« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月30日 (月)

サタデーナイト ~ グルメ編

ナイトライドを楽しむ中、お先に失礼させて頂いた。
他のメンバーはその後も走られたそうだが、先約があり、しょうがない。
雪道で疲れたあとは、やっぱり美味しい食事が最高だ。
まずは腹ごしらえ。
本郷通り商店街へ向かった。

Cimg4821

ジャーン!
みんな寒い中、まだ走っているんだろうな、と思いながら食べるお寿司の旨いこと!
なんて書くと恨まれそうだ(笑)

9丁目の、居酒屋 凱鮮さん。
ちなみに、これもクーポンサイトでゲットしたもの。
一人前500円也という破格値。
美味しゅうございました。

 
次に8丁目の「タオカル倶楽部」へ。
マスターが昔からの知り合いで、妻さえ知らない私の暗黒時代を知っている、唯一の人間。
そんな昔の知られたくない話がポンポンと飛び出すものだから、隣にいた妻が驚いてこっちを見てる。
まったくもってバツが悪い^^;

Cimg4828

店主の omi ちゃん。
彼の魅力は、その笑顔。
誰からも好かれる稀有な存在だ。
好かれすぎて、悲しい思いをさせたくないと独身らしいが(笑)

夜遅くまで(朝まで?)営業しており、一人でも気軽に入れる店。
寂しい夜は、愚痴をこぼしに行くのもよいだろう。

 

以上、お店の広報担当でした(笑)

 
 
後半、あまり記憶が無かったのは、ナイトライドのせいではないと思う^^;
気付いたら布団の中。
え、覚えてないの? と、妻の呆れ顔。
恥ずかしくて、毛布を頭から被ってもう一眠りを決めこんだ^^;

 
サタデーナイトは楽しいな、ということで懐かしい曲を。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

サタデーナイト ~ ライド編

札幌市内某所。
闇に隠れて蠢く謎の集団。
土曜日の夜、それも氷点下の中、雪道を自転車で楽しむ。
そんな人達の姿がそこにあった。


SNR(Saturday Night Ride、サタデイ ナイト ライド) という、これから定期的に行われる(のかな?)イベントに参加してきました。
公道ではなく、車が入り込まない安全な場所でのライド。
オフロードバイクでオフシーズンを楽しもうという、北海道ならではの走行会。
一年の半分近くが雪で閉ざされる彼の地で、自転車を愛する同好の士が集まった、冬ならではの楽しみ方。
ある意味、贅沢な大人の遊びです^^


 

会社は半ドンで業務終了、18時集合まで時間があり過ぎ。
なので、なるべく安く時間を過ごせる場所として選んだのが南郷の湯
420円で時間を潰せて、更にはサウナでウェイトを落とせる効果もある。
最高ではないだろうか。
スーパー銭湯、万歳!

この南郷の湯は、白石サイクリングロードに近い。
そこを利用するランナーの為に、荷物を預かってくれるサービスがあるという。
勿論、お風呂に入ることが条件ではあるが、身軽で走れることは大いに魅力的。
自転車も通用するだろう(未確認)から、白石サイクリングロードを走る方は利用されては如何だろうか。
先日、NHKで放映されていましたね。

利用させてもらったので、お礼に宣伝を^^


雪が降る中、白石サイクリングロードを通り集合場所へ向かう。
寒くて湯冷めしそう^^;
暗くなったのでライトを点灯するが、歩行者の踏みつけた道は見た目よりデコボコで、ハンドル中央部に取り付けているマグライトが上下にずれて光が定まらない。
悩んだ挙句、思いついたのが右手のグリップ部に移動することだった。
これが大正解!
グリップのゴムがしっかりと衝撃を緩和して、マグライトを固定してくれる。
また、グリップを握る右手がストッパー代わりとなって動かない。
おかげでSNRでも良い仕事をしてくれました。

 
集合場所で、突然Aさんにハプニング。
チェーンのトラブルが発生して、最悪走行不能かと思われたが、携帯チェーン切り工具を持っていたお陰で何とか対処できた。
普段、チェーンのトラブルに遭遇するなんて考えもせず、ましてや携帯チェーン工具なんて使うことも無いだろうと思っていただけに、この出来事は結構インパクトがあった。
まあ、だからこその携帯工具なんだろうけど、トラブルはいつ、どこで起きるかは判らない。
備えあれば憂いなしと実感。

 
好きモノ4人が集結。
前述のAさん、OTさん、初めてお会いしたCLUB JAZZYさん。
MTBの26インチスパイクタイヤはOTさんと私、もう二方はFATタイヤバイク。
MTB用タイヤの2倍幅広のスーパーバイクだ。
さあ、スタート!

しかし、すぐにMTB組脱落・・・(T_T)
OTさんは脚力があるのでついていくが、貧脚の私は遅れることしばし。
狭いシングルトラック、ルートを外れると右に左にズブズブ埋まって中断を余儀なくされてしまう。
そういえば、タイヤの空気圧は通勤仕様そのまんま。
エアーを抜き、圧を下げることで何とか走れるようになった。

Cimg4820

空気圧を下げて走れるようになると、俄然面白さが増してくる。
丁度、有志3名、PPSさん、おかず汁粉さん、Sさんが合流し、総勢7名で雪道を疾走。
楽しぅいーねぇ~!(チャラ男風^^;)
700Cのシクロバイク(それも固定ギヤ!)で参加されたSさん、漢です!

たっぷりナイトライドを楽しめました。
(結構ハードだったが・・・^^;)

私はこの後用事があるので、途中でリタイヤ。
いやぁ、FAT BIKE の走破性能は実に見事でした。
MTBが走れない道を走行出来る、このFAT BIKE。

適材適所というか、雪道ではPUGSLEYに軍配が上がります。
雪道はFAT BIKE、凍った路面はスパイクMTBなんて使い分けが出来れば、これからも冬道通勤が楽しくなりそう。
正直、欲しくなりましたよ^^


それからも他のメンバーは走り込んだらしい。
その時、私はグルメタイム・・・^^

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月26日 (木)

冬道ラーメンライド

多忙につき更新が滞っておりましたが、無事に生きてますよー。
相変わらず冬道爆走中、ご通行の皆様にはご迷惑をお掛けしております^^;

 

さてさて、昨日は大谷地方面へお出掛けライド。
会計事務所まで書類を持っていくという、立派な仕事を仰せつかった。
そのまま直帰してよいとのことで、堂々と自転車で向かいます^^

13時頃の札幌、気温マイナス5℃。
路面もビシッと固く締まって走りやすい。
片道6kmぐらいを、住宅地の車道をメインに通行する。
住宅地は走りやすくて好きなのだが、一時停止が多いのがネック。
また、横から車や人の飛び出しも多い。
ここさえ注意すれば快適な道になる。
この時期、スピードよりも安全運転が大事なのは、車も自転車も一緒です。


目的地に到着し、入ってきた私の姿を見て担当者、「これからスキーですか?」だと。
えー、これ自転車の格好なんですけどー^^;
上は黄色のウェアーにズボンは黒、レッグウォーマーみたいなブーツカバーは青、シューズは白。
派手かもしれないが、あえて目立つようにしているのが裏目に出たか。
しかし、言われてみたらスキーウェアーに見えなくも無い。
仕事もしないでお気楽な奴、と思われたかもね^^;

無事に書類を届けることが出来た。
これで本日の業務終了\(^o^)/
ここからは白石サイクリングロードが近い。
除雪されているのだろうか。
MTBで走行出来るか判らなかったが、とりあえず行ってみた。

Ts3o0690

おー、これなら自転車も走れる!
白石サイクリングロード、走行可能です。
歩行者もいるので爆走は出来なかったが、それでもノンストップで走行出来るのは、来た道とは雲泥の差。
除雪車の付けた縦の溝は、ハンドルを取られることもあり要注意。

そして、もう一つの目的がランチ。
南郷7丁目付近でサイクリングロードから出て、水源地通りを国道12号線へ向かう。
クーポンサイトで購入したラーメンです。

Ts3o0691

 

ラーメンまるいし 白石店

塩と正油がワンコイン500円
激安プライスだ
クーポンサイトでラーメンチケットを購入しなくても、同じぐらいの金額でいつでも食べれちゃいます^^

 
今回購入したチケットは300円
大して変わらんな^^;

 
 
 
 
  

Ts3o0693

懐かしラーメン 通常600円。

海苔とお麩や鳴門巻きにホウレン草がいかにも昔風。
これ、ラーメンの原点かもしれません。
それ以外でも、肉厚チャーシューや白髪ネギ等々、具材がたっぷり。
これで600円は正直安い。

味はほぼ満足。
これから自走で帰宅する私には、腹の中で暴れるラーメンが胃に優しく、もたれない事を祈るばかり。
幸い、リバースすることもなく(多少のゲップが出るのはしょうがないが)、無事に帰還できました。
胃も全然問題無し!
あっさり系が好みの方にオススメです。

 

そしてオススメがもう一つ。
「まるいし」といえば、やっぱり丸石でしょう。
自転車乗りへオススメします(笑)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年1月14日 (土)

サドル遊び

昨日も半日勤務。
「も」というのは、一昨日もその前もそうだったから。
12月のハードな勤務から一転、1月はのんびりと始まった。
振替もあって今月は殆どが半日で終わる。
いやあ、平日の半日勤務は最高ですな^^

  

例えば、普段行かないような市内中心部でランチも楽しめたりする。

Ts3o0665

南2西1の「うどん一久」で、ちく玉カレーうどんを頂いた。

Ts3o0667

トロットロのたまご天、激ウマ~^^
そしてちくわ天がサクサクでもう最高!
勿論、うどんは本場讃岐うどん、コシがあってさすが専門店。
こんな場所(南2西1という場所)でうどん屋を張っているのも自信の表れなのだろう。
客がひっきりなしに訪れるのも納得^^


あるいは、平日の午後に秀岳荘へ行ったりする。
今時期は2012年モデルの引き合いが多いだろうと陣中見舞い。
Aさんがやけにほっそりしていたのは、忙しさのせいだろうか。
いやご本人曰く、歩くスキーだそうです^^

 
今回の目的。
BROMPTONにサドルを付けたいと思った。
しかし、BROMPTONに標準以外のサドルを取り付けようとしたら、まずは「やぐら」を用意しなくてはならない。
この「やぐら」がシートポスとサドルを仲介するのだ。
ちなみに、私が取り付けているサドルはBROOKS B72という革サドルで、これは標準で「やぐら」が付いていたので問題無かった。
しかし、それ以外のサドル、例えばレーシングサドルといった分類のものは取り付けられない。
うう・・・(;ω;)

その解決策としてBROMPTON社が用意していてるのが「Penta‐Clip」。
ペンタクリップというサドル受けだ。
BROMPTONは、何か取り付けようと思ったらその都度パーツを購入しなければならない宿命を背負っている。(私のは古いモデルなだけに、特にそう)
オリジナリティを大事にするのは賛成するが、ちょっとした遊び心まで排除されるのは少し悲しい。
そう、今回のPenta-Clipは遊びなのだから。

Ts3o0670

これ、単体で5,000円以上もする。
BROMPTONオーナー以外には縁の無い代物ですが^^;
これをサドルにセットしてみた。

Ts3o0672

Ts3o0675

こんな感じでPenta-Clipを装着したところの図。
モデルさんはPrologo Scratch PRO T2.0。
ロードの完成車外しのサドル、いまのロードを試走した際に数百m乗っただけで、購入と同時にサドルを替えたからほとんど新品。


しかし、このPenta-ClipはPrologoに取り付けるのではない。
別のサドルを購入したのだ。
このサドル、私の憧れだったんですよねー。
完売しそうなので、無くなる前に購入しておこうと思って。
いつか、イタリアンスチールロードを手に入れた時の為に・・・^^;

まあ、今のロードにセットしているこのサドル 
ずっと欲しかった憧れのサドルだ。
今回のもそう、私にとって憧れのもう一つのサドル。
機能云々の前に、見た目で買ってしまうのが悪いクセかも^^;
でも、いい。
たとえお尻に合わなくて痛くても我慢すればいいのだ。
その内にお尻も慣れるだろうから。
拷問に近い新品革サドルでロングライドをして鍛えたお尻。
こんな私のサドル選びの極意、それは見た目です(笑)


まずはBROMPTONに取り付けてレーサー風に楽しもう。
革サドルをセットする人が多い中で、敢えてレーサー風にしてみるのも一興だ。
どう変わるのか楽しみであります。
たったこれだけの遊びのために大枚5,000円も投資したバカですが、何か^^;

 
続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月 9日 (月)

2012年、日記でスタート

明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い致します。

って、新年も9日も経てば挨拶もどうかと思うが^^;
まあ、そこは新年目出度いのでご勘弁を。

2012年、とりあえず日記形式で今日まで振り返ってみようと思う。
このブログのタイトルは一応「日記」なので^^;

 

1月1日
実家にて新年を迎える。
ユニクロの初売りに付き合わされ、人混みに閉口するも、ダウンジャケットを買ってもらって笑顔に。
夜、呑み疲れで早々にダウンしたのは、ダウンジャケットのせい?

 
1月2日
初夢は気味が悪いものだった。
逆夢ということもあるので、良い意味に捉えておくことにする。
箱根駅伝を見た後、川西蘭著「セカンドウィンド」を読んだ。
Ⅰ、Ⅱと読み終わったところでタイムアップ。
また3巻目を読めなかった。
3巻目は買ってから大分経つが、未だに読めていない。
まあ、他にも読んでいない本が結構あって、その割りに次から次へと購入するものだから、妻の視線がキツイ。

 
1月3日
本家へ訪問し、ご先祖様に新年のご挨拶。
3つ下の従弟家族に会えた。
彼は福島県に単身赴任してもう3年、あの大震災の時は大変だったそうだ。
幸い直接の被害は免れたものの、食べ物飲み物に困ったという。
コンビニの棚は空っぽ、ガソリンスタンドも長蛇の列、携帯電話も不通。
震災の影響を受けた人が身近にいたのだ。
改めて考えさせられる話をいっぱい聞き、驚きと憤慨の連続。

 
1月4日
札幌の自宅へ戻る。
覚悟していた除雪、正月期間はあまり降ってなかったようで一安心。
冷え切った建物はすぐに暖まらず、ストーブのスイッチを入れた後に家内の叔母のところへご挨拶。
あれ食べていきなさい、これ飲んでいきなさい攻撃に負けて、すっかり長居してしまった。
やっぱり正月はたらふく食べるなぁ、あとが怖ろしい。

 
1月5日
私は今日が仕事始め。
荷物が多く車で送ってもらい、帰りは積んできたMTBで新年初ライド。

Ts3o0657

穏やかな、いや穏やか過ぎるというか、この気温は暑い!
本当に1月なのか?
タイヤが接地した瞬間に雪面が崩れていく。
右に左に前後輪が流れてまともに走れない。
この時ばかりはFATタイヤが欲しくなった。

 
1月6日
帰宅時間は丁度大雪が降っていた頃。
雪で前が見えず、サングラスまで雪で覆われる始末。
雪だるま状態で帰宅したが、その時は雪が止んでいて妻に笑われた。
さっきまで凄く降っていたんだから~!と主張も虚しく、何か損をした気分。
もう少し時間をずらして帰宅すればよかったのかも。

 
1月7日
職場の健康診断の日。
正月に食べたものがどんなに身になっているだろうと心配していたが、思ったほど体重が増加していなくてほっとする。
ちなみに、昨年の今頃は体重74.7kg、今日は69.2kg。
対前年比5,5kg減だ。
体重を計った後に思わずニンマリ。
60kg台をキープできて嬉しい。
だが、血液検査の方はちょっと不安だ。

 
1月8日
連休初日。
通勤MTBのメンテを行う。
薄っすらとサビが浮いていたチェーン、見違えるほどツヤツヤになった。
マニトウFサスにはスタンチオン ルーブ、グリスガンでM-PREPを注入しておく。
以前、冬にサスがストロークしなくなった時があり、それ以来M-PREPは欠かせない。
ショップの店長から「あまり入れるな」と注意されたが、これは新しいグリスを注入しても古いグリスが除去されずに溜まっていくことへの警告だろう。
本来ならサスを分解清掃したほうがよいのだ。
そのうちやろうっと。

 
1月9日
今年、年男。
そして今日が誕生日。
24になった(大嘘)
それの×2だ。

Ts3o0661

私の名前、これを予約した妻も悪ノリしすぎ。
「タクカンケ」でないだけマシか(笑)
これで70kg台に戻っただろうが、健診は終わったのでもう知らん(笑)

40歳になった時、何か変ろうと思って始めた自転車。
8年経ってすっかり生活の一部になっている。
これからも我家では自転車が主役でいくことでしょう。

 
というわけで、たいした新年のスタートでもないのにブログをまとめてアップしてみました。
今年もこんな感じですが、24歳年男(しつこい)ということで昇り龍、飛躍の年かもしれません。
ご期待ください、いや、あまり期待しないでください^^

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »