« 鈴の音 | トップページ | 非日常的自転車 »

2010年2月14日 (日)

PUGSLEYの魅力

普段からお世話になっている秀岳荘白石店主催、「雪道自転車ツアー2010」。
いつもはソロで走っているので、冬期間は複数で走ったことがない。
どんなに猛者が集まるのだろうか?
怖いもの見たさに参加した(笑)

 

総勢6名、半分はスパイクMTB、半分はSURLY PUGSLEYというメンバー。
このPUGSLEY、タイヤが極太でMTBタイヤの2倍の太さ!
これで走れるんかいな?
正直思ってしまいました^^;

 

モエレ沼公園で周回道を爆走する。
といいたいところだが、サラサラの雪の上を人が踏み固めた僅かなスペースしか走れない!
少しでもコースアウトすると、途端にフロントタイヤがズブズブ雪に埋まり転倒必至の状況。
スパイクタイヤの空気圧を下げて何とか走破したが、何度足をついたことか。
冬道自転車通勤歴6年のキャリアが全然生かされてない(ノ_-。)

Cimg3407

ところが、キワモノと思っていたPUGSLEY、ここからが真骨頂。
スパイクMTBを尻目に何とも滑らかに走っていく。
え、マジで?
タイヤの接地面積が大きいことは、悪路においては非常に有利なのだ。
スパイクタイヤ冬道最強伝説崩壊の瞬間・・・
MTBでさえ走れない場所を走破するために作られたという。
完全に脱帽です。

Cimg3404

手前がPUGSLEY。
このタイヤの太さにはオドロキだ。
1枚目は私のMTBだが、その差は一目瞭然^^;

試乗させてもらったが、その走行感たるや別物!
フカフカの雪道にタイヤが沈み込まないのだ。
それでいて車重を感じさせない滑らかな走りと安定感。
聞けば空気圧は1bar以下(!)でも走れるという。
MTBが走れない場所を走る為に作られたこのPUGSLEY、その走破性たるや一度経験すると病みつきになりそう^^;

このあと場所は北大構内へと移動。

Cimg3410

 

旧道庁赤レンガ前で。

Cimg3412

市内中心部を連なって走ると、注目度200%。
最後尾を走る私には、あれ見てぇ!とか、すげぇ!とかの声が聞こえる。
札幌でも雪道自転車はまだまだ珍しいのが現状なのだ。
もっと認知されて欲しいですね^^


本日の走行距離  35、24km
雪道走行にしては結構走った。
集合解散も自走したのが効いたかな^^



|

« 鈴の音 | トップページ | 非日常的自転車 »

コメント

ご参加有難うございました。参加メンバーの中で最も経験豊富な方でしたので、運営側としてもひそかに期待していたりして、、、。その経験豊富な方にキワモノと思われているものを体験していただくというのが私のひそかな目論みでした。個人的にはいいものだと思っておりますが、なんせ同様の経験をした人が少ないためにとても心強い思いをしております。

また御一緒できると幸いです。ご参加重ねて御礼申し上げます。

投稿: 店員A | 2010年2月15日 (月) 10時20分

Aさん、お疲れ様でした。
お陰様で楽しい時間を過ごせました^^

いやぁ、しかしこのPUGSLEY、実際に乗ると衝撃的ですね~。
スパイクMTBなら押し歩く状況が、PUGならサラッと走れちゃう。
思わずニンマリしてしまいましたよ。
これならYさんじゃないですが、砂浜を走りたくなる気持ちも判ります(笑)

スタッフの皆様方のご尽力にも感謝申し上げます。
ありがとうございました。

また宜しくお願い申し上げます。

投稿: タクランケ | 2010年2月15日 (月) 13時22分

MX int. のサイトからやってきました。 Y です。
実は、去年はもっと暴れたんですよ。
歩くスキーのコースを周回したり、モエレ山から下りてきたりして ..... 北大の構内は、のんびり観て廻ったら楽しそうですね。

雪解けが待ち遠しいですね。(遅すぎて申し訳ございませんが)ロードも一緒に走ってください。

投稿: ケイオス父 | 2010年2月24日 (水) 08時45分

ケイオス父さん
コメントありがとうございます。

今回のモエレ周回道は、まさにPUGSLEYのためにあるようなものでしたね。
PUGの魅力、プレイバイクとしては最上級でしょう!
自分も所有したくなりましたもの(笑)

次回はロードでご一緒しましょう。
こちらこそ宜しくお願い致します^^

投稿: タクランケ | 2010年2月24日 (水) 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/33381201

この記事へのトラックバック一覧です: PUGSLEYの魅力:

« 鈴の音 | トップページ | 非日常的自転車 »