« 夕張自転車紀行~大夕張編其の二 | トップページ | 適当に »

2010年10月29日 (金)

夕張自転車紀行~最終章

大夕張から清水沢まで戻ってきた。


清水沢駅前の道を行くと、やがて国道と合流する。
そこからは上り坂が待っていた。
脚が廻らず苦労する。

先へ進むと黄色い看板があり、その看板に従って国道を右に曲がる。
また上り坂。
それも目も眩むような上り坂・・・
足だけはつくまいと渾身の力を込めてペダルを踏む。
何とか上りきった丘の上には幸福が待っていた^^

Cimg4321

Cimg4320

幸福の黄色いハンカチの映画セットが残されている思い出広場
大人入場料500円 
今度は家内と来ようと思い、今回は入場をパスする
 
 
料金所横にあった古い家屋。
これも映画で使われたのだろう、懐かしい日本家屋が残っていた。
郵便ポストが実にイイ^^

Cimg4319

Cimg4322

国道からこの広場へ行く途中にサイクリングロードがあった
ここを通ると一気にJR夕張駅までノンストップで走れそうだ^^

途中、このサイクリングロードは廃家電置き場になったり中古車屋の敷地になったりで、リサイクリングロードと化している(笑)
国道はアップダウンが続いているようだが、この道は線路に沿っており、平坦になるように作られている

この自転車の道、活用しない手はない!



夕張駅に到着したが、ここは素通り。
どうせ一本道、帰りはまたここを通るので、あとで寄ることにする。
お腹が空いていたので、目的地へと急いだ。
今回の夕張探訪探のもう一つの目的、それは「のんき屋」の塩ラーメン。
しかし・・・
18日から28日まで休業の張り紙が・・・orz
事前に情報収集しなかった自分が悪い><
駅へと戻ることにした。

Cimg4341

ゆうばりキネマ街道で
昔の映画の看板がお店や民家の壁に飾ってある
市役所の壁にもあってビックリ!
夕張は映画の街でもあるのだ

それでは何枚か紹介します


Cimg4334

Cimg4336

Cimg4330

Cimg4339

どれも古き良き時代の映画でしたよね^^

駅前のバリー屋台へ寄ってみた。
すでに13時、お腹ペコペコでハンガーノック状態に近い。
夕張名物はカレー蕎麦だというので、ここで食事をした。

Cimg4345

Cimg4344

鹿の谷3丁目食堂の肉カレーそば、800円也。
肉を食べて体力つけなきゃ^^

ここバリー屋台は活気に溢れ、人も多かった。
駅前だけ見ると、ここが破綻した街だなんて微塵にも感じ取れない。
暗いイメージは全くなかった。
街全体が落ち込んでいるわけではないのだ!
そう思うと、少しほっとした。
この街を愛し、この街を盛り上げようとしている人達がいる。
そういう方々がいる限り、街の灯は消えないだろう。
また来るよ。
そういう思いで夕張を後にした。


今回の戦利品。
帰る途中、長沼町の野菜直売所で購入したもの。

Cimg4350

フロントバッグに入れて走ったのだから、重くて脚も疲れるワケだ。
多分、車両総重量は20kgオーバーだったろう^^;


本日の走行 約150km。
前回のロードから1ヶ月以上も経過し、なおかつ重いバイクで走れたのだから少しは自信になった。
シーズンオフ間近で自信がついてもねぇ、意味無いし・・・^^;
それよりも大変有意義なサイクリングとなったことのほうが嬉しかった。
歴史探索は自分自身にプラスになることばかりだ。
次は別のアプローチで彼の地を訪れてみたい^^

 
映画の街夕張らしく、最後にこの言葉で締めようと思う。
いやぁ、サイクリングって本当にイイものですね^^

|

« 夕張自転車紀行~大夕張編其の二 | トップページ | 適当に »

コメント

楽しく読ませていただきました。

観光しながらのサイクリングいいですね。
来シーズンは、観光もとり入れたコースを考えますね。
私の言うことですから、山頂がその場所だったりするかもしれませんが(笑)

幸福の黄色いハンカチの映画セットは、昔は無料で見学できたのですが、今は入場料がいるのですね。

ちなみにその日、私は朝30Kmほど走りましたが物足りず仕事さぼろうかと思いました(笑)

投稿: パウ | 2010年10月30日 (土) 07時51分

パウさん

観光サイクリング、楽しかったです^^
でも、山の上に観光場所は無いので、山頂は勘弁してくださいね(笑)

そろそろシーズンも終わり間近になりました。
寂しいものです><

投稿: タクランケ | 2010年10月30日 (土) 11時06分

なかなか良い町でしょ?
(笑)
昭和の香りプンプン!
だから自分も夕張でクラシックカーフェスティバルをやったのです。confident
この町の雰囲気が大好きだから…。
若干若者うけはしませんがo(^-^)o

投稿: お疲れ様でした。 | 2010年10月30日 (土) 13時36分

お疲れ様でした。
とても楽しく読ませていただきました。

黄色いハンカチ想い出広場に抜ける道は
温泉に行く途中に発見し
「うわぁ、すげえ坂道だなあ」
と、見るだけで通り過ぎたのですが
あの坂を上ったのですか!

それにしてもカレーそば800円は高いです・・・
とケチくさい感想を持ってしまいました。

投稿: ごし | 2010年10月30日 (土) 18時22分

ユキヒロさん

夕張へ行ってみようと思ったのは、新十津川で夕張をアツく語っていたユキヒロさんの影響を受けたからです(笑)
でも行ってみてよかった^^
昭和生まれにはたまらない街ですね(笑)

日吉町の秘湯、もう入れないとの真実を確かめるべく行ってみたかったのですが、時間が無くて寄れなかったのが残念です。
次回の宿題が出来ました^^

投稿: タクランケ | 2010年10月30日 (土) 19時30分

ごしさん

そう、その坂です。
ただ、歩くのと変わらないスピードでしたが(笑)

途中、右ハムストリングが痙攣し、痛みを堪えてバリー屋台へ辿り着きカレーそばを食すると、不思議と痛みが収まりました。
そう考えると安く上がったと思います。
ちなみに、肉入りなので高いんですよ^^

投稿: タクランケ | 2010年10月30日 (土) 20時00分

かつて岩見沢に住んでいたころ、家族で「旧炭鉱地巡り」と称しよくドライブに出かけていました。夕張もその一つで、今回のタクランケさんのルートも「おおお…懐かしい~」とノスタルジーに浸りながら拝見しました。
大夕張・鹿島地区もよく行っていました。かつて栄えていたマチが、雑草だらけの区画と道路だけになって・・・というのを目の当たりにして、胸にこみ上げるこのがあったのを思い出しました。
あのあたりの道路は広く整備されていたはずなので自転車で回りがいがあるかもしれないですね。
もう、ダムに沈んでしまったのかと思っていたのですが、あと2年なのですね。見に行くかなぁ…

投稿: おかず汁粉 | 2010年11月 1日 (月) 16時20分

おかず汁粉さん

私は逆に昔の事を知らないため、観光気分で走ってました。
事前に予備知識が無ければ、きっと通り過ぎただけだと思います。
それぐらい、人の住んでいた痕跡が消えた場所でした。

輪行で往復特急を使用するのも抵抗がありますよねー。
車にBROを積み、途中から自転車で走るCar & Rideのほうがよいでしょう。
それだと温泉にも寄れますしね^^

来シーズンの行動予定に入れておいてください(笑)

投稿: タクランケ | 2010年11月 2日 (火) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/37435008

この記事へのトラックバック一覧です: 夕張自転車紀行~最終章:

» banco-lifeよりのお勧め品 [プロが選ぶ本物の道具店banco-life]
①ブーツスタンド、ブーツの形が崩れません ②オートストッパー、車庫入れが楽です ③ハンガーボード、キッチン用具の整理が楽です [続きを読む]

受信: 2010年11月 1日 (月) 10時19分

« 夕張自転車紀行~大夕張編其の二 | トップページ | 適当に »