« 試練、再び | トップページ | いまの僕はピカピカに光って »

2011年1月10日 (月)

JRひとり旅

連休中、JRで一路日本海から太平洋側へ。
大雪から開放され、久しぶりの雪の無い生活。
雪を意識しないのって、ホント気楽だ。
それほど雪にはほとほと参ったこの数日だった。

 

9日も吹雪で高速は通行止め、街は大渋滞。
車で行くのは諦めてJRに。
今回は一人旅。
一人気ままに行動するのもたまにはいい。
当然、妻は留守番だ^^;

 
札幌駅のホームで列車を待つ。
そこへ上野発の寝台特急北斗星が入ってきた。
鉄道ファンが一斉にカメラを構えてシャッターを切っている。
前面が雪で真っ白の北斗星は、さながら氷の彗星のよう。
北を示して動かない北斗星(北極星)が彗星とはおかしいが、長い尾を従えて走るそれは、まさに彗星そのものに見えた。

スーパー北斗、通称「振り子特急」に初めて乗る。
函館行きに、これほど人が多いとは。
自由席は人が溢れ、ここだけは乗車率100%オーバー。
駅弁を買って食べるには周囲に人が多くて気が引けた。
目的地まで空腹を我慢、着いたら美味しいものを食べようと固く誓った。

ところが途中、切替ポイントの凍結でストップしてしまう。
ここでも雪害に遭い、特急は立ち往生。
むう、妻の呪いか^^;
幸い30分後に運行が再開され、やれやれと胸を撫で下ろした。
これでようやく読書に没頭出来ると。

 

今回読んだ本はこれ。

Cimg4441

小説版オーバードライヴ。
買ったが2巻はなかなか読めずにいて、ようやく読むチャンスが巡ってきた。
改めて1巻から通して読んでみる。
コミック版の最終巻、突然ツールで走り始めた10年後の主人公。
だが小説版はツールに参戦するまで、初めてフランスの地に降り立ったところからパリ~ニースのステージレースに参加して成績を出したり、その主人公を取り巻く仲間達の活躍と葛藤が描かれている。
途中に入る回想録ではコミック版を思い出して読んだ。
自転車好きにはワクワクするレースシーンに引き込まれる。
小説版のほうが、直接目に入るアニメよりイメージが膨らんで、頭の中で臨場感溢れるレースシーンが繰り広げられるのだ。
なかなか面白い。
異国の地で、レースで暴れる日本人レーサー。
応援したくなるのは私だけではあるまい^^

 
さて、列車も目的地に着いたようだ。
まずは彼の地で腹ごしらえと。
ここで次の列車に乗り換えるのだが、あまり時間も無さそうだ。
ぐっと空腹を我慢して待っていたが、ここでアナウンスが。
次の列車は雪で20分近く遅れているということを。
え…
それなら駅の近くでラーメンでも食べれたものを・・・
もう、早くアナウンスせんかい!

悔しかったので、ここで食事をしてきました。

Ts3o0197

ピンボケ・・・^^;
十数年ぶりに頂きました。
からっと揚げた天婦羅に天つゆをかけたサクサク天丼と違い、天婦羅そのものをタレにくぐらせる独特のしっとり天丼だ。
そうよ、これこれ!
懐かしさがこみ上げてきましたよ^^

ホントは自転車で自走して食べたかったんだけどね^^;


JRぶらり一泊のひとり旅。
帰りも札幌まで満席、肩身の狭い思いを余儀なくされた。
特急ではなく普通列車のほうが旅らしくてよかったかもしれないな^^

|

« 試練、再び | トップページ | いまの僕はピカピカに光って »

コメント

若い時には汽車?やフェリーなどで良く一人旅したものです。

今は寂しくていけません。(笑)

喜びも悲しみも全て今は共有と言う事で。なんちゃってね。
遠出の時は半分運転してねと言う意味です。o(^-^)o

投稿: ユキヒロ | 2011年1月11日 (火) 18時34分

ユキヒロさん

旅は一人旅が気楽で好きです^^
唯一自分を取り戻せるのが、トイレの中と一人旅の時でしょうか。
家内の目が届かないので(笑)

投稿: タクランケ | 2011年1月11日 (火) 22時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/38420464

この記事へのトラックバック一覧です: JRひとり旅:

» 札幌 レコード買取 [レコ-ド 買取]
出来るだけお値段をつけさせて頂きます。 大切にリユースさせて頂きます。 ご不要になりましたレコード、買取・引き取りさせて頂きます。 [続きを読む]

受信: 2011年1月13日 (木) 21時45分

« 試練、再び | トップページ | いまの僕はピカピカに光って »