« 明日は飛行機輪行! | トップページ | 飛行機輪行~グルメの巻 »

2010年5月16日 (日)

飛行機輪行~先人達の努力

5月15日の昼ごろ、夕方の結婚式に向けて中標津へ向かう。
相棒はBROMPTON。
自宅~空港~ホテルまでの移動を共にする頼もしいヤツ。

まずは空港まで自走する。

Cimg3659

丘珠空港から飛行機に乗るのは10数年ぶり。
結婚の承諾を貰いに家内の実家へ行った時以来だ。
この時は空港を離陸して少し経った時に機長から、「電気系統のトラブルで、一旦丘珠空港へ引き返します」とアナウンスが・・・
顔面蒼白、乗客騒然。
機体整備後に再離陸したが、これがトラウマとなって丘珠空港とプロペラ機が嫌いになっていた。
輪行するために渋々丘珠へ来たが、自転車趣味じゃなかったら絶対乗らなかっただろうな^^;

Cimg3663  

恐怖(?)のプロペラ機^^;

 

空港カウンターで手荷物の受付をする。
預けた荷物は万一の際に15万円まで補償されるが、それを越える補償を受けるのに「従価料金制度」というのがある。
賠償限度額15万から1万円毎に10円を上乗せして支払うもので、高額のものに掛ける保険みたいなものだ。
例えば、荷物の価格が16万円(自己申告)なら10円、17万なら20円を支払う。
今回この従価料金制度を利用し、手荷物価格を17万円(BROMPTONと付属品の値段)で申告、その場で20円を支払った。

この制度は賠償金額を補償する為のものだが、実はもう一つのメリットがある。
それが荷物の取り扱い方。
通常の荷物だと航空コンテナにごっちゃに入れられ、受け取りはベルトコンベアーで流れてくるが、従価料金を支払った荷物は特別扱いになる。
この荷物は高額だよ~と宣言しているようなものなので、これに携わるスタッフは慎重にならざるを得ない。
受付で折りたたんだBROMPTONにピッタリの大きさのコンテナBOXが用意され、受け取りも出口で手渡しされる。
傷つかないように梱包する必要もないし、自転車カバーを付ける必要すらない。
更には、翌日のお帰りの中標津空港でもこのコンテナBOXを用意しておきますと言われ、その通り中標津空港ではカウンターの方々全員がこのことを把握していて、あっという間に受付が終った。
こんなVIPな待遇が、たった20円(往復40円)で手に入るのだ(笑)

 

実はこれには先人の努力がある。
某ショップのAさんはBROMPTONを剥きだしのまま飛行機に乗せ、空港内でBROMPTONをアピールしている。
また、釧路~丘珠間を定期的にBROMPTONで飛行機輪行をしている方がおられるからこそ、丘珠空港でもそれの認知度が高く、やがてはBROMPTON専用コンテナBOXを空港が用意するまでになったという経緯がある。
今回、私のBROMPTONはそれを利用しただけに過ぎないが、みんなが利用すればやがて各地の空港も対応していくことだろう。
そうなれば飛行機輪行もずっと身近で手軽になる筈である。  
 

Cimg3665 中標津空港に降り立った途端、強烈な臭いが辺りを漂っている
堆肥に混じった牛糞の臭いだ
空港周辺に牧場が何ヶ所もあり、そこから漂ってきているのだろう
さすがは中標津、ミルクランドだ(笑)

しかし、空港を離れ中心部へきても臭いは一向に消えない
それどころか、結婚式場までも臭い始末
集まった人たちは臭い臭いの連発^^;
披露宴の食事の時ぐらいは勘弁して欲しかった・・・

 
 

|

« 明日は飛行機輪行! | トップページ | 飛行機輪行~グルメの巻 »

コメント

いやぁ、、一寸心配してましたので無事に済んで何よりでした。よかったよかった。しかし箱が出てくる、というVIP待遇は私も受けたことがありませんねぇ。この辺は丘珠空港が日本で一番進んだサービスを展開している!といえるでしょうね。

中標津のお話お聞きできるのが楽しみです。

投稿: 店員A | 2010年5月17日 (月) 13時11分

Aさんのアドバイスのおかげで、無事飛行機輪行が出来ました。
感謝申し上げます。

丘珠空港はこんなにサービスがよく、スタッフの方々も親切丁寧に接し、ホント良い空港です。
今回利用してみて、すっかりファンになりました^^
札幌発着の空港として、是非とも存続して欲しいと思います。

投稿: タクランケ | 2010年5月17日 (月) 17時09分

こんばんは、某ショップAさんの手下&信者です!
4年前にbd−1rで通常に輪行していましたが、釧路空港グラウンドさんに、「もう手荷物は手渡しできません!別な運送方法で行ってください。」との事であり、私は「到着したら自転車乗りたいのに何故宅急便で運搬するの?意味無いじゃ無いですか?」との質問で女性は困り、問答は有りましたが、男性担当者が奥よりお出ましになり、今後は「従価料金制度」がございますので宜しくお願いしますとの事が事の経緯であります。

投稿: 釧路P6R-X | 2010年5月17日 (月) 21時42分

釧路P6R-Xさん
コメントありがとうございます。

Aさんからこういう方がいらっしゃるとお聞きし、今回はそれに習って輪行してみました。
お陰様で何の不安も無く、楽しい旅をすることができました。
心より御礼申し上げます。

ちなみに、このようにブログで紹介するなんて、自分もAさんの信者かな?(笑)

投稿: タクランケ | 2010年5月18日 (火) 13時44分

申し訳ございません。丘珠〜釧路便は6月末で終了です!
今度は新千歳を教育しましょうか・・・・・・

投稿: 釧路P6R-X | 2010年5月18日 (火) 22時52分

釧路P6R-Xさん

次回は新千歳空港でもやってみます!
ちなみに、HAC(北海道エアシステム)は7月より丘珠~釧路間の増便を発表していますね。
JALマイルも貯まりますよ(笑)

投稿: タクランケ | 2010年5月19日 (水) 08時43分

はじめまして。近々「飛行機輪行」を企んでいて、調べていたらここのブログにあたりました。私も道産子(笑)です。
丘珠空港は有料であれどコンテナで扱ってくれるんですねー。
千歳空港はどうなんでしょう?やはり「ちび輪バッグ+緩衝材」扱いしないと駄目でしょうか。
荷物を少なくしていきたいのになぁ。。。

投稿: おかず汁粉 | 2010年6月 7日 (月) 12時25分

おかず汁粉さん

どうもはじめまして。
コメントありがとうございます。

本文にも出てくるAさんは、千歳空港ではむき出しのまま(カバー無しで)BROMPTONを預けるそうです。
従価料金扱いにすると、ストレッチフィルム(サランラップの巨大なヤツ)なんかでぐるぐる巻きにされて持っていかれるといいます。
つまり、手荷物カウンターの担当者が養生してくれるそうなのです。
そうするとカバー、あるいは緩衝材が必要無くなり、結果荷物を減らせることになります。

参考になれば幸いです。
それでは楽しい旅を!^^

投稿: タクランケ | 2010年6月 7日 (月) 21時44分

わあhappy02アドバイス有難うございます!
剥き出しでも大丈夫なんですね。
実は店員Aさんのショップで、オリジナルのカバーは購入した事があります。アレはかなりコンパクトなのであれだけを持って行けるならかなりの手荷物の軽量化をはかれます。
従価料金、かなり便利そうなオプションですね
ユーザーを増やして、飛行機会社を教育したいですね(笑

投稿: おかず汁粉 | 2010年6月 7日 (月) 23時14分

おかず汁粉さん

自分もそれ、愛用しています。
コンパクトで重宝しますよね^^

丘珠空港では、何か言われるのではと(小心者なので^^;)一応BROMPTONにカバーを掛けて預けましたが、BOXが用意されたので結局必要ありませんでした。

千歳空港では是非ともアピールしてきてくださいね(笑)

投稿: タクランケ | 2010年6月 8日 (火) 10時49分

従価料金制度、参考になりました!
本記事を参考にして飛行機輪行をすることが出来ました。
ありがとうございました。

投稿: タッチ | 2012年3月 6日 (火) 11時16分

タッチさん

初めまして。
コメントありがとうございます。
同じBianchi乗りとして、以前からROMしてました^^
従価料金制度の件、お役に立てて幸いです。
正直、まだまだ飛行機+自転車は認知度が低いと思います。
タッチさんのブログで、後に続く方がいらっしゃることでしょう。
その方のためにも、制度をしっかり伝えていきたいですよね^^

これからも宜しくお願い致します、

投稿: タクランケ | 2012年3月 6日 (火) 20時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/34724064

この記事へのトラックバック一覧です: 飛行機輪行~先人達の努力:

« 明日は飛行機輪行! | トップページ | 飛行機輪行~グルメの巻 »