« 新品Fサスは・・・ | トップページ | また自転車の本 »

2008年2月13日 (水)

耐え難きを耐え

今朝の札幌は久し振りの冬の嵐だった。
横なぐりの雪、そして既に積もってあった雪を舞い上げる風。
地吹雪で前が見えない程だった。
こんな日も自転車通勤です。

吹雪対策として選んだ格好は次の通り。

 1.フェイスマスクで顔を覆う
 2.サイクリングキャップを被る
   キャップのつばが雪除けになるから
 3.ヘルメット
 4.ヘルメット用レインカバー
   雪がヘルメットの穴に溜まるのを防止
 5.クリアーサングラス
   視界確保のため
 6.ゴアジャケット
   雪を払い易い

こんな感じでした。

前照灯と尾灯をつけないと危険な位の天気。
気を付けて走る。
雪深い歩道だったが、なんとか走行できた。
それでもメーター読みでスピードは10km程度。
普段の1.5倍もかけて会社へ到着した。

Bike5

 

Bike6  

自転車も雪まみれです。

その後も雪は降り続き、帰りはもう大変!
いつもの橋の歩道は、完全に雪で埋もれている。
ずっと押し歩きを余儀なくされた。
その後の歩道も似たり寄ったり。
堪らず住宅街へと避難した。

毎年大雪が降って歩道を走れない時の為に、住宅街の車道ルートを確保している。
滅多に車が来ない道なので、こんな時は助かるのだ。
今シーズン初めての避難ルート、お陰で快調に走ることが出来た。
それでも行きと同じく1時間も掛かったのは、向かい風のせいもあっただろう。
自宅に着いた時はヘロヘロでした。

明日も同じ天候らしい。
風雪に負けずにがんばろう。
耐え難きを耐え、忍び難きを忍んだ冬の後には、必ず春が待っているのだから。

|

« 新品Fサスは・・・ | トップページ | また自転車の本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/10487777

この記事へのトラックバック一覧です: 耐え難きを耐え:

« 新品Fサスは・・・ | トップページ | また自転車の本 »