« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月28日 (日)

大嫌いな生キャラメル

あ~あ、もう大変だ・・・
仕事の話で申し訳無いが、今、会社がヤバイのだ。

巷では生キャラメルブームだという。
おかげで製造側では全然納期に間に合わず、大変な事態になっている。
予定の半分しか出荷出来ない。
先日からずっと工場に応援に入っているが、予定の半分しか製造できていないのだ(T_T)
依頼主は某、これは某大手コンビニの新製品。
全国の店頭で売るのだという。
これで納期に間に合わないと依頼主の某の担当者のクビは飛ぶだろう。
ウチの担当も同様にクビか、いや、会社自体も損害賠償やらで危ういぞ。

原因はダブルブッキング。
同時期に同じ納期の仕事を請け負った為、人員が不足したせいだ。
おかげで社員総出で日曜日も全員出勤です。
とほほ・・・

残り少ない北海道のサイクリングシーズン。
爽やかで絶好の天気を恨めしく思いながら、せめて自転車で休日出勤して慰めています(笑)
しかし、次の日曜日も出勤・・・

生キャラメルなんて、
だいっ嫌いだあああぁぁぁ!!!

気を取り直して、お昼はラ-メン。
最近オープンした「ゆず吉」。
一日10杯限定の「ゆず塩ラーメン」、運良く頂けた。

Ca390352

Ca390354

 

チャーシューの替わりの薩摩揚げ?が意外とマッチしてイケる。
和風であっさり、美味しいラーメンでした。

さあ、機嫌も直ったので、また昼から生キャラメルと格闘するか(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

まちがいだらけ

昨日からの続きで、ノートPCと格闘する日。
この歳でパソコンに向き合うのは厳しいものがある。
何か判らない英語の羅列に専門用語、こりゃおじさん世代にはキツイわ。
私はおじさん世代の前なので、簡単ですが(笑)

3.5インチのHDDが余っていたので、クローンをコピーし万が一に備えておく。
FAT32をNTFSにCONVERTかけて・・・、この辺でボロが出る前に止めておこう(笑)

Win Updateをしている間、読んでいた本がこれ。

Cimg2672

「まちがいだらけの自転車えらび」 エンゾ・早川著 双葉社

幸福な自転車乗りがこちら側の人、それ以外はあちら側。
さて、こちら側の人間の定義とは?
初めてのロードは何にすればいいの?

ショップの立場から著したこの本、一言痛快なり!
というか、ここまで言っていいの?って、読んでいるほうが不安になるほど言いたい放題。
ここまで客に言うの?
そこまでシマノに言うの?
ネットでも語られない真実がそこにあるのだ。
確固たる信念を持たない自転車乗りは、もうカーボンフレームには乗れなくなるかもしれませんよ(笑)
真相は自身で読んでもらうとしましょうか。

この本を読んでますます次の自転車が難しくなったのは、私だけではあるまい。
自転車えらびの基準はコンポでもなく、フレ-ムでもない。
フロントフォークに精度の良いホイ-ルとチューブラータイヤなのだという。
自転車を選ぶ判断材料に一石投じたこの本、勉強になりました。

本にのめり込んだ結果、XPにアップグレードしようとして、間違って新規インストールしちまったぜい・・・
最後に犯した最大のミス。
自転車もパソコンも間違いだらけです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月22日 (月)

ノートパソコン ゲット!

今日ノートパソコンを買ってきた。
実に8年振りのことである。

以前もブログにアップしたが、ウチのパソコンは家内用のデスクトップと、自分用のノートパソコンが一台ずつ。
デスクトップはOSがWin98SE、PentiumⅢ733MHz と骨董品、ノートパソコンはWin98MeでCeleron500MHzと、もっと低スペックなのだ。
メモリーは256MBに増設、XP Proにアップ済みだが、基本設計が古いため遅いのなんの。
ストレスは溜まっていたのだ。

そんな環境から脱却すべく買ってきたノートPC。
IBM ThinkPad R40 WIN2Kモデルだ。

Cimg2667

中古です。
だって新品高いんだもん。
新品を買ったら、自転車がまた遠のくじゃありませんか(笑)
中古でもハイスペックです。
Pentium4-M 2.2GHz、そりゃあ旧世代かもしれませんけど、Celeron500よりは格段に上でしょうから。
搭載メモリーは512MB、倍に増やせばVISTAにも使えそう。
コンボドライブに内蔵ワイヤレスLANと、永く付き合えそうです。
これで27,800円!
とってもお得でしょ?
取説も無く、リカバリーCDすら無いが。

Cimg2670

画面も12.1インチから15インチへと大画面化!

OSがWIN2K SP3なので、アップデートやらソフトのインストールやらで、明日は一日掛かりっきりになりそうだ。
これはこれで楽しいんですけどね^^

明日も自転車に乗れないぞ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月21日 (日)

田舎モンですから^^;

一週間振りにロードで走ろうと目論んでいた日曜日。
しかし、家内の哀しい、いや寂しい眼差しを見たら行けなくなってしまった。
夫婦二人、家族サービスも必要なのは判っている。
今日は諦めたぞ、コンチクショウ!(笑)

というわけで、小径車で大通公園へ出かけた。
テレビ塔の辺りからは甘い匂いが漂っている。
スイーツを求めて長い行列が出来ていた。

Cimg2666

並んでまでスイーツを食べるなんて如何なものか。
そもそも漢(オトコ)はスイーツなんて食べないものだが、後ろ髪を引かれたのは何故だろうか(笑)

大通公園5丁目からは「さっぽろオータムフェスト2008」が行われている。
北海道内のご当地グルメが大集合!
当然、5丁目会場は人、人、人の人だらけ・・・
何所もかしこも行列だ。
人気の「富良野オムカレー」は50分待ちだと!
ラーメン祭りも大行列で、人込みに辟易してきた。

6丁目、7丁目、8丁目と移動するも、人込みがキライな田舎モンには苦痛以外の何物でもない。
家内も同じ田舎モン、早々に退散してしまいました^^;

昼時でもあり、このまま東急デパートへ向う。
ここは相変わらず客層は年配のオバチャンが多く、家内も違和感無く溶け込んでいた(爆)
札幌駅周辺は駐輪禁止地域になっており、駐輪場に止めなければいけない。
歩道は駐輪禁止なのだ。
しかし、実際は不法駐輪が多いのも事実。
もっと多くの場所に駐輪場を作ればいいのだが、諸問題もあり実現は難しい。
その点、東急デパートは駐輪場を備えている数少ない百貨店なので、利用する機会も多くなる。
決して家内がオバチャンだからではないのだ(笑)

上のフロアー、とんかつ屋で。
家内は沖縄なんとかかつ丼、私はカツカレーを頂く。
カレー専門店はルーがメインなので、カツはどうでもいい扱いだが、とんかつ屋のカツカレーは勿論カツがメイン、しかしルーがお粗末だ。
両者のコラボでカツカレーを作ったら、さぞ美味いカツカレーが出来ることだろう。
ジューシーで肉厚な、スプーンでサクッと切れるほど柔らかいカツを頬張りながら、自分ならそういう店をやるのになぁ。
なんて話しを家内に言ったら「すぐ潰れるよ」だって(笑)
確かにね^^;

久し振りの市内中心部、田舎モンが都会を満喫し帰路へと向った。
往復17.6km、走った内には入らないが、今日は家族サービスデイ。
物足りなさは次回にぶつけるとしよう^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

珍客

同僚が珍しいものを拾ってきた。
会社の駐車場で蠢く不審な黒い塊を発見し、近づいたらこれだったという。
それがカブトムシだ。

カブトムシって、自分が幼少の頃は北海道には生息していないと云われていて、持っている奴は相当羨ましがられた。
大概、お祭りの露店で買ったもので、祭りの時期になるとカブトムシの所有者が増えて自慢大会が始まったものだ(笑)
当時からカブトムシは昆虫の王様だったのだ。

それが、現在はほぼ道内全域に分布しているという。
本州からの国内外来種と云われているが、分布拡大には諸説あるようだ。
ブームで数多く繁殖させたものの、売れずに山に捨てたり逃げ出したものも相当数いるだろう。
時間の経過と共に、カブトムシは北海道に適応し繁殖するまでになったのだ。

Ca390335

Ca390336

珍客です。
久し振りに見るカブトムシ、やっぱりデカくて迫力があります。
昆虫の王たる風格を漂わせていますね。
しかし、こんなカブトムシの生息地にある会社って、どんだけ田舎なんだか(笑)
背中にヘコミがあるので、飛行中どこかにぶつかったのかも。

小さい子供のいる社員に貰われていきました。
成虫の寿命は2ヵ月程度、野生種は10月始めにはいなくなるそうだ。
コイツの寿命もあと僅か、長生き出来ればいいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

クエン酸効果を期待して

先日のサイクリングで、パウさんが秘密兵器を持ってくると言っていた。
それがクエン酸の結晶だった。
これを小匙一杯ボトルに溶かせば、疲れ方も違ってくるそうだ。
私も頂いたのだが、効果の程は・・・
よく判らなかった(笑)

いつも走っているコースでタイムを計っていれば違いも判るのでしょうが、初めてのコース、しかも複数の峠越え。
ん~、なるべく避けていたコースだ^^;
そんな峠にアタック、疲れるに決まってます(笑)
違いの判る男になりたい・・・

乳酸が溜まると脚は酸性になるという。
酸性になると血液の循環が悪くなり、疲労物質を除去出来ないので一層乳酸が溜まるという悪循環に陥るのだ。
クエン酸を補給すると体内が弱アルカリ性になるそうで、梅干が好例だろう。
疲労を蓄積せず、しかも解消してくれるスグレモノなのだ。

なんて話しを家内にしていたところ、
「クエン酸?ウチにもあるよ」というではないか!
え・・・(絶句)

Cimg2663

以前ヨガ教室に通っていた時に、先生の奨めで買ったのだという。
ドラッグストアーで300円台だったらしいが、一度も使っていない証拠に封も切ってないし日付も切れているし・・・

早く出せよと内心思いながら、次のサイクリングではしっかり補給しようと思ってます^^
これで以前と変わらなかったら、多分日付切れでクエン酸の効果が薄れたんだろうと思うことにします(爆)

あまり多く入れると酸っぱいので、小匙すり切り一杯程度でね^^

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

ロング・ライド

15日(月)祝日、札幌は良い天気。
今日は、5月に一度ご一緒したパウさんと二人。
山岳サイクリングです。
山にはトンネルがつきものなので、装備品には気を使う。

フロントライトにリアフラッシングライトは必需品。
パウさんから聞いた話だが、トンネル内で同一進行の自転車を避ける為にクルマが中央車線をはみ出したら、対向車はビックリするだろう。
なので、事前に対向車へ自転車が来ていることを知らせるべく、後ろだけではなく前にも自転車をアピールしたほうがよいとのお話しだった。
補給食として、ブドウ糖・塩飴・ウィダー・VAAM等を多めに持つ。
早朝は外気温が低く、峠の下りで寒い思いをしないよう、半袖ジャージにアームカバーとニーウォーマーというスタイル。
これが大正解で、後々苦労しないですみました。
特に膝は寒さで痛め易く、これからの時期は重宝しそう。

まずは走行ルート。

Photo

張碓峠~毛無峠~倶知安峠~稲穂峠~張碓峠。
峠、峠、また峠、正式な峠だけで5本も超えるのだ。
また、R393の開通道路までのヘタな峠を凌駕する登り、R5の小樽市塩谷からオタモイへ向かう市街地でありながらハードな登り。
登りがいっぱい、完走できるか不安です。

朝7時出発。
張碓峠を越え、朝里から望洋台の街並みを抜けてR393へ。
最初から登りが続き、両脚もビックリ(笑)
毛無峠でじわじわダメージが蓄積される。
この峠は全長20.7km、ということは単純に半分の10kmも登りが続くのか?
パウさんとは、見る間に距離が開いていく。
全然ついて行けない~(涙)

Ca390346

Ca390347

極めつけはR393の開通道路、トンネルまでの道。
ここで完全に打ちのめされた私、完全に一人旅^^;
途中で休憩を入れて貰い、息を整えた筈だったが、脚が廻らない。
峠を下る際、脚は止めないで廻していたほうがよいと、パウさんからアドバイス。
脚をくるくる廻すことで、登りで蓄積された乳酸を除去出来るそうだ。
休憩中も脚をマッサージしたり屈伸したりしたほうがよいだろう。

それからも下りに直進に力の違いを見せつけられ、11:30過ぎに倶知安町に到着。
お昼は倶知安名物、豪雪うどん
戴いたのは「田舎うどん」、梅干のクエン酸効果に生卵とお餅のトリプルパワーを期待して(笑)

Ca390349

普段のサイクリングなら食べ物が目的だが、パウさんは峠が目的だというから、そもそも意識が違っている。
差がつくのも当然だといえるだろう。

食後は調子もよく、倶知安峠を順調に超えるが、稲穂峠ではまたまたダウン。
息も絶え絶え、最後の力を振り絞るも、残り少ない脚力は売り切れ寸前!
それからは下り基調が続き、なんとか余市町へ到達した。
潮風を受けながら海沿いを走る。
山から谷から海へと景色が変わる中、トンネルを抜け坂を超え小樽市に入る。
正面には峠と見間違うような激坂。
小樽市は、札幌側からは張碓峠、余市側からはこの激坂と、どちらも坂を越えなければならない。
坂の街小樽とはよくいったものだ。

5号線から旧道に入り、小樽市街地を避けて海沿いを築港まで走る。
最後の難関、張碓峠。
たいした峠ではないと判っていても、今までの疲労の蓄積が邪魔をする。
それでも最後のギヤ一枚を残して登り切ったのは、男の意地でした。

札幌市内に入り、パウさんとお別れ。
今日はお疲れ様でした。
へたれな私を気遣って頂き、自分のペースで走れなくて申し訳ないと思っております。
物足りなかったのではないでしょうか?
適度な(数多くの^^)休憩を挟んでくれたからこそ、完走出来たのだと思います。
次回ご一緒させて頂く時は、多少進歩した姿をお見せ出来るよう頑張ります!
本当に有り難うございました<m(__)m>

本日の走行距離。

Cimg2661

今期最長不倒!
もう少しで200kmかと思うと残念ですが、また機会はあるでしょう。
その時までのお楽しみ^^

帰宅後に体重を量ったら、朝より2kgも痩せていた(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

自転車には天敵のイベントのお誘い

札幌(近郊含む)の自転車乗りの皆さん、ごめんなさい。

まずはお詫びから。
自転車乗りがこんなイベントに参加することを。

爽やかな初秋の風の中、白石サイクリングロードをウォーキングするそのイベント。
それだけなら謝る必要はないが、その数なんと500名!
白石CRはその時、人で占領されてしまうのだよ!

正式名称「サイクリングロード交通安全啓発大行進」。
実はこれがとんでもないイベントだったのだ。
手元にある案内文書を読んでみると、

「歩け、歩け運動」は今年、道交法の一部改正により自転車への規制強化等があったことから表題のように変更し云々。また、サイクリングロードを走行中の市民に交通安全を呼びかけながら、ウォーキングで心身の回復に努めて云々

とある。

ということはなんですか、対象は自転車ですか?
CRを通る自転車に交通安全を呼びかけるだって?
交通安全の啓発なら一般道でやってくれよ!
歩道走行に逆走等、啓発すべき対象はいっぱいあるぞ!
それにしても、何故サイクリングロードなのだ!
500名が一斉に自転車に交通安全を呼びかけたら、これは恫喝に等しいのでは?
さては、自転車を排除しようとしているに違いない!
これはサイクリングロードの不法占拠だ!
サイクリングロードを自転車乗りの手に返還しろ~!
心身の回復なら、自転車だって負けやしないぞ~!

と言いながら、自転車乗りには天敵のようなこのイベントに参加することになりました^^;
以下、詳細です。

 

 日時   平成20年10月5日(日)
 場所   冒険公園(白石区栄通20丁目)~アサヒビール園
 時間   10:30~12:00  10:00冒険公園集合
 距離   約3.5kmのウォーキング
 費用   大人1,500円  小学生以下500円  幼児無料
 備考   昼食後13:30解散

 

何故、裏切り行為(?)をしてまで参加するの?
それは、この費用の中にアサヒビール園のジンギスカン食べ放題・飲み放題がセットされているからなのだ!(笑)
通常の半分以下の値段ですから!!!\(^o^)/
ジンギスカンに釣られた(笑)
たまには、ウォーキングもいいよね。
って、日和見主義だ(笑)

 

実際のところは、このイベントは主催者(某協会)の会員企業向けの案内で、サイクリングロードなら自転車、自転車ならアイツだろう、とういうことで強制的に決められたのです。
それなのに、費用は自己負担・・・orz

 

というわけで、たまにはウォーキングもいいかなって思っている方、あるいはジンギスカンが大好きな方、是非ご一緒しませんか?
食後には、サイクリングロードを北広島まで往復しましょう。
アルコールを飲まれる方は、自転車禁止です。
申し込み締切日は9月24日(水)まで、参加希望の方はコメントに入れておいてくださいね。

 

注意
このイベントの本来の主旨を忘れずに。
プラカードや襷(たすき)を渡されるかもしれません。
まあ、それはそれで諦めましょう(笑)

 

札幌の自転車乗りの皆さんへ
この日のこの時間は、白石CRは避けたほうが賢明です。
お詫びの代わりに忠告させて頂きます<m(__)m>

 

 

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月13日 (土)

もう冬アイテムの準備

先日ポチっと購入したモノがあさひから届いた。
久々の自転車グッズ大量購入!
といっても送料無料になる金額にプラスアルファ程度。
それでも届いたら嬉しいね。

何を買ったか気になる?

Cimg2653

って、いつも公開しているくせに(笑)

今回のメインは長袖ジャージ。
 キャノンデール UVプロテクトジャージだ。
キャノバイクは持っていないくせに^^;
サイズは170~180cmでMサイズだと!
さすがUSAの男はデカイ。
でも、実際に着てみたらMでちょっと小さかった(泣)
サイズ交換のメールをしたが、通販はやっぱり難しい。

今は9月中旬。
北海道は、じきに寒くなってくる。
寒さ対策も必要だ。
なので、こんなものを買ってみた。

Cimg2654

ヘルメットキャップ冬用グローブ
どちらも本格的な冬までのつなぎ的アイテム。
特に、グローブは気温によって替えるため、必然的に数が多くなってくる。
今時期は指きりグローブだが、じきにフルフィンガーになるだろう。
10月中旬~月末には少し厚手のグローブに替わり、上のグローブは11月中旬から12月に活躍することになる。
他にフリース素材のグローブを所有しているが、マイナス3℃くらいまでは耐えるので、このグローブにもそれを期待している。
12月後半から2月末までは、更に強力なグローブが必要だ。
昨シーズンはマイナス14℃の中で自転車通勤を経験したが、しっかり手を守ってくれた。
というわけで、年間5種類のグローブを使い分けている。

 

北海道の自転車乗り、すでに目線は冬に(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

着々と準備中で

そういえば、ロードには1ヶ月近く乗っていない。
お盆に乗ったっきりなのを思い出した。
今度の月曜日はロングライド、せめてチェーンに注油ぐらいしておかないと。
久々に物置から引っ張り出して、通勤に使った。

1ヶ月振りに乗った感じは軽い!の一言。
ここ一月はMTBと小径車だったから、そう思うのも当然かも。
荷物は弁当に着替えに貴重品、そしてメンテ用ケミカル類。
フロントバッグとサドルバッグに荷物満載のクロモリロード、絶対重いはずだが軽く感じるから不思議だ。

昼休み。
私のメンテタイム。
今日の道具はこれだ。

Ca390332

PARKTOOLS チェーンクリーナーと洗浄液はFINISHLINEのマルチディグリーザーを使用。
これでチェーンの汚れを落とす。

Ca390330 Ca390333

キレイになったチェーンとスプロケット。
チェーンへの注油はFINISHLINE ROADセラミックルーブ
ドロっとしたルブ、チェーンの一コマ一コマに乗せる感じで浸透させる。
同じFINISHLINEのクライテック ワックスルーブだとサラサラし過ぎで、半分は床にこぼれて勿体無いが、これは粘度があるので床に垂れることも無い。
かえってお得だ(笑)
このROAD、コーティングを完全にするため、1,2日走行してから再度注油すると完璧だという。

WD-40は通勤MTBのチェーン用、ホームセンターで売っている。
確か価格は300円台、リンク先の価格は高い気がする。
モノが違うとも思えないのだが(容量は違うけど)。
テフロンバイクポリッシュは、主にBROMPTONのフレーム用に使っている。
今日のところはこの2つの出番は無し。
会社に置いておき、次回に使おうと思っている。

 

さあ、明日も仕事。
またBIANCHIロードで出勤しよう。
昼休みはROAD再注油と、バイクポリッシュでフレーム&クランク&ワイヤー磨きだ。
まだまだすることはあるが、ロングライドに向けて着々と準備中です^^

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

前に出るにもほどがある

最近、自転車ツーキニストが増えている。
以前はヘルメットに車道走行は殆ど見かけなかったが、朝の札幌新道外回りには着実にその数が増えている。
増えるに従い、マナーも?が多いようだ。
今朝遭遇した自転車ツーキニスト、彼もそんな一人だった。

朝の通勤時、彼は前を走っていた。
歳は20代だろうか。
MTB(ルック)でのんびり車道を走っていたが、左折のクルマを避けるために彼が歩道に回避したのを機に、私は車道から追い抜いた。
今日の通勤車はBROMPTON。
その先の信号待ちで停車、再スタートしようと思った途端、後ろから先程のMTBが捲くっていった。

ところが、ソイツの遅いこと。
すぐに追いつき、クルマが途切れたところで追い抜いた。
ところが、また信号待ちでスタートしようと思ったら、後ろからビューンと追い抜いていく。
しかし速度が遅いため、しばらくして再度追い越した。
ところが次も同じことを繰り返され、いい加減カチンときた。

クルマを運転中に前に割り込まれ、そのクルマが遅かったらイライラするでしょう?
それが同じクルマに2回3回と続けられたらクラクションやパッシング、気の短い人なら相手に怒鳴り込むことだってあり得る状況だ。
決して速く走ろと言っているわけではない。
勘違いしないでほしいが、公道で大事なのは自分のペースで走るのではなく、周りのペースに合わせて走ることなのだ。
それが事故もトラブルも避けることにつながる。

自転車の場合、狭い路肩で追い抜くことは当然右にはみ出ることになり、リスクが伴う。
声を掛けて追い抜く場合でも、突然後ろから声を掛けられると、ビックリしてふらつく自転車も多い。
公道は抜いたり抜き返したりする場所ではないのだ。
ヘルメットを被って自転車通勤しているのだから、素人でもなかろう。
自分より速い自転車がいたら、普通遠慮するだろうに。
こちとら22、3kmで走ってすぐに追いつくのだから、如何にソイツが遅いか判るでしょう?

そんな事情も知らず、意味も無く信号ダッシュして前に出るソイツ。
こっちは迷惑千万、勿論精神的にも大変よろしくない(笑)
信号待ちで青に変わる直前、後ろを振り向くと踏み出そうとしているソイツがいたので、思わず言っちゃいましたよ。
「走らないなら、前に出るのは遠慮してくれ」と。
その後しばらく走り、振り返るともう姿は見えなかった。

BROMPTONだからナメられたか(笑)
これを馬鹿にすると痛い目に遭う(はずだ)ぞ^^
もしMTBやロードだったら、彼の行動も違っていたかもね。
でも、これはマナーとして知ってもらいたい。
安全のマナーとして。
周りのペースを乱す走りは事故の元ですから。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

サイクリングのご案内

来たる9月15日の祝日、サイクリングを計画しています。
サイクリングといっても170km!
それも山岳ルート、これは凄いルートだ。
名付けて、「北海道山岳走破玉砕サイクリング道央の巻」(笑)

さて、そのルートとは・・・?

Photo_2

 

札幌市を出発、張碓峠を越えて小樽市へ。
R393毛無峠を越え、キロロを抜けて赤井川村。
先日開通したばかりの赤井川道路を抜けて倶知安町へ、羊蹄山をぐるりと半周してR230から中山峠に向う。
定山渓からさっぽろ湖を通る定山渓レークラインを走り、朝里峠を越えてR5号線。
来た道を戻り札幌市まで、長大なルートだ。
あれ、地図ソフトで計測すると、200kmを超えている^^;
ルートは違うかもしれません(笑)

さて、こんな山岳ルートをご一緒してくれる無謀(?)なサイクリストがいましたら、是非ご一緒しませんか?
今のところ、メンバーは誘って頂いたパウさんと私の二人だけ。
自信のある方限定です。
って、私も自信は無いのですが・・・^^;

ちなみにこの日はツール・ド・北海道の最終日。
モエレ沼公園でクリテリウムだ。
昨年は見に行ったけれど、今年は選手のつもりで峠にアタックしてきます。
玉砕覚悟で(笑)

最近になって、よく脚が攣るようになってきた。
ミネラル不足が原因だと思うのだが、はっきりは判らない。
それでも今回も秘密兵器をゲットした。
それがこれ。

Ca390325

ウイダーinゼリー マルチミネラルインだ。
先日のデサント内覧会で買ったもの。
6個入りでなんと650円!
賞味期限が12月と短いのでこの価格だ。
これで脚が攣ったら、原因はミネラル不足では無いということ。
証明してきます(笑)

当日の出発は7時を予定しています。
物好きの方はコメント入れておいてくださいね^^

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

ふるさと輪行

土曜日の夜、バスで輪行する。
途中から雨が降ってきた。
ああ、やっぱり自転車は持ってこない方がよかったかも。

Bro01 遅い時間でも、車内は意外と混んでいた
途中の停留所から乗り込んだが、丁度一つだけ2列シートが空いていた
ラッキー!

窓際をBROMPTONに譲り、通路側に座る
シートの間にすっぽり収まるが、片側のシートを占領しているので、他の乗客が乗ってきても席を空けれない
相席となる中、一人で2列シートを使い、ちょっと気まずい思いをした^^;

コンパクトに収まっているように見えるでしょう?
ところが、実際はこんな感じ


Ca390320

長時間この体勢はなかなかツライ^^;

次の日、街へ繰り出した。
室蘭市中央町界隈。
ここのアーケードは取り壊されるのだという。
その前に最後の勇姿(?)を見ておきたかったのだ。

Ca390318  Ca390314

西側の端と、東側の端から。
日曜日の午後なのに、アーケード街はひっそりと静まり返っている。
人も歩いていない。
まるでゴーストタウンだ(笑)
これならアーケードを取り払って、明るくしたほうが良いのかもね。

Ca390317 Ca390316

と思ったら、既に撤去工事は始まっていた。
天勝がとばっちりを受けている。

一通り懐かしい街並みを走ったら、お腹が空いちゃった(笑)
勿論ラーメン、室蘭のラーメンといえばこれでしょう。

Ca390313

子供の時分からラーメンといえば「なかよし」
カレーラーメンよりも、ここの醤油。
私の原点、基準がこの味なのだ。
でも、何年か前に中島町の「なかよし」で食べた醤油とは違う気が・・・
ここ入江店のは懐かしラーメンといった類の感じだ。
これはこれで美味かったが。

夕方札幌行きのバスに乗り、帰路へと向う。
帰りも混んでいて、行きの状態と同じ。
一人で席を占領し、何とも気まずい^^;
19時札幌駅に到着。
無事、帰って参りました。

まだ続きはありますが、それはこの次。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

食べ過ぎ注意

9月に入り、平日は天気が良かったけれど、週末は雨の予報。
基本的にエブリデイ自転車通勤の私には、週末の雨は自転車に乗らず身体を休める日になる。
でも、嬉しくは無い。
やっぱり休日の雨は、何か損したような気がします(>_<)

週末は走ろうと思い、多少の雨でも強行しようと考えていた。
しかし、予期せぬことは突然起きるもので、これから急遽実家へ行くことになってしまった。
仕事を途中で終えて行ってきます。
自走する時間も無いので、勿論輪行です。
なんせ片道150km、自走なら着くのは明日になっちまう。
それに今日の通勤車は16インチのBROMPTON・・・^^;

さて、今日のお昼は特製とんかつ定食。

Ca390309  

 

お昼からなんとも豪勢な食事。
胃袋には勿論、懐にもガツンときた(笑)
ご飯はおかわり自由なので、つい・・・ね^^;

こんなに食べたら、実家まで自走しないと痩せないな(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

自転車の本 №5

お盆前の事、ポチッと自転車の本を購入したが一向に届かない。
いったいどうなったもんだと半月が経った。
オリンピックの盛り上がりの中で埋もれたか、お盆中に受注した担当者が行方不明にでもなったか、なんて不安は募るばかり(笑)
半月以上経ち、そろそろ問い合わせしようかと思った時にようやくメールが届き、翌日の今日到着した。

Cimg2644  
コミックはまあいいとして、同じマンガでもじてんしゃ日記は面白い
あとがきにもあるが、前作は入門篇で今回は実用篇とのこと
ロードあり、折りたたみあり、装備や輪行と、タメになることばかり

まるで自転車情報誌だ^^

 
 
 
 

そしてもう一冊。
快感自転車塾 ~ 長尾藤三著 五月書房 
著者は45歳からロードバイクに乗り始め20年。
彼が気になっているのは、自転車雑誌や専門ショップは若い人向けだということ。
自転車は彼等だけのものではなく、中高年にも優しい乗り物。
その世代が自転車を始めるにあたり、アドバイスやガイドブックが無いのに気が付いた。
それならばと、自らが書いた中高年の為の自転車入門書だ。
とはいっても、参考になる内容がとても多いのは、私が中年だからだろうか(笑)

のんびり走るのもいいもんだ。

この本を読むと、そんな気がしてきます。
彼の他の著書も、同じ想いが伝わります。

Cimg2646

ゆっくりがカッコよいという発想は、今まで無かった。
この著者の本、私は結構好きなんですよね^^
のんびり派にはオススメの本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 1日 (月)

8月の走行記録

8月最後の日曜日、札幌は久し振りの青空だった。
しかし、朝は二日酔い(>_<)
私の頭は晴れてなかった。

ぼーっとしていたが家内にせかされて重い腰を上げる。
気は乗らないが家内に付き合って自転車に乗った。
今日もBROMPTONとBD-1。
最近はBROMPTONばかり乗っているな^^;

二日酔いには汁物、特に麺類がいい。
近所でも評判のうどん屋さんで、朝食兼昼食を頂いた。
手打ちうどん 寺屋。
麺が無くなり次第終了なので、会社帰りに寄っても食べられない程の繁盛店だ。
私は山かけ、家内はカレーうどんをオーダーした。

Cimg2641  Cimg2640

Cimg2638

噂に違わず旨かった。
私の拙い文章では伝わらないので、ここを参考にどうぞ。
http://hokkaido.yomiuri.co.jp/youyomi_06/mon/a_051107.htm

その後、札幌コンベンションセンターまで走る。
デサントの一日だけの社員・家族の特別セールが開催されており、招待状が届いていたのだ。
そろそろ肌寒くなってきたこの頃、薄手で吸汗・速乾に優れた長袖ウェアーが欲しかった。
さすがに朝晩は半袖ではもう寒い日もある。
最近のスポーツウェアーは、自転車用ではなくても後ろの丈が長いタイプが多く、襟付きであれば自転車用としても通用しそうだ。
市価の半額から1/4の値段、とてもお買い得でした。
UMBROブランドなので、サッカー用か・・・?^^;

次回のセールは12月6、7日とのこと。
冬物購入はその日まで我慢しよう^^

本日22.7km走行。
今月は671.8kmと、700km台にちょっと足りず。
ちなみに今年の累計は3,882.7km、あと一回長距離を走れば4,000kmは越えたかもしれないと思うと、悔いが残る結果となった。
雨の影響で、後半は距離が伸びなかったのも原因か。

さあ、残り少ないシーズン!
9月は走りますよ~^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »