« 自転車ライトを求めて 2 | トップページ | チャレンジ200の予行演習 »

2011年9月11日 (日)

タイムスリップ・ポタリング

今日もクーポンポタ。
向かうは札幌市中央区。
東屯田通界隈だ。
学生時代を過ごした街、あれから30年近く経っている。
その後、この辺りに来ることも無く今日に至っていることに気付いた。
思い出の地へタイムスリップ・ポタの始まりです^^

 

相棒はBROMPTON & BD-1。
市内中心部を颯爽と走る。
混み合った地域を走るのに、小径車は最適だ。
狸小路では自転車から降りて押し歩き。
久し振りにアーケードの中を歩く。
1丁目から3丁目まで、全然知らない店ばかり。
如何にこの辺に来ていないかが判る。
それでもラルズを見て「丸友金市館」だと思った自分、トシがバレバレですな^^;

 
昼間のススキノはガラガラでどこか寂しい。
南7条のホテル街を走ると、妻に「こんなとこ通るのやめて!」と怒られる。
ごもっとも^^;

南9条の市電通りを左折、線路沿いに南へ向かうと手押し信号があった。
「あっ、ここは!」
かつての新通市場の入り口だった場所だ。
懐かしいなぁ~^^
アーチは撤去されていたが、雰囲気は変わっていない。
車では何度も通った筈なのに全然気が付かなかった。
自転車だからこそ発見出来るんですね^^

市場の跡地を走ってみた。
豆腐屋さんの看板があり、どうやら営業しているようだが、あとはシャッター街。
かつての賑わいは微塵もない。
昔は人で溢れていたんだけどなぁ。
「夜の市」なんてお祭りみたいなこともやっていたっけ。
当時はコンビニも無い時代、ここでよくお惣菜を買っていました。
揚げたてのコロッケが30円で、アパートへ帰るまで待ちきれず、1個パクっと頂くのが楽しみの一つだったのも良い思い出です^^

一人感傷に浸っている私に、妻は呆れ顔^^;

 
その頃住んでいたアパートは多分ここの筈だが、建物の名前が違っている。
車も入れないような狭い道、両側に古いアパートが向かい合わせで建っている。
袋小路のずっと一番奥がかつての住まいだったところ。
だが、その手前のアパートのドアと窓が開放されていて、下手に前を通ると不審者に間違われるのもイヤなので、確かめられずにその場を後にした。
まあこれでも十分満足。

風呂無しのアパートだったが、学生時代を過ごし社会人となって、やがて北見へ転勤になるまで自分の城だった場所。
(道東サイクリングで北見時代を過ごした場所も見てきました^^)
そう考えると、何かじ~んとこみ上げてくる。
一人感傷に浸っている私に、妻はさらに呆れ顔^^;

 
そんな昔話もここまで^^;
クーポンを買ったラーメン屋はすぐそばにあった。
「NOODLE DINING SIGN」
およそラーメン屋とは思えないシックな佇まいに、入るのが躊躇われるほど。
店の横に2台の駐車スペースがあり、自転車はその奥に数十台、いや数百台も置ける大スペースがある。
狭っ苦しい東屯田通界隈にそんなスペースがあるの?
行けば、なる程!と納得しますよ^^

Ts3o0433

しょうゆラーメン、通常は750円。
四角い器が特徴的。
だが周囲を見渡すと、香辛料入れも四角、水差しも四角、壁掛け時計も四角(菱形)と、四角だらけ。
四角四面、ラーメンには愚直に取り組んでいるという店主の心意気でしょう。
芳醇なエビの風味が美味しさを一層引き立てます。

〆の焼きおにぎり。

Ts3o0434

スープイン!(笑)

Ts3o0435

お茶漬け風に。
あられがサクサクで香ばしい^^

 
未だ昔の札幌を色濃く残している東屯田通界隈。
当時へタイムスリップした錯覚です^^
小鹿食堂やキッチンバロン(まだありました^^)のイメージが強いこの地域に新風を巻き起こすかエビラーメン。
東屯田通の入り口、南7条にもエビラーメン(えびそば)の店もあるので、あらたな名物通りとなって欲しいと願う一日でした。


帰り道、中島公園内 豊平館前にて。

Ts3o0438

自転車ブログらしさはこれだけ(笑)

|

« 自転車ライトを求めて 2 | トップページ | チャレンジ200の予行演習 »

コメント

私は、学生の頃は東京の文京区と言うところの4畳半(風呂なしトイレ共同、流し台はセメント)に住んでおりました。上京したさいに、懐かしの街を折り畳み自転車で散策するのはいい気持ちでした。移ろいの速い東京にあって奇跡的に長らくあった新栄荘(トキワ荘みたいな感じですね)がなくなっていたときは時代が変わったなぁ、、としみじみしたものです。

投稿: 店員A | 2011年9月12日 (月) 15時46分

Aさん

4畳半は地方出身者の原点ですよね^^
ここから大きな家に住みたいと、みんな頑張ったものです。

>時代が変わったなぁ、、としみじみしたものです

そりゃあそうですよ。
お互いもうおじさんですから(笑)
おじさんパワーで若い者には負けずに頑張りましょう!^^

投稿: タクランケ | 2011年9月13日 (火) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/41637397

この記事へのトラックバック一覧です: タイムスリップ・ポタリング:

« 自転車ライトを求めて 2 | トップページ | チャレンジ200の予行演習 »