« 自転車保険の行く末は? | トップページ | チェーンクリーナーは凄い! »

2007年7月13日 (金)

Mt.Fuji

今晩、愛すべき我が妹が法事で帰省してくる。
遥々、静岡県からやって来るのだ。
会うのは何年振りだろう。
現代では、こんな時でないと家族の顔は揃わない。

彼女は元々、道内でフリーでイベント関係の仕事をしていたが、彼氏と共に彼の実家(京都)へ行き、今は静岡に移り住んでいる。
私も若い頃に3年ほど静岡(沼津市)に住んでいので、懐かしい土地なのだ。
今思えば、この時に自転車に開眼していれば、富士山や箱根など走れたのに・・・。
この頃は自転車に全く興味がありませんでした、残念!

当時から伊豆群発地震は発生しており、毎日有感微震が起きていた。
その内、富士山でも爆発するかって戦々恐々の毎日(笑)
そこへ降って湧いたような移動の辞令、目出度く北海道へ帰ってこれたのだった。
20代は本州で過ごしたので、正直嬉しかったな。

心残りといえば、富士山の山頂を目指して登山したが、2度も悪天候で断念したこと。
いつか機会があったらリベンジしたいが、もう無理だろうなあ。
その機会が訪れるまで、自転車で足腰を鍛えることにしよう。

Fuji  
 富士の高嶺に雪は降りけり

 
 

Mtfuji_sl
これはMt..Fuji SL 9.5㎏のMTB
 525,000円也! 

 

日本の総代理店はアキボウ。
http://www.akibo.co.jp/

Fuji bikesは米国の会社。
Fujiブランドは、米国が所有しているのだ。
その昔は、日米富士自転車という、日本の会社だったそうな。
タンデム車までラインナップにあるところが、如何にも米国らしい。
クロモリのツーリングモデルもあるのだ。

日本を代表する富士山の称号が付けられたMTB。
外国人はMt.Fujiに芸術を感じるそうだ。
北斎の「冨嶽三十六景」の例もあるし。

Mt..Fujiを操れば芸術的な走りが可能、とはいかないのは百も承知である(笑)
所詮、芸術を感じるのは人間なのだから。

|

« 自転車保険の行く末は? | トップページ | チェーンクリーナーは凄い! »

コメント

高校の入学祝にフジ・オリンピックという真っ赤なロードレーサーを買ってもらったんだ。
本当はBSのランドナーを買ってもらうはずだったんだけど、なぜかロードになっちゃった。
それが競技をはじめた理由なのだ!

投稿: tetsu | 2007年7月13日 (金) 20時24分

ランドナーだったら、サイクル野郎になってたかもしれませんね(笑)

原点はロード、tetsuさんらしい!

投稿: タクランケ | 2007年7月13日 (金) 21時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/7127627

この記事へのトラックバック一覧です: Mt.Fuji:

« 自転車保険の行く末は? | トップページ | チェーンクリーナーは凄い! »