« 朝錬~小径車軍団走る! | トップページ | 雨から守るべきもの »

2010年7月20日 (火)

雨にも負けないサイクリストが負けたこと

日曜日は自転車のアニキ、tetsuさんとのロングライド。
前日まで天気予報にやきもきしたが、こればかりはヒトの力でどうにかなるものでもなく、諦めて早々に就寝する。
おかげで2時起き!
早く寝すぎた^^;
その時点で外は雨で路面も濡れていたが、5時頃には殆ど乾いていた。
よし、大丈夫!
札幌~室蘭間、中山峠越え留寿都、洞爺湖、伊達経由のロングライド。
目的は室蘭の天勝で天丼を食すこと。
天丼を食べに160kmを自転車で走るのです^^;

6時出発。
市街地はまだ車が少ない。
日曜の朝はみなさん活動が遅いようで助かる。
定山渓温泉まで一気に走り、パーキングで一休み。

Cimg3991

そこから中山峠頂上までは17km。
1時間も上りが続くハードな峠道だ。
しかも途中には覆道とトンネルがある。
リヤのフラッシングライトは点滅させたまま走ることにした。

頂上まで残り6kmの看板を見て、tetsuさんのロングアタックが始まった!
何とか追いすがるが、前方にサイクリストを見た途端、更にスパート!
残り2km地点、追いつき追い越せで、猪突猛進ならぬ猪突猛牛だ(笑)
挽回不可能なほどに差をつけられ頂上へ到着^^;

カップルのお嬢さんに「えー、自転車ぁ!」とアツイ視線を向けられる私。
逆にtetsuさんはヘンなおじさんに付きまとわれている。
さすがアニキ!(爆)

 
ここ峠のてっぺんからは豪快な下りが待っている。
だが、相変わらずの向かい風はますます強く吹きつけ、クランクを回さないと失速してしまいそう。
前走者との距離が開いていく。
峠の下りで一所懸命ペダリングをした。
おかげで汗だく…
ダウンヒルで汗だくになったのは初めての経験だ^^;

中山峠から喜茂別町を抜け走ること約1時間、ルスツリゾートに到着した。
この時点ですでに左脚に違和感を感じていた。
ペダリング最下点での脹脛の痛み。
内側腓腹筋が悲鳴を上げていた。
多分、原因はサドル高のズレだ。
高く上げ過ぎたようだ。
それゆえ、最下点でアンクリングとなりアキレス腱から脹脛に負荷が掛かったのだと思う。
自分の脚の短さをわきまえてませんから(笑)
やっぱりシートポストをぐんと出し、ステム位置を下げたほうがカッコいいからと、人目を気にした報いかも^^;

11時に洞爺湖へ到着した。
湖畔で一休み。

Cimg3993

実はtetsuさんの奥様がサポートしてくれていて、車で来てくれた。
峠で食べ損なった名物「あげいも」を買ってきており、コーラに濡れタオルといたれりつくせり^^
大変感謝しております<m(__)m>

 

しばし談笑したあと、伊達市に向けて出発する。
途中にサイクリングロードがあると言われ、そこへ行ってみた。

Cimg3996

国鉄旧胆振線の跡地を利用して出来た自転車道だ。
サイクリングロードの入口からは昭和新山がくっきり見える。

Cimg3997

奥の山が昭和新山だ。

自転車道を走行中にポツポツと雨が降ってきた。
ヤバイ!
と思うも、左脚の激痛で速度が出せない。
1時間近く、汗も冷や汗に変わるほどだったが、痛みを堪えて走り続けた。
左足はペダルに添える程度、殆ど右脚だけでのペダリングだった^^;

奥様と待ち合わせの伊達市の道の駅で、ついにギブアップ。
自走不能となり本体の目的地、室蘭まで残り約30kmのところでサポートカーに撤収されてしまった。
不覚・・・orz

実家まで送って頂き、ご夫妻はそのまま札幌へ戻られるという。
天勝の天丼も食べずじまいでお別れすることになってしまった。
更に「ついでですから」と、我が愛車CS3を乗せたまま帰られた。
私が実家で一泊し、帰りはCS3を輪行して札幌に戻ると言うと、輪行は自転車が傷むからと気遣いしてくれたのだ。
なんと素晴らしいお方!
感謝しても足りないぐらいのお心遣い。
サフイフヒトニ ワタシモナリタイ。

雨にも負けず 風にも負けず 夏の暑さにも負けない中年サイクリストだったが、サドル高には負けた~!
自転車セッティングは大切ですよ^^



走行記録

走行距離     137km
最高速度     61.1km/h
平均速度          24.0km/h
平均ケイデンス   89rpm
最大心拍数   167bpm
消費カロリー   2217kcal

|

« 朝錬~小径車軍団走る! | トップページ | 雨から守るべきもの »

コメント

お疲れ様でした、やっぱり峠越えを含めて150と言うのは大変なんだろうなぁ、、と言うか上りがどのくらいかイメージできていないとペースを作るのも難しい、、ということなんでしょうね。峠越えて長距離と言うのはよく考えるとあまり経験がないので、勉強になりました。

投稿: 店員A | 2010年7月20日 (火) 12時40分

サドルの高さは大事ですね。
自分は下げすぎで尻が痛かった~(笑)

今度行こうと言った旭川方面サイクリング、峠が無いので旭川まで走行時間4時間を目指しましょう!!

投稿: 狂牛 | 2010年7月20日 (火) 15時10分

Aさん

このぐらいの距離なら、軽く走れる程の脚力が欲しいです。
ロングライドはいろいろな部分に負荷が掛かるため、やはり回数をこなして鍛えなければと痛感しました。

前日の小径車朝錬は、全く役に立っていなかったようで^^;

投稿: タクランケ | 2010年7月20日 (火) 15時16分

猛牛さん

お疲れ様でした。
今日は両脚筋肉痛です^^;

旭川まで4時間ということは、アベ30km/h・・・
ということは、35kmで巡航しなければ厳しいじゃないですか!
向かい風かもしれませんよ(笑)

片道4時間なら往復自走出来ますね(嘘)

投稿: タクランケ | 2010年7月20日 (火) 15時24分

超ロングライドお疲れ様です。
サドル高をあげると、確かにカッコよく見えるのですよねーdespair
Brompton然り。
私も始めは見栄を張りましたが、「確実にその(サドル高すぎの)せいでしょ!」と言わんばかりの腰痛と股関節痛が・・・down
くれぐれも身体は大切に。
自転車に乗れない長期療養などになってしまったら・・・努力も水の泡ですよっsad

旭川ライドって、憧れますが
私は確実に「片道半日以上コース」でしょうね・・・
なにしろタイムレースは苦手。
私は「のらりくらり・飲んで食べて気がついたら100km以上走っていた」派だと思うので
(だから来年のオホーツクサイクリングはとても楽しみだったり・・・)

投稿: おかず汁粉 | 2010年7月20日 (火) 22時53分

おかず汁粉さん

お気遣いありがとうございます。
もう若くないので、無理をせずに自転車ライフを楽しむことにします^^

私もガシガシ走るというよりは、目的があってそこまで自転車で走ることが楽しかったりします。
今回の目的も天丼を食べることだったのですから(果たせなかったですけど^^;)

来年のオホーツクサイクリング、楽しみですね^^

投稿: タクランケ | 2010年7月21日 (水) 06時17分

今晩は、私は体力(耐力)無しですからまず、タクシーで途中エスケープですね!

投稿: 逆廻りのマグロ | 2010年7月23日 (金) 21時57分

逆廻りのマグロさん

タクシーは折りたたみ自転車の最終兵器ですね^^
いざという時には頼りになります。
田舎ですと探すのが大変そうですが(笑)

投稿: タクランケ | 2010年7月24日 (土) 15時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/35816605

この記事へのトラックバック一覧です: 雨にも負けないサイクリストが負けたこと:

« 朝錬~小径車軍団走る! | トップページ | 雨から守るべきもの »