« またランチタイムポタ | トップページ | 独身最後の日 »

2009年9月12日 (土)

スポーク折れの原因

またスポークが折れてしまった。
今回逝ったのはBROMPTONの後輪。
やっぱり体重が重いから?^^;

原因は、BROMPTONの左ペダルにあった。
このペダルはフォールディングタイプで、折りたたむ事が可能。
出っ張り感が無くてスッキリするスグレモノだ。
唯一の難点は内側へ入り過ぎてしまい、トップチューブを傷つけてしまうこと。

Ca390712

今回、この左ペダルがスポークに接触して折れたのではないだろうか。
頻繁に乗用車に乗せている為、いつもはタイヤに接触するところでペダル位置を調整している。
しかし、そのペダル位置がスポークに当たる位置で止まっていたようだ。
車に乗せるとBROMPTONの左サイドはシートバック側になる為に過重が掛かる。
それで左ペダルがスポークを圧迫して折れたのだろう。

購入したショップでスポーク修理を頼んだ。
雑談しながら、このペダルの構造を改善出来ればいいのにね、なんて話していたら、2009年モデルから対応しているんですよと言われた。

え?そうなの?
見せてくれた左クランクにはストッパーが付いていて、ペダルがクランクの内側に入り過ぎない仕組になっている。

これが無いばっかりにフレームに傷を付け、悲しい思いをした人は多かった筈。
ようやくメーカーで対応してくれたようだ。
新型左クランク3,500円也、即決購入!

Ca390710

手に持っているのが標準のクランク。
つるんとしている。
一方、新型のクランクには出っ張りがあり、これがストッパーになっている。
スゲー! そうよ、これを待っていたのよ!
今頃こんなことに感動しているけれど、他のBROMPTONのオーナーには常識で、私が知らなかっただけかも。
エヘヘ…(/ー\*)ハズカスイ


今年になって、通勤MTBの後輪スポークが2本も折れている。
3シーズン目のこのホイール、そろそろヘタってきたのだろうか。
リアリジッドなので、衝撃がモロに後輪に掛かる。
抜重のテクニックが未熟なせいもあるのかもしれない。
これがスポーク折れの原因なのだと思う。


なんちゃって、体重が重いせいかもしれないのに…^^;

 

|

« またランチタイムポタ | トップページ | 独身最後の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/31341692

この記事へのトラックバック一覧です: スポーク折れの原因:

« またランチタイムポタ | トップページ | 独身最後の日 »