« 小径車で小旅行~前編 | トップページ | 小径車で小旅行~後編 »

2010年10月 4日 (月)

小径車で小旅行~中編

続きから。

その後、滝川市へと移動した。
学園都市線の新十津川駅から函館本線の滝川駅とは、わずか4kmちょっとしか離れていない。
4kmなら、自転車で15分程度。
本数が極端に少ない学園都市線より、旭川市を控える函館本線のほうが圧倒的に本数は多い。
列車の本数が多いということは、途中下車しても行動の計画が立て易い。
いろいろ楽しむのにはこっちのほうが有利なのだ。

 
滝川で行ってみたい場所があったので寄ってみた。
それは滝川サイクリングターミナル

Cycling_terminal1

サイクリングターミナルって?
直訳すると「自転車中継所」かな
実は誰でも利用できる宿泊施設なのだ
サイクリングに限らないのがミソ
全国に51箇所あるそうだ




ちなみに、道内にはCycling_terminal10箇所ある
(平成15年12月現在)
だが、夕張のは無くなったと聞いた
他のところはどうなのか?
ちょっと気になるところ

 


Cimg4209

Cimg4213

(財)日本自転車振興会、JKA
競輪補助施設の看板が
但し、運営管理は地方自治体
安心して利用できます

 
施設の中に入ってみた。
入口を開けるとカランカランと音が響き、中から男性が現れる。
「あの~、見学したいのですが中を見せてもらっていいですか?」
「はいどうぞ、さあさあ、どうぞ」
笑顔で迎えられた。
ここは市で運営しているので、迎えてくださったこの方は市の職員だろう。

「ここは設立して30数年経ちまして、そろそろ改装が必要なんですが、大分予算を削られましてね」
そんな言葉から始まった。
「当時は大層利用客があったそうです」
この方は今年からここの担当になったという。
「サイクル野郎」に影響されたのか、以前は道外からの宿泊客も多かったとも。

「昨日もお二人で自転車旅行中の方が宿泊されました」
今でも自転車族は利用しているのだ!
ちょっと嬉しくなってくる。
「最近はオートバイでツーリングの方々のほうが多いですね」
急な悪天候で避難するといった使われ方もあるそうだ。
この施設の敷地内には野球場、テニスコート、プール、体育館、スポーツセンターとスポーツ施設が整っており、学生の部活の合宿や中体連・高体連の選手の宿泊場としての機能もあるとのこと。
中を案内してくれた。

Cimg4217

Cimg4215

一階の食堂
外の景色が開放的で室内は広く感じる
でも、食事の提供はしていない
入口にカップラーメンの自販機がある程度

 

突然の来訪にもかかわらず、いろいろ見せて頂きありがとうございました。
いつか私が自転車で旅立つ時は、必ず寄ります^^

 
新十津川で食べ過ぎたおかげで、全然お腹がすかない。
名物の合鴨やジンギスカンの誘惑に負けず、駅へと向かった。
その途中、そば屋の前に行列が出来ていた。
寄らないと後悔しそうなので、行列の後ろに並んでみる。
それはこんなお店。

Cimg4222

Cimg4221

メニューはオール280円。
かけそば(うどん)や天ぷらそば(うどん)も、みんな同一料金!
自分はカレーそばを頂きました。
それではいただきま~す!
ん~、食事を安く済ませるにはよいお店(^^ゞ


さらに満腹になり、このままじゃマズイということで、急遽砂川市まで走ることにした。
しかし、そこにも食欲中枢を刺激するものが待ち構えていたとは・・・


またまた続く

|

« 小径車で小旅行~前編 | トップページ | 小径車で小旅行~後編 »

コメント

倶知安の自販機より良いんじゃないですか?

投稿: 逆廻りのマグロ | 2010年10月 4日 (月) 19時38分

逆廻りのマグロさん

そういわれてみれば、あの自販機のそばと同じ値段ですね。
ですが、このお蕎麦屋さん、立ち食いではないのにこの値段で提供出来るのはやっぱり出る数でしょう。
そして値段以上の味が人気の秘訣だと思います。

でも、自販機のそばの味も気になりますね^^

投稿: タクランケ | 2010年10月 4日 (月) 21時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/37062963

この記事へのトラックバック一覧です: 小径車で小旅行~中編:

« 小径車で小旅行~前編 | トップページ | 小径車で小旅行~後編 »