« 本当の高級ラーメン | トップページ | ブレーキ調整 »

2009年6月25日 (木)

左側走行のススメ

ようやく暑い日がやってきた@札幌。
今季一番の暑さ、場所によっては31℃にもなったという。
今まで溜まっていたものが一気に晴れたようで、あまりの急激な気温の上昇にカラダがついてこれなかった人は多かったことだろう。
私も殆ど仕事にならず、アイスを2個も食べてしまった^^;
来たる夏を前にして、このまま夏に向かえるのかとっても不安^^

さて、今日は朝からトラブルが続いた。
まず、朝。
会社へ着くなり、大事件。
通勤途中、部下がクルマで人を跳ねたというのだ。
聞くと、脇道から本線を左折しようと見通しの悪い交差点に進入。
右を見て左を見ようとした時に、すでに歩行者が目前にいて跳ねたのだという。
脇道から出てくるクルマの殆どが、歩道の前で一時停止をしない。
歩道にそのまま進入し、車道の前で止まるのだ。
だからそこに差し掛かった歩行者や自転車と接触してしまう。
典型的な接触事故のパターンだ。
勿論、クルマが悪い。

私は以前から何度も彼に言っていた。
左側から来る歩行者や自転車に気を付けろと。
車道の進行方向とは逆にこちらに向かってくるので、気付くのが遅れてしまう。
というか、クルマは左側からは来ないという意識があるので、自転車や歩行者まで注意が廻らない。
そんな事故を何度も見てきた。

被害者の方はランニングしていたそうで、脇道から突然出て来たクルマを避けることが出来なかった。
結果、右脚付け根を骨折する大事故になってしまった。
明日は我が身じゃないけれど、クルマを運転する人は脇道から本線に出る時、歩道の前では必ず一時停止をしましょうね。

 
 
 

就業時間も終わり、通勤MTBに乗ってすぐに前方から大きな破裂音。
そして黒い煙。
何だろうと思ってコーナーを曲がった目前で・・・
クルマが燃えているではないか!
ドカンと大きな音と同時に炎がばっと上がる。
慌てて逃げられるように距離をおいた。
片側一車線の道路は両方向ともに通行止めに。

パーン!と何度も破裂音、タイヤのエアーが膨張しタイヤが破裂したのだろう。
まさに自転車のチューブがリムに咬み込んで破裂した時の音だ(笑)
音の大きさは比べものにならないが。

消防車が到着し、ようやく消化されて通行止めは解除される。
クルマに人は乗っておらず、よかった。
炎上から鎮火まで間近で見たが、写真を撮るのはためらった。
不謹慎だからだ。
人の不幸を写真に撮ろうとケータイをかざす真似だけはしたくない。

 

朝と夜に大事件が2つも起きたので、帰り道は慎重に走った。
クルマの進行方向とは逆に走る歩道の自転車、遠回りしてでも反対車線の歩道を走ったほうが安全だと思うのにな。
特に子供を乗せたお母様方には、そう言いたい。
安全は自らが意識しないと、安全にはなり得ないから。
クルマが停まってくれるとは限らないのだから。

正面向かって左側の道を走行しましょう。
クルマも自転車もみんな同じ方向へ走ったら、今よりずっと事故は減る筈です。

|

« 本当の高級ラーメン | トップページ | ブレーキ調整 »

コメント

>歩道の前では必ず一時停止をしましょうね。

そうですよね。
たったそれだけのことで防げる事故もあるはずですから。

車両火災私も見たことがあります。
ビックリしますよね。
それから、自分の車が燃えたこともあります(爆)

投稿: パウ | 2009年6月26日 (金) 10時07分

パウさん

自転車に乗り、自転車の立場からクルマをみると、クルマの危ない行動が見えてきます。
自分がクルマを運転する時は、そういうところを注意したいです。

>自分の車が燃えたことも…

え、それが(爆)なんですか…?(゚0゚)

投稿: タクランケ | 2009年6月26日 (金) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/30278760

この記事へのトラックバック一覧です: 左側走行のススメ:

« 本当の高級ラーメン | トップページ | ブレーキ調整 »