« ワンプレートランチ | トップページ | 新蕎麦ライドはラストライド? »

2010年11月 4日 (木)

スポーク折れと冬支度

主力通勤MTBにはここ数ヶ月乗っていない。
後輪のスポークが折れ、それも2本も逝ってしまった。
予備のホイールはあることはあるのだが、ただしそれは700Cホイール。
このホイールを装着するとマッドガードに接触してしまう。
ガードを取り外すのも面倒で、ずっとそのまま放置プレイ^^;

 
代わって通勤車両に名乗りを上げたのがBROMPTON。
しばらくはこればかり乗っていた。
今日もそう。
ようやく雨も上がり、久しぶりの自転車通勤の相棒、赤BRO。

 
昼休み、汚れた赤BROをBikeWashで磨いていた。
リムとスポークの汚れを拭き取っていた時、見つけてしまった。
ああっ、スポーク折れてるうううぅぅぅっ!
いつから折れていたのだろう?
私の体重を支えきれなかったのか(^^ゞ
ついにBROMPTONもリタイヤですかい・・・

 
これで残りはロードバイクだけになってしまった。
幸い、先日夕張を走ったBianchiが健在なのでアシは問題ないのだが、心配なのはこの時期の札幌の天候。
雨ならまだしも、いつ雪になってもおかしくない季節になった。
雪の中をロード用タイヤでは走れません><
この際シクロクロス用のタイヤを用意しようかな^^


朗報といえば、狂牛さんから26インチのホイールを格安で譲って頂けること。
また、ピンが裏側を貫通してしまったスパイクタイヤも今回は対策済み、これでこの冬も安心だ。
まあ、このタイヤもこれで駄目なら買い替えだろう。
そろそろそんなことが話題になる時期になってきましたよ^^;

ちなみに自転車用のスパイクタイヤって何それ?という人のために。
ここを見ましょう!
スパイクタイヤってこんなにあるのです^^

 
スパイクタイヤで公道走ることが可能なのは緊急車両や消防車両だけだが、積雪時や凍結路面ではこの限りではない。
だが、その時期にスパイクタイヤにしたくても車用はすでに作られていないのだ。
ところが、自転車用は製造されているのです(といっても国産品はないが)。
実は自転車用で需要があるということは、雪が降る世界各国でニーズがあるということ。
競技用という目的もあるが、日本では、特に北海道は一年の半分が冬という地域特性もあって、その間自転車に乗れない人たちがスパイクタイヤで乗り始めたのをきっかけとして、ずいぶん普及してきているのです。
かくいう私もそんな一人^^

冬に自転車に乗って危ないなぁと思っているでしょうが、実はスパイクタイヤを装着しているのです。
また、そういう人はヘルメットを被り、頭部を保護しているはずです。
そんな冬を楽しむ自転車乗りがいるんだということを知っておいてください。

Spiketire

この写真は昨シーズンのスパイクタイヤ。
このタイヤ、あともう一冬もってほしいところ。

 
なので車を運転される方は、むやみにクラクションを鳴らさないでね。
滑らないから大丈夫ですよ^^

|

« ワンプレートランチ | トップページ | 新蕎麦ライドはラストライド? »

コメント

そか、そう言う事かあ。
(笑)知らなかった。
車用はノキアなら国内でも販売してます。
どうやら競技用と言う事で輸入してるらしいです。

でも、やはり二輪は怖く見えます。郵便局の人、上手いなあ〜(笑)

投稿: ユキヒロ | 2010年11月 5日 (金) 19時03分

ユキヒロさん

この写真のスパイクタイヤは、今は販売されていませんが一応国産品です。
ピンの本数は200本、これでアイスバーンをガリガリとグリップ出来ます。
今は300ピンが主流なので、それだと轍の傾斜を走っても滑らないといいます。
郵便配達の人より安全ですよ^^

投稿: タクランケ | 2010年11月 5日 (金) 22時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/37533270

この記事へのトラックバック一覧です: スポーク折れと冬支度:

« ワンプレートランチ | トップページ | 新蕎麦ライドはラストライド? »