« ちょっと早いが脱スパイクタイヤ | トップページ | 卓球おじさん、筋肉痛 »

2010年3月16日 (火)

春に向かってひとり言

本日から赴任してきた役員さん、親会社からやってきた方。
この場合は出向と呼び、天下りとは言わない。
民間から民間だと全然問題無いのに、それが官僚だと途端に反発を喰らうのが可笑しい。
まあ金の出所が違うからしょうがないか。
費用が企業の利益からか国民の税金からなのか・・・
その企業に勤めるサラリーマンには、どっちも同じようなものなのに^^;

その方は以前から面識のある人で、丁度ジテ通で到着した私と玄関でバッタリ出会った。
「おや、○○さんは自転車ですか」
ヘルメットを小脇に抱えた私を見てそう言った。
これを見ただけで自転車だと言い切ったのは、このヘルメットが自転車用だと知っているからに違いない。
この方、素人じゃないのか^^;

 

昼休みにもう一度お話する機会があり、また自転車のことを尋ねられた。
自宅から遠いのか、時間はどれくらいか、値段はどれくらいか等々。
冬も自転車通勤しているところに興味を持たれたようで、スパイクタイヤを履いているというとに非常に驚かれていた。
また、通勤用MTBは何十万もするのかと聞かれたが、自転車が何十万もするものもあることを知っているのは、その知識があるということだ。
一般人にはママチャリ程度しか思わない筈。
逆にこちらから質問してみた。
「自転車にお詳しそうですが、ご趣味かなにかでしょうか?」
すると意外な答えが返ってきた。
息子さんが大学生の頃に自転車三昧だったそうで、何とかのチーム(忘れたそうだが)でツールド北海道に出場していたというから、逆にこちらがビックリしてしまった。
どうりで自転車に詳しい筈だ^^
ちなみに今もロードに乗られているか聞いてみたら、卒業後はエンジン付きに興味が移ったそうな。

 

若い頃自転車に興味があっても、車やオートバイの免許を取得すると途端にそちらへ興味が移るという話はよく聞く。
そういう人たちが、もう一度自転車に戻ってくることは少数派なのだという。
自転車の楽しみを知っているのに、ちょっと意外な気がする。
私みたいにクルマ一辺倒から自転車の世界に来た者のほうが、終の趣味として自転車と永くお付き合いすることが多いのかもしれない。
不思議なものだ。


 

さて、話は変わり今朝の札幌。

Ca390882

プラス4℃と暖かい朝だった。
その分、路面の状態は雪解け水でぐちゃぐちゃなところも。
今日からは前後フェンダー付きで出勤した。
それでも所詮は簡易ガード、ドロヨケ機能も今一つ。
バックパックは泥だらけになった(>_<)
しばらくはこんな状態が続くのだろうな。
北海道も少しずつ春に近づいています。

 

でも帰りは0℃で雪が舞う始末、本当に春は来るのか心配になってきた。
今日は春に向かってひとり言^^;

|

« ちょっと早いが脱スパイクタイヤ | トップページ | 卓球おじさん、筋肉痛 »

コメント

こんにちわ! お元気そうで何よりです。
今日、会社の中庭に入ってくる日差しが「春」に変わりました。
ものすごく嬉しかった!

投稿: ケイオス父 | 2010年3月17日 (水) 15時54分

ケイオス父さん、いつもありがとうございます。
私は元気も元気、毎日自転車通勤続けてますよ~^^

今日車道を走っていると、追い抜いていったダンプカーの路面の跳ね上げで、口の中までジャリジャリに・・・
こんなところに春を感じました(笑)

投稿: タクランケ | 2010年3月17日 (水) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/33805170

この記事へのトラックバック一覧です: 春に向かってひとり言:

« ちょっと早いが脱スパイクタイヤ | トップページ | 卓球おじさん、筋肉痛 »