豆は持参
 ソーセージ2本、500円のみ
 おー、なんて安上がり!


 

あー美味しかった(笑)

 

腹ごなしに敷地内を散策する。
まず、店内から。

Cimg1266   Cimg1269_1   

中央のベーコンは3kg也!
価格は1万円を超えるのだ。
ちなみに、ここのベーコンは「どっちの料理ショー」で、本日の特選素材に選ばれた程である。
小さいのを買いました。

次は外。

Cimg1274   Cimg1278   Cimg1281

動物がいるんですね。

この後、いつものお風呂へ行き、汗を流す。
で、16:30帰宅。
パンクせずに済みました(笑)

 

Cimg1293  本日の走行記録
 走行距離  約56km
 消費カロリー1170Kcal

 

多分、消費カロリー以上に食べた・・・orz

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

自転車ライト故障中

今週の水曜日、走行中にライトが消えた。
バッテリーの充電切れだろう。
途中から無灯火で走りました。
すみません。

バッテリーが切れると役立たずなのは、携帯電話も一緒。
で、昨日は日中にバッテリーを充電する。

Topeak_enduro  
 TOPEAK ムーンシャインHID ENDURO
 非常に明るいので、夜でも安心
 ナイトクルージングの強い味方です

 
  
 
 
 

充電完了の緑のインジケーターが点灯し、自転車にセット。
さあ、家に帰るかと、ライトのスイッチオン!
あれ、灯かないなあ。
ライトユニットとバッテリーの接続コードを抜き差ししようと何しようと、うんもすんもない。
スイッチ下部の4つのインジケーターが一瞬点灯し、すぐに消える。
あれー、バッテリーが充電されてないのかな?

しょうがないので、昨日も無灯火で帰りました。
またまたすみません。

 

今日になってバッテリーを再充電してみたが、どうも充電はされているようだ。
充電完了ランプが灯く。
ということは、ランプユニットかバッテリー本体の故障だろう。
いまだにライトは点灯出来ません(泣)

 

購入後1年は過ぎているので、保証は効かないだろうなあ。
ランプユニットもバッテリーパックも、3万を超える・・orz
http://www.topeak.jp/light/lpf035.html
(ページ下の方に単体の値段あります)

3万出せば、他のライト買えるよね・・・。

 

メーカーサイトをみてたら、2007年モデルが出てたのね。
http://www.topeak.jp/light/lpf059.html

値段は旧モデルと一緒だが・・・勿論買えませんって。

 

とりあえずショップに持ち込み、メーカーに送って貰おう。
しばらくの間、別のライトを手配せねばなるまい。
修理の金額如何によっては、別のライトの検討も必要か。
どうしようかなー。

 

いずれにしろライトは無いので、買わなけりゃ。
無灯火運転は止めましょう。
自分で言うなって、説得力ないぞ!(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月14日 (木)

手術が決まる

今日は会社を休んだ。
朝から病院へ行き、出てきたのが午後2時だ。
家に戻って会社へ行ったところで、すぐに帰社時間になる。
それなら休んでも同じだろう。

母の手術の日程が決まった。
札幌の病院で手術することになったのは、田舎の病院では手術が出来ないからだ。
脳外科病院での開頭手術、本来は今月初めの予定だったが、1ヶ月ずれたのだ。

顔の神経をつかさどる三叉神経と血管が接触・圧迫することで起きる神経痛。
顔面に電撃痛や焼け火箸を突き刺されるような激痛を生じる病気である。
サンサ、あるいはサンシャとも読む。
直接生命に危機はないというが、痛みによりしゃべれない、食べられない、鬱になる、といった状態が続くのだ。
あまりの辛さに、自殺する人もあったと聞く。

今まではテグレトールというてんかんの薬を服用していたが、効果は減少し、めまい等の副作用も起きているとの事。
こんな生活が何年も続いており、今回の手術を決断したのだ。

私もネットでいろいろ情報を得て調べていた。
おかげで随分詳しくなりました。
治療法には薬の服用の他に、神経ブロック、ガンマナイフ、神経血管減圧等がある。
ガンマナイフとは、放射線を患部に照射することで治療する方法で、手術しなくても良いメリットがある。
しかし、新しい治療法なだけに放射線のデメリットが解明されていない。
また、札幌でガンマナイフの治療を行っている病院は一箇所だけだ。
これは、高度で高額な機器が必要な為、大病院でしか出来ないという背景もある。
さらに、健康保険が適用外のため、治療費も70万位になるらしい。

成功例が多いのと、効果が高い理由で、手術による神経血管減圧法を選択した。
ただし、全身麻酔や年齢による体力的な問題もある。
院内感染、術後感染、合併症の恐れだってある。
どんな手術にも、リスクはついて回るのだ。
出来ればローリスク、ハイリターンが望ましいが。

調べている内に、顔や身体の歪みによる発症例もあって、整体で直るのもあるらしい。
また、漢方薬が効くというのもあった。
こればかりは個人差もあるし、効くか効かぬかは判らない。
私としては少しでも早く痛みから解放させてあげたいのだ。
悠長なことをしてる余裕は無いのである。

頭蓋骨に穴を開けての手術なのだから、万一もあり得る。
家内には付き添いもあり、先日のニューバイク購入話しは凍結となってしまった。
来月は法事もあり、休日にサイクリングは出来ないだろう。
まあしょうがない。

それよりも、手術の成功を祈るばかりである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

ゴルフ場、大ピンチ!

今日は業界団体で親睦ゴルフ。
といっても、4組とこじんまりだ。
札幌羊ケ丘CCでプレイ。

前日からの懇親会で深酒が祟り、更に胸焼けが加算され、状態は最悪。
勿論、スコアーが悪い言い訳なんだけどね(笑)

今日は暑かったね。
札幌の最高気温は28.4度。
今年一番の暑さだろう。
ちなみに、道東の津別町は32度超、日本で一番暑かったらしい。

スタートが12:06、一番暑い時間じゃないか!
汗だくでラウンド後、クラブハウスへ戻ってきた。
すると異変が起きていた。
お風呂が使えないという!
えー、嘘だろう!!!
この汗をどうすりゃいいのさ!

実は、停電が起きていたのだった!
クラブハウス内の照明は勿論、冷蔵庫やお風呂も使用不可になり、極めつけはコンピュータのダウンで、支払いも出来なかったのだ。
当然、大騒動になるわな。
自販機は使えない、飲み物が提供出来ない、レストランも使えない、そして、暗い。
ましてや風呂にも入れないなんて・・・。
アブラぎったオヤジはまだしも、女性もシャワーすら浴びれないなんて。
この暑さで汗まみれ、最悪でしょう。

道外から来た客は、「北海道でいい経験をさせて貰った」と大喜び。
そりゃあこんな話し聞いたことも無いですから。
ていうか、北海道のゴルフ場が、しょっちゅう停電になるなんてこと無いですから!

ダブルペリアの計算は、電卓で行う始末。
表彰式では計算間違えてないか、不安でした(笑)

まあ私もいい体験をさせて貰ったよ。
請求書は、後日自宅へ郵送するとのことだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

気になる「競輪」

ギャンブルには興味がない。
麻雀やパチンコは昔やっていたが、今は全くしなくなった。
競馬は新聞の見方も知らず、馬券の買い方も知らない。
公営・私営を問わず、ギャンブルには興味は無いのだ。

それが最近、競輪が気になっている。
実は、過去に車券を1回買ったことはある。
取引先の担当が競輪好きで、誘われて買ってみたのだ。
誰々が地元で、絶対来るというらしい。
地元が勝つなんて、そんな単純なの?
と思ったら、案の定外れた(笑)

今頃興味が沸いたのには、やっぱり競輪は自転車だからなんだろう。
多分、要因は2つある。

Jitensyajin_1  1番目はこの雑誌
 「自転車人」~山と渓谷社
 フレームビルダーの特集だ

 

競輪を自転車からの視点で捉え、厳しい注文と、それに応える匠のワザ。
競輪用自転車の凄さが感じられます。

 

Odds  2番目はこのコミック
 「Odds」オッズ~小学館
 選手の生活が垣間見える
 これがなかなか面白い

選手側の視点で描かれている。
自分の知らない世界がここにあったのだ。
競技の内容も教えてくれて、素人には参考になります。

 

そんなんでちょっと競輪に興味を持ったのだが、昨日ある本を見つけた。

 

Sign  
 それがこれ
 「サインの報酬」~東京図書出版会
 この本の帯には衝撃的な言葉が・・・
 「八百長レースを追う!」とある

 
 

まだ読んでいないが、内容は濃そうだ。
ネットでは「競輪史を知る上で欠かせない本」とある。
仕事が少し落ち着いたら、読んでみよう。

 

気になる人は、ネットでレビューを見てね。


競輪に関心を持ったのは、それがギャンブルだからではない。
人と自転車とのドラマに興味を持ったんだね、多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

YOSAKOIには自転車は邪魔

ようやく昼前に起床。
半日が終わってしまったか。
走りたいところだが今日はYOSAKOIソーランのファイナル。
家内と共に、見物がてら札幌駅までポタリングする。

紀伊国屋の隣の駐輪場。

Cimg1065   Cimg1068

一日100円です。
しかし、すぐ傍には放置自転車と違法駐輪が多い。
マナーが悪いんだよな。

まあ、まずは腹ごしらえから。
大丸の8Fレストランフロアーで中華料理を頂く。

Cimg1069   Cimg1070

ん~、カロリー高そう(笑)

外から音が聞こえるので窓から下を見ると、やってました。
YOSAKOIです。
観ようと外に出たら、雨が降っていた!
札幌駅南口広場の特設ステージ、踊り子さんが可哀想です。

Cimg1077  すみません
 男だらけで・・・
 丁度このチームだった
 札幌「男気流」です

 

Cimg1083  
 雨が降っているので、傘が邪魔
 デジカメも濡れる

 
 

雨も小降りになったところで、大通り会場へと移動。
こっちは本格的だ。
道路を封鎖してる。
人も凄い数、自転車から降りて押して歩く。
大通りは雨が降っていなかったのか、道路は乾いている。
この辺は駐輪場所が無いのでじっくり観れないな。
ここでは自転車は邪魔者だろうし。
諦めて帰路へと向かう。

テレビ塔に向かうと、この辺りはバスでいっぱい。
参加者が乗って帰るのだろう。
皆、チーム衣装のままで歩いているので、仮装大会のようだ。
中には、ドキっとするような衣装(といえるのかな)で、おじさんには眼の保養になりました(笑)

ライトは外して行ったので、暗くなる前に帰宅しました。
YOSAKOIファイナルは、家で観てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 8日 (金)

おしおき自転車

ああ、忙しい。
これが趣味で忙しいのなら文句は無いんだが、仕事が忙しいのには閉口する。
来週からの総会、懇親会、ゴルフと、セッティングにてんてこまいだ。
明日も仕事。
このままなら、日曜日も返上だろう。

ぼやいてばかりいたら、ボヤッキーと云われるか。
ヤッターマンのボヤッキー、キャラが好きです。
なんたって、全国の女子高生のファンの皆様がついてるし(笑)

彼等が乗ってたトリプル車(3人乗り自転車)。
それが「おしおき自転車」だ。
逃げても、必ず爆破される、哀しい自転車。
でも毎回復活するのだが(笑)

 

Triple  現代のおしおき自転車
 いや、トリプルバイク

 

バイクフライデーから。

んー、日本では公道は走れませんね(笑)
でも、これが折り畳み車だというんだからオドロキだ。
さすがバイクフライデー。

あんまりボヤいていると、自転車ごとお仕置きされますよ。
「おしおきだべ~」ってね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 5日 (火)

世界環境デー

今日は環境の日。
世界環境デーだ。
今日の朝刊(日経新聞)は別紙で環境特集があった程。
それだけ環境問題を惹起しようとしているのだ。

総理大臣の安倍晋三夫妻がモデルになった、チーム・マイナス6%の一面広告。
「ストップ温暖化大作戦」のスタートだ。
チーム・マイナス6% 私も入ってます。

これは、チーム・マイナス6%運営事務局が運営している。
正確に言うと、「環境省地球環境局地球温暖化対策課国民生活対策室」と、何とも長い名前の環境省の部署の一つである。
要は、国によって行われているのだ。
「みんなで止めよう温暖化」を合言葉に、民間企業や一般人にエコを勧める政府の姿。

議員さんもエコしてますか?
クールビズのノータイ姿しか見えませんが。

と、ここまできてから自転車の登場だ(笑)
自転車に乗ろう!
はっきり言ってくれた方がありがたい。
これ以上のエコは無いだろうに。
まあ、お偉いさんは送迎車付き、自転車に乗ってなんかいられないんだろう。

今晩のNEWS23は自転車通勤の特集だという。
楽しみです。

6月は環境月間でもある。
今日一日だけのスポット広告をせず、月単位で周知してくれるのかな?
今日が環境の日だということを知らない人だっているんだから。
ましてや月間なんて、知らない人も多かろうに。

「チーム・マイナス6%」、理念は賛同します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 4日 (月)

パニア・バッグ風

腕と脚がヒリヒリ痛む。
昨日の日焼けのせいだ。
6月初旬、それもこの時期の札幌で日焼けだなんて・・・。
初めての経験だ。

 

痛みを堪え、何とか仕事をこなす、健気な私。
袖を捲くっていたので、真っ赤な腕を見て同情してくれる同僚。
立派に勤め上げた私にご褒美が待っていた。

それが食用油・・・
それも1.5Lが2本も・・・。
これはこれで嬉しいんだけれど、持って帰るのが大変だ。
こんな時自転車はつらいんだよね。

と思ったら、キャリアバッグがあるんだっけ。
これはパニア・バッグ風になる奴だ。
http://www.topeak.jp/bag/bag155.html

 

遂にパニアデビューです。

Pania  
 A4サイズが入るサイドポケット
 パニアバッグ風ですね(笑)

 
 

この姿は、正に長距離ツーリングのスタイルだ!
そう、憧れの北海道へ、いざ!


なんて、この中に入っているのは食用油だけど(爆)

 
油2本で3キロ増、+ バッグ単体1.7キロ プラスα
後ろタイヤに荷重が掛かっているので、ちょっと心配だ。
なんせ、パンク大魔王と言われる程だし(笑)

 
またパンクも嫌なので、慎重に段差をパスしつつ無事帰宅。
そこで撮ったのが上の写真ってわけだ。

 

パニアバッグ、なかなか使えそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

パンク・ノートに書かれた名前

今日の札幌は良い天気、絶好のサイクリング日和だ。
出発前、いそいそと準備していると家内がぽつりと呟いた。
「私も行こうかなあ。」

お、チャンス!
更に、
「折角天気が良いのに、家にいるのも勿体無いなあ。」
そんなんで、急遽参加決定(笑)

集合場所まで自走、家内を連れていくのは連絡してなかったけど、メンバーは暖かく迎えてくれました。
今日のメンバーは、前回もご一緒させて頂いたtetsuさんご夫妻、Sさん、それにサイスタで知り合ったあきーらさんと私等の6名。
時間は9時半、さあ出発!

Cycling  
ロードあり、MTBあり、クロスあり
家内が皆なについて行けたのはこの時まで

 
 

家内が徐々に遅れていく。
スタート直後からの向かい風で、僅かな体力が無くなったのか。
集団から遅れ、私等は二人旅。
それでもなんとか休憩ポイントへ到着。

Suiden_1  家内はダウンしているので、私だけ

 水田発祥の地
 後ろの水田がそれらしい。

 

休憩も終え再出発。
しかし、すぐに遅れだして二人旅。
しばらくすると、前からロードバイクが向かってきた。
それも大勢!
何かのイベントらしい。
皆さん挨拶してくれるので、こちらもお返しする。
自転車乗りの嬉しい瞬間だ。
でも大勢だったので、ちょっぴり大変だったが(笑)

そして本日の目的地へ到着。
 Coccoya
 とりたま食堂「こっこ屋」
 名前の通り、とり料理専門店だ

 噂のお店、遂に来たぞ~

 

私はこっこラーメン(塩)、家内は親子丼を注文。 

Torisio   Oyako  こんな感じ

美味い!
さすが噂どおりのことはある。
で、完食~(笑)

店の裏には販売ショップがある。
ここで、俄然家内の目の色が変わった!
あれよあれよというまに、いっぱい買ってるし(笑)
まあ想定済み。
私のフロントバッグにはクーラーボックスと冷却材が入ってあるのだ。
買い物全部入って良かったよ。

さあ、お腹も満足、帰路に着く。
しかし、またまた遅れだし、またまた二人旅。
それでも何とかスタート地点へと戻って来れた。
ここで、tetsuさんご夫妻とSさんとはお別れ。
皆さん、どうもありがとうございました。

残る3人、あきーらさんと私等は別コースへ向かう。
福移から学校の前を通って豊平川サイクリングロードへ。
そのまま中心部へと走る。

あきーらさんは、今日のために昨日ヘルメットやグローブを買われたそうだ。
結構な出費だったでしょう。
でも、これでいっぱいサイクリング出来ますね(笑)
またご一緒しましょう。

あきーらさんとも別れ、丘珠の従妹の家へ。
その後、「さとらんどで」しばし休憩。

Satoland  
 今日初めてのツーショット

 
 
 

帰りにお風呂でも行こうかと、向かった先は「北のたまゆら」東苗穂店。
私のサドルバッグがパンパンだったのは、実はお風呂道具が入っていたのだ!
皆さん、知らなかったでしょう(笑)

15時に行って、出たのは17時過ぎ、2時間もいたのか(笑)
ココロもカラダも解れて気持ちがイイ。
今日は楽しかったね、さあ帰ろうか。

出発してすぐに、家内の自転車から異音がするという。
ああ、(と、天を仰ぎ見る)
見事に前輪がパンクしているではないか!

Pank1  
 いつのまにか撮られてるし
 誰のパンクだよ、まったく

 

あの忌まわしいパンク大魔王の異名。
前回祓った筈であったが、今日も我の元へ。
私が参加したサイクリング、全てパンクが発生している。
今回は極めつけ、私等二人しかいないところでのパンク。
これはもう弁解の余地はないであろう。

 

もう私をサイクリングに誘わないで下さい。
もし誘ったら・・・。
パンク・ノートに貴方の名前を書くかもしれません・・・。


 

今日サイクリングした皆さん、家内が足を引っ張り、どうも申し訳ありませんでした。
いろいろ気を遣って頂きまして、大変感謝しております。
家内は、ここ数年来の運動不足が祟ってか、10kgも太ったらしい(嘆)

デブ・ノートの2ページ目に、家内の名前が書かれている。
最初のページには ”t” の文字が見える・・・(笑)

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

明日の準備

明日は皆でサイクリング。
札幌方面の天気予報は快晴だ。
サイクリング、ヤッホー!

楽しむ為には事前の準備が大事なんだな。
ということで、メンテナンス。
ほら、クルマだって遠出する時は燃料残とタイヤの空気圧程度はチェックするでしょ。
自転車だって同じ。
事前のチェックで心にゆとりが生まれるものなのだ。

始めたら止まらない。
ついつい3台もメンテしてしまったぜ。
モノは大事にしなくちゃね。

まあ、ネタもないのでこんなところ。
明日はいっぱい仕込んできます(笑)
願わくば、風は強くないように・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

スピードレバーの実力は?

自転車通勤でもサイクリングでも、常にパンクの危険はある。
予備のチューブに替えるのだが、実はそこには最大の難関が待っている。
それはタイヤのハメコミなのだ。

タイヤのビードが固くて固くて。
指は痛いし、レバーを使うとチューブを痛め易いし。

朝の通勤時にパンクでもしたら、時間は無いは焦る一方だろう。
幸いにも、私の場合は全て帰りにパンクしているので、まだ救われる。
それでも、真冬にパンクしたらと思うと、ぞっとするが。

そんなんで、ずっと気にはなっていたんだが、試しに買ってみたのがこれ。
クランクブラザーズ スピードレバーだ。

Speedlever  
ヒゲ剃りに見えるね(笑)

長さは約15センチ程度、
しかし3段階に伸びるのだ

 
 

Speedlever2  
 こんなに長くなる
 伸ばしたらちょっと頼りないかな 

 

詳しい使い方は、こちらを見て下さい。
http://www.selectit.jp/item_acce/xpac-kou-crankbrothers05.html

 

すみません、まだ使っていません(^_^;)
でも、なかなか便利そうでしょ?

 

ちょっと雑学(ネットからの受け売り)

クランクブラザーズ。
エッグビーターのペダルで有名な会社。
社名の由来はクランク兄弟社かと思いきや、カールとフランクの友達同士の名前から取ったものらしい( Carl  &  Frank )
サイドビジネスで自転車パーツのデザインを始めたという。

数ある製品の中で、初めてクランクブラザーズのブランド名が使われたもの。
それがこのスピードレバーなのだ。
歴史ある製品(いつかは知らん)、現在も売っているのだから、確かなものだろう。

 

もう指の痛さからも開放され、タイヤ交換も楽しくなるだろう。
それが714円であなたのもとへ!


 

何度も言うけど、実際にはまだ使っていません (^_^;)

 
 

今日から6月、テンプレートをCOOLBIZに変えました。
これから北海道も暑くなってくるでしょう。
引き続きチーム・マイナス6%、頑張ります。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »