« 中華屋さんのランチ | トップページ | ご近所ポタの日 »

2007年10月31日 (水)

回転寿司にて

月曜日の夜は某何某とお食事。
♪廻って 廻って 廻って 廻るぅ~
のお寿司を頂きました。

近所にある、陸のトリトン(笑)

Triton  

 

 回転寿司 トリトン栄町店

  
 
 
 
 

日祝なんて並ばなくては入れない程の超人気店。
でも平日の遅い時間で、更に大雨に雷ときたら、わざわざ外には出ないのが普通。
案の定、店内はガラガラだ。
余りに客が少なくて、却って居心地が悪い(笑)
スタッフの威勢のよい声も虚ろに響いている。
「はい、どんどん注文してくださいよ~!」
と言われると、注文を強要されているような錯覚すら覚えてしまう。
やはり、回転寿司は適度に混んでいた方がいいね。

遅い時間はお得だ。
安い皿に替わったりする。
茶碗蒸しも半額に・・・ムフフ

Sushi1   Sushi3

ついつい食べ過ぎちゃった^^;

ちなみに、いっぱいお皿が流れているんですが・・・
売れ残ったお寿司はどうするの?
廃棄となる運命なのか。

なんとか廃棄せずに使い廻せれば、売上増にもなるし、廃棄コストも減る。
なんて、経営者だったら考えるよな~。
それをしちゃったのが本州の老舗和菓子メーカーだったり、北海道の代表的な有名菓子メーカーだったりしたわけだ。

スーパーへ遅い時間に行くと、惣菜は半額になっていて、それを狙って行く客も多い。
また、「見切り品」として、賞味期限が短いモノを割引販売しており、私なんぞスーパーへ行ったら、真っ先に見切り品を探すくらいだ(笑)
要は、売る方も買う方も、お互いが合意の上であればよい。
客も承知で買っているし、安いから納得している。
まあ、すべてが割引き出来ない場合も多いが。

老舗のブランドイメージや既存顧客の手前、廉価販売は無理かも知れない。
また、利益率も下がることだろう。
だからといって、偽装はいけない。
これは犯罪です。

廃棄コストは販売価格に上乗せしているんでしょ?
だったら再利用せずに捨てなさいよ!
誰も手をつけず、乾ききった寿司が流れて行き、時折スタッフの人が寿司を捨てているのをぼんやり見てた。 

 

またまた自転車ネタじゃなかった。
自転車ネタも同じ様に乾ききってしまったか?(笑)

|

« 中華屋さんのランチ | トップページ | ご近所ポタの日 »

コメント

トリトンは子供にサービスが良いから好きですね。
サビ抜きを頼んだら、言わなくても食べやすいサイズにして出してくれたりねぇ。
下手なおもちゃが付くサービスなんかより、こういう心遣いの方が嬉しいですよ。

おもちゃも付くんだけどさっ(笑)

投稿: Lee | 2007年10月31日 (水) 19時37分

13皿&茶碗蒸しかい!
おれでも10皿くらいしか食べないよ。

もう2号(仮)の(仮)はいらないな(笑)

投稿: 道産子中年太っちょサイクリスト | 2007年10月31日 (水) 20時18分

>道産子サイクリストさん
2人分の皿を重ねたんですよ、見栄えの為に(笑)
安いネタばかりで・・・^^;
(仮)はまだまだ継続中です!

>Leeさん
そういうサービスが人気の秘訣なんでしょう。
家族連れにはいいですね。
私もオモチャが欲しい時があります(笑)

投稿: 2号(ry | 2007年10月31日 (水) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/8694740

この記事へのトラックバック一覧です: 回転寿司にて:

« 中華屋さんのランチ | トップページ | ご近所ポタの日 »