« 真心がポイントに負けた時 | トップページ | 鈴の音 »

2010年2月 9日 (火)

チューブの再利用考

朝出勤しようとして愕然とした。
リアタイヤを握るとスカッ!
またパンクしてる~(>_<)
ただでさえ出勤前で慌しく時間に余裕もなかったが、馴れている(?)のでチューブを交換した。
万一の為に予備のチューブを持っていく。
ついでに、パンクしていたチューブも会社でパッチ当てしようと思い持っていった。

走り出してしばらくするとどうにも違和感あり。
リアが頻繁にズルッと流れるのだ。
走りながら下を見ると、案の定タイヤはペッタンコ^^;
またパンクか…orz

雪の上でまたまたチューブ交換。
車からはジロジロ見られ、傍を通る歩行者からの冷たい視線、手馴れた筈のチューブ交換に随分と時間が掛かってしまった^^;
どうやら最初に交換したチューブ、以前にパンクしたもので補修していなかったようだ。
すでにパッチが貼られていたので、てっきり補修したものだと・・・
パッチを貼りすぎると、こういった弊害もあるので要注意^^;

 

 

昼休み、MTBの後輪をぐいっと握るとこれまたふにゃふにゃ。
このチューブも駄目だったか…orz
もう予備のチューブが無いので、パンク修理をすることにした。
まず1本目は朝パンクしていたチューブ。
先月パンク修理したチューブだが、見事にピンホールあり。
これは帰りの為に補修する。

次のチューブは出勤中に交換したチューブ。
水を張った洗面器に入れたところ、バルブの根元に穴が開いている。
こうなっては再利用不可だ。
勿体無いが廃棄処分。

最後に直近まで嵌めていたチューブを見る。
ところが、このチューブに穴は見つからず。
おかしいと思い何度も水に沈めた結果、ようやくパンクの原因が判った。
なんと、バルブの口から空気が漏れている・・・
先端のナットを締めこんでもバルブ内部の弁が閉じていないようで、これがパンクの原因だった。
これも再利用不可。

Pap_0864 Pap_0863

Pap_0862
バルブの根元に亀裂があったこのチューブ、なんと4箇所もパッチが貼られてた(笑)
 
 
 
さて、これらのチューブを廃棄しようとしたら、作業を見ていた同僚がこれを欲しいという。
え、いいけど自転車には使えないよ?
何に使うのか聞いたところ、今流行りの骨盤矯正ダイエットのゴムに使うとのこと。
確かに26×2.0のブチルチューブなら丈夫で弾力もあるし、エクササイズに使用しても問題無さそうだ。
なるほど~、そういった使い道があったのか!
 

最終的にチューブを再利用するとしたら、切り刻んでパッチ代わりにしか使えないと思っていただけに、これは目からウロコでした。
この使い方なら空気を入れないので穴が開いていようがお構いなし、バルブ部は切り落としてしまえば安全だ。
帰宅後、家内に聞いてみたところ、これは使えるとの返事。
ここで商売が閃いた。
「パンクしたチューブを無料で引き取ります」なんてどうかな?(笑)

 
 
しかしこのチューブ、どうにも黒一色でオシャレじゃない。
どうせなら青や黄色やパステルカラーなんかのチューブを作れば、こういう違った分野で需要が伸びるのでは?
 
どうですか、メーカーさん^^

|

« 真心がポイントに負けた時 | トップページ | 鈴の音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/33301920

この記事へのトラックバック一覧です: チューブの再利用考:

« 真心がポイントに負けた時 | トップページ | 鈴の音 »