« 雪化粧 | トップページ | スパイクシーズン »

2011年11月20日 (日)

ローター取り付け奮闘記~その1

この間降った雪、その後の気温で解けてしまった。
でも喜んではいられない。
その内根雪になるのは時間の問題だ。
来たるべき冬に向け、今日は準備を進めよう^^

まずはスパイクタイヤを履く肝心のホイールから。
先日、海外通販で購入したFULCRUMのMTB用ホイール。

Cimg4761

REDMETAL10。
FULCRUMで一番下のグレード、でも冬道専用なのでまあいいよね^^
最悪使い捨てになっても多分元は取れるし。
前後セットでも一ヶ月の通勤手当以内に収まっているから^^

これにブレーキローターとスプロケットを取り付けないと走れません。
手持ちのホイールから移植することにした。

通勤MTBに標準で付いていたホイールのローターを外すことから始める。
2004年モデルなので、ディスクローターはInternational Standard。
今のシマノのセンターロックではない。
T25トルクスレンチで星型穴のボルトを外さなければならないのだ。

Cimg4772

ボルトの山をなめないように慎重に作業する。
ホイールの下に毛布を敷き、その上に乗ってぐらつかないように固定した。
トルクスレンチに体重を掛け、両手で反時計回りにネジを回す。
パキッという音が響く。
ネジが緩んだ証拠だ。
対角線上に順番に緩め、ローターを外すことが出来た。

Cimg4773


Cimg4774

外したボルトはパーツクリーナーで洗浄。
さあ、次はNEWホイールにセットだ。
ん、待てよ。
ローターを取り付けて受ける面が・・・

Cimg4775

FULCRUMのハブはこうなっている。
何かノベっとした感じ、ハブはアルミっぽい。
ここに直接ローターを取り付けていいの?

気になってハブの裏側からローターを付ける面までノギスで長さを測ってみたら、若干FULCLUMの方が短い。
そうか、スペーサーが必要なのか!
判ったところで、ホイール購入時にはスペーサーは付いておらず、標準車にも無い。
ガーン!

というわけでここで作業は終了><

続きはスペーサーを購入してから。
このホイールは冬道用。
それまで雪が積もってなければいいね^^


続く「その2」はしばらく後になりますのでご了承を^^

|

« 雪化粧 | トップページ | スパイクシーズン »

コメント

こんばんは!
なかなか苦労してますね!来週土曜日のイベントは参加しないんですか?
突然でもOKですのでご連絡ください。

投稿: 逆廻りのマグロ | 2011年11月20日 (日) 22時03分

逆廻りのマグロさん

初めての挑戦ですので、知識が無くて苦労してます^^;

26日ですが、この日は出勤日でそれも山奥なものですから、時間に間に合わないのです。
2次会(?)からなら参加出来ますよ(笑)

投稿: タクランケ | 2011年11月21日 (月) 09時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/43083363

この記事へのトラックバック一覧です: ローター取り付け奮闘記~その1:

« 雪化粧 | トップページ | スパイクシーズン »