« 懲りずに健康器具に走るのか! | トップページ | 小樽へいくとなると part2 »

2007年10月 7日 (日)

小樽へ行くとなると part1

くしゃみで目が覚めた。
3回、4回。
そして鼻水。
もしや風邪?
折角の連休なのに。

これはヤバイか。
悩んだ末に家内とサイクリングを決行した。
今日は札幌市のお隣、小樽市まで。
既に10時を過ぎている。
大丈夫か?

石狩街道~国道337を経て国道5号線へ。
早速の登り坂に家内は意気消沈しているようだ。
それでもなんとか桂岡へ到着、ご褒美をあげた(笑)
あいすの家で。

Aisu  
 桂岡にある長沼あいすの家で
 幸せな味だそうな
 どんな味だ?
 教えません(笑)

 
 
 

少し下ったあと、最大の難関「張碓峠」が待っている。
家内は初の峠越えに、青息吐息、息も絶え絶え。
そして見事にクリア!
そこで体力を使い果たしたのか、下りはさっぱりだった。
勿体無い。

その後幾つかのアップダウンを乗り越え、花園町へ。
本日の目的、それは噂の「なると」で食事することだった。
私は本店へ行こうと思っていたが、家内はここで限界。
「ニューなると」に入りました。

New_naruto  
 若鶏時代なると本店とは姉妹店

 家内は一度ここに来たらしい
 ただし20年前だとか(笑)
 ここが本店だと思っていたそう

 

これが噂の「若鶏半身揚げ」です。

Hanmi1   Hanmi2

単品850円、定食にするとご飯に吸物付で千円だ。
これはお得だが、単品で満腹になります。
皮がパリパリで中はジューシー、味付けは塩味だけなのにとっても美味しい。
ケンタッキーが好きな人もビックリでしょう!
メニュー乗っけときます。
http://www.otaruzushi.com/newnaruto/main.htm

自転車で遥々来た甲斐がありました。
満腹&満足です\(^o^)/

そして・・・
続きは明日にしますね。

|

« 懲りずに健康器具に走るのか! | トップページ | 小樽へいくとなると part2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/8285155

この記事へのトラックバック一覧です: 小樽へ行くとなると part1:

« 懲りずに健康器具に走るのか! | トップページ | 小樽へいくとなると part2 »