« 夕張自転車紀行~大夕張編其の一 | トップページ | 夕張自転車紀行~最終章 »

2010年10月27日 (水)

夕張自転車紀行~大夕張編其の二

白金町から引き返す。
実は、この奥に砂金を採掘できる川があるらしい。
一攫千金を夢見たが、クマが怖いので名残惜しくもその場を後にした。
途中、記念撮影。

Cimg4309

こんな山の中の人気の無い場所は正直怖かったです(^^ゞ

国道に戻り、更に先を行く。
鹿島千年町で立派な鉄道橋が現れた。
旭沢橋梁という名の旧三菱大夕張鉄道に架かる鉄橋。

Cimg4312

一見頼りなさそうで、よくも重量級の列車を支えていたと感心する。
昭和3年に造られたというからオドロキだ。

Cimg4310

旧千年町駅の地下道入口
すでに自然に還ろうとしている

旧鹿島小学校の看板があった
しかしそこには何も無い
血の通っていない無機質な建設用機材が置いてあるだけ

 
 
大夕張駅があった、この地区で最も栄えていた場所は工事関係者以外立入禁止地区。
監視員が物見やぐらからこっちを見ている。
コンクリートの土台が残っていて、建物があった痕跡だけが残っていた。

何も知らない人はただ通り過ぎるだけの道。
車のスピードでは気付かないことが多い。
けれどこっちは自転車、目についた時に立ち止まれるのが自転車のメリットだ。
自転車の目線は結構拡がっている。

ちなみに町名は道路のどこにも表示されていない。
町名表示もされていないのは住居が無いからだ。
なので、ここがどの辺なのかは土地勘も無いのでさっぱり判らない。
古い地図をマップホルダーに挟み、ここがそうだろうと見当をつけて走っていた。

その古い地図の端から外れ、さらに先を走る。
本流2号、1号橋を過ぎ、この辺はどこなのだろうか判らない。
やがてずっと上に建設されていた新しい国道が現国道と合流してきた。
といういことは、ここから先は水没しないということ。
ダム工事はここで終るのだ!
膨大な費用が掛かる巨大なダム工事の端まで行ってきました^^

永遠の水底に沈むかつての町。
故郷が水没するなんて遠い世界の物語かと思っていたが、こんな身近で行われようとしているのです。
もと住人のやるせない気持ち、心中いかばかりかとお察し申し上げます。
今回のサイクリングにあたり、事前の下調べで初めて大夕張なる地名や歴史に触れ、ただ自転車で通り過ぎるには忍びないと思ったのが始まりでした。
私が感じたことをサイクリストにも伝わればと願っています。

 
タイムリミットはあと2年、一度ここを訪れてみてはいかがでしょうか。

 
またまた続きます^^

|

« 夕張自転車紀行~大夕張編其の一 | トップページ | 夕張自転車紀行~最終章 »

コメント

夕張で有名なのは、やはりカレー蕎麦。先日テレビに出た為に一日130杯程出たらしいです。(笑)
テレビの力は凄いですね。ほかにもスポーツ公園近くにパンジュウ屋さんが。
これが小樽よりはるかに旨いです。以外に探すとあるものですよ。

投稿: ユキヒロ | 2010年10月28日 (木) 12時39分

タクランケさん、はじめまして

日曜日、R452でタクランケさんと2度すれ違ったGIOS乗りのごしと申します(覚えてますか?)。
「夕張 自転車」で検索をかけてみたら、このページにたどり着きました。
「あ、この人。日曜見たぞ!」とビックリしています(笑)
でもって、同じブロンプトン乗りということで二度びっくりです!(笑)
ここまで書いておいてあれですが、もし人違いであったら申し訳ありませんm(_ _)m

R452の風景とクラシカルなクロモリロードがマッチしていて、美しいなあと思いました。
こういう道にはこういう自転車が似合いますね。

私は特に下調べもせずにこの道を走ったわけですが、改めてタクランケさんの文章を読んでみると
「もっと、味わいながら走ればよかったかなあ」
と思ってしまいます。
水没する前に、タクランケさんの文章を思い出しながら、もう一度訪れてみたいところですね。

私もブログを書いていますので、一度訪問していただければ幸いです。
http://gossy54200.exblog.jp/

今度お会いしたときは、いろいろとお話したいものです。
今後ともちょくちょくお邪魔しますので、これからもよろしくお願いします。

投稿: ごし | 2010年10月28日 (木) 23時30分

ユキヒロさん

バリー屋台の中で一際イイ匂いを漂わせていたのがそこのお蕎麦屋さんでした。
カレーの強烈なお誘いに負けました^^;
肉カレー蕎麦美味しかったです^^
一日130杯とは凄い・・・
ご主人も大変だったことでしょう(笑)

他にも魅力的なお店が多く、いずれ全店制覇したいと思います。
次はパンジュウも・・・^^

投稿: タクランケ | 2010年10月29日 (金) 08時43分

ごしさん

はじめまして!
コメントありがとうございます。

はい、GIOS覚えてますよ~
一度ならずとも数回遭遇しましたからね^^
スライドした時、あの方向は桂沢湖なので、向こうから来るなんて凄い人だなぁと、感心してました。

私はごしさんとは逆廻り、最初に輪行し自走で札幌まで戻りました。
温泉に浸かってから輪行で帰ったほうがよかったかなと後悔してます(笑)

早速ブログを拝見致しました。
ごしさんもロード、MTB、ブロンプトンと自転車を使い分けて楽しまれているご様子。
自走、輪行と行動範囲が広く、とても楽しい内容になっていますね^^

こちらからもお邪魔致しますので、これからも宜しくお願い致します。

投稿: タクランケ | 2010年10月29日 (金) 10時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/37405659

この記事へのトラックバック一覧です: 夕張自転車紀行~大夕張編其の二:

« 夕張自転車紀行~大夕張編其の一 | トップページ | 夕張自転車紀行~最終章 »