« ニュー・キャップ | トップページ | シティバッグ »

2008年3月13日 (木)

ツーリングマップル

2008年版が出ました。
新しい「ツーリングマップル北海道」です。
モーターバイク向けの地図情報誌だが、勿論自転車にもOKです。

大きさはA5版、縦21cm横15cm位なので持ち運びも可能、ツーリングのお供に最適だ。
縮尺は20万分の1なので、地図上の1cmは2km、等高線や宿泊施設に渋滞・温泉・グルメ等、役に立つ情報が満載なのだ。
また、最新のツーリング情報は、公式サイトでチェック出来る。
憧れの北海道をツーリングしたい方には必携の書だ。
地元民が言うんだから間違いない(笑)

今回この地図を買ったのは、前年に自転車で室蘭を目指して走行中、千歳~苫小牧辺りで道に迷い、安平町まで行ってしまった事があった。
結果脚を使い過ぎて苫小牧西で断念したのだが、この時ほど地図帳があれば、と思ったことは無い。
この時すでに「ツーリングマップル」の存在は知っていたので、2008年版が出たら必ず購入しようと決めていたのだ。
だって、価格は1,680円。
ハンディGPSなら約5万。
価格差は25分の1だし(笑)

Cimg2141_2  

地図を眺めているだけで、なんかワクワクしてくる。
あー、旅がしたいなぁって思ってくるのだ。
フロントバッグのマップホルダーにこの地図を挟み、自転車で旅をする。
現実は行ける筈も無く、夢で終わるだけに妄想の中だけは旅人気分に浸れます。
現実逃避をしたい方は、是非この地図をどうぞ!(笑)

今年は輪行で道内各地を周ろうと考えています。
5月のGWは道東を走ってみようかな?
今から楽しみです!

|

« ニュー・キャップ | トップページ | シティバッグ »

コメント

「ハンディGPS」(MioP350)を2年前に買いました。
2年前は自転車に乗っていませんでしたので、スキーや自動車でのドライブ時のナビに使っていました。
今年はナビとGPS軌跡の記録のために自転車に積んで走ってみようと考えています。
「輪行」、楽しそうですね。
いつの日か、函館まで1日で走って、温泉でのんびり休んで翌日に輪行で帰ってくるのが私の夢です。

投稿: nobukov180 | 2008年3月13日 (木) 09時21分

おー、イイものをお持ちですね。
でも、これには一つ弱点があります。
ハンディGPSを持っていると、集団では常に先頭を走ることに・・・(笑)

私も函館には行きたいのですが、1日では絶対到達は無理。
なので、往復輪行になりそうです^^;

投稿: タクランケ | 2008年3月13日 (木) 13時01分

今年のお盆は函館市内を家族で走りたいなと思ってます。
素泊まりの安い宿に泊まって、そこを拠点にグルグルと。
もちろん自走じゃないですよ(笑)

安宿情報求む。。

投稿: Lee | 2008年3月14日 (金) 23時54分

Leeさん

函館の安宿情報ですが、「スーパーホテル函館」が安いですよ。
http://www.superhotel.co.jp/s_hotels/hakodate/hakodate.html
秋に利用しましたが、広くて綺麗で、あの値段で軽い朝食付きです。晩ご飯をホテル以外で食べるつもりなら温泉ホテルに泊まるよりずっとお得ですよ~。

投稿: nobukov180 | 2008年3月15日 (土) 10時13分

実際に宿泊された、貴重なご意見ですね。
私も参考にさせてもらおうっと(笑)

ただ安いだけならまだありそうですね。
でも、そこに快適性や利便性を考慮すると、多少のアップはやむ得ないでしょう。

激安民宿なんてのもありました。
http://www.primeweb.co.jp/yamada/
「看板おやじ」なのかな?(笑)

投稿: タクランケ | 2008年3月15日 (土) 13時53分

>nobukov180さん、タクランケさん、情報ありがとうございます!

激安民宿良いですね〜。宝来町だしもうこれでほぼ決定かな(笑)
と言いますのも、私4歳から6歳まで、この宝来町に住んでいたのです。
子供に父ちゃんが通っていた幼稚園とか、遊んでいた場所とかを見せてやりたくって。

古い町並みや函館山の景色とかね。
自分のものごころが付いた時の原風景がそこに有ると思うので、そこを見せてやりたくてというのが、函館へ行きたいという第一の理由なんです。
まぁでも子供は電車とか列車とかを見たいのだと思うけどね(笑)

あと、ここに行きたいっ!
http://blogs.yahoo.co.jp/ryuzireal/36672107.html

投稿: Lee | 2008年3月17日 (月) 12時33分

宝来町、これは全くの偶然でしたね(笑)
お役に立てれば幸いです。

お子さんは父ちゃんのルーツを垣間見ることで、きっと函館が大好きになることでしょう。
是非、楽しんできてくださいね。

>あと、ここに行きたいっ!

おー、これは超穴場的存在ですね。
ここへはクルマで行けるのでしょうか?
階段横の自転車が気になります^^;

投稿: タクランケ | 2008年3月17日 (月) 19時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/11242515

この記事へのトラックバック一覧です: ツーリングマップル:

» 激安折りたたみ自転車 [折りたたみ自転車激安情報]
安い [続きを読む]

受信: 2008年3月27日 (木) 02時49分

« ニュー・キャップ | トップページ | シティバッグ »