« タブレットと雪まつり | トップページ | 冬の寄り道 »

2012年2月16日 (木)

甘く危険な本

ハンドメイドの自転車。
オーナーに合わせた、世界でただ一つのもの。
その美しさ、その輝きは所有欲を充分に満たしてくれるだろう。
最近、気になっています。

オーダーバイクの凄いところは、どんなマスプロメーカーのバイクにも引けを取らないこと。
私なら多分、他のオーナーの現物を見たら萎縮してしまうだろう。
オーダーなんてスゲー!
この人、自転車に詳しいんだろうな~、と勝手に思い込み、自分の知識の無さを恥じるに違いない。
自転車はオーダーバイクで”上がり”だと、私は思っている。

 

自転車の価値は人それぞれ、価格や軽さに拘る人も多い。
しかし、脚力だったり、自転車の知識が豊富だったりという付加価値が非常に重視される世界。
超高級ロードバイクが速いとは限らないのは、乗り手のエンジン性能次第なのだから当然だろう。
自転車の世界も、結局は人間性が一番なわけで、脚力すら無い私は、自転車の雑学を仕込むことでお茶を濁しているわけであります^^;


そんな”上がり”のオーダーバイクが欲しくなったのは、ある本がきっかけ。
どちらも写真集だが、自転車の美学があますことなく伝わってくる。
甘く危険な香りがプンプンします^^
私自身、もしフレームをオーダーするならこうだ!という確固たる信念はないが、他のオーナーさんの仕様が非常に参考になったりするわけです。
まず一冊目。

Cimg4813

パリの手作り自転車 アレックスサンジェ


泣く子も黙る(?)、アレックス・サンジェの自転車写真集。
フランスのエスプリ香る、優雅を極めた名車中の名車だ。
日本のランドナーやスポルティーフといったツーリング自転車は、フランス車をお手本にして独自の発展を遂げてきた。
その家元みたいなもの。
フランスのもう一つの雄、ルネ・エルス無きあと、現存する唯一の工房という。
美しき工作、線引きされたラグ、そして優美な佇まい。
これをオーダーしたら、それこそもう”上がり”だろう。
床の間バイクになること必至!(笑)
国内でも取り次いでくれるショップがあるので、現地へ行かなくても手に入れることは可能らしい。
ちなみに、隣の単行本は単に本の大きさの比較だけで他意は無い。


お次はこの本。

Cimg4818

Made In Japan、ツーリング車用フレームの最高峰、東叡社。
そのオフィシャル写真集だ。
これを見るともう大変!
物欲がそのまま写真になっているって感じ。
非常にヤバイ(笑)

中は個人の所有バイクなのでお見せ出来ないが、オーダーならではの工作、好みのカラー、そして拘りの美学が随所に見受けられる。
ん~、たまりませんな~^^

 
これを見て思ったのは、別にヴィンテージパーツではなく、最新のコンポで仕上げている方もいるということ。
オーダー = レトロ では無いんだ。
当たり前だけど、そういうイメージが頭の中で出来ていたものだから、ちょっと新鮮だった。


隣のコミックスは、東叡社でランドナーフレームをオーダーし、「サイクル野郎」のように日本を駆け巡りたいという淡い願いを込めて置いたもの。
いつか、夢よ現実に!
(当たれ、宝くじ^^;)
 
 
 
まあ、見るだけならタダなので、いっぱい妄想してます。
いや、タダじゃないよ、この本結構高かったんだから!(笑)

|

« タブレットと雪まつり | トップページ | 冬の寄り道 »

コメント

タクランケさんのブログ楽しくて結構チェックしてるんですよヽ(゚◇゚ )ノ実は読者なんです(笑)普段はあんまりコメントとかしないほうなんだけど(照)見てるだけなのもアレかなって思ってコメントしてみました(笑)タクランケさんに仲良くしてもらえたら嬉しいです(≧▽≦)一応わたしのメアド載せておくので良かったらお暇なときにでもメールくださいо(ж>▽<)y ☆ココログやってないからメールしてもらえたら嬉しいです(^人^)まってるねえ(-^□^-)

投稿: まりこ | 2012年2月16日 (木) 20時42分

これはこれは光栄の至り、ありがとうございます。
折角の申し出なんですがメールではなく、またコメント欄に書き込みお願いします。

投稿: タクランケ | 2012年2月17日 (金) 09時38分

うわ~。危険ですね~。私は見てはいけませんね。笑
ところで、明日はお会いできるのでしょうか?先月のSNRでお渡しすれば良かったと悔いている物がありまして。

投稿: PPS | 2012年2月17日 (金) 13時11分

PPSさん

はい、メンテナンス講習会には参加する予定です。
しかし、その後はちょっと予定があって、微妙な状況なのです。
一番美味しいところなのに・・・(;ω;)

というわけですので、ご都合が合えば宜しくお願い致します。

投稿: タクランケ | 2012年2月17日 (金) 16時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/215269/44041372

この記事へのトラックバック一覧です: 甘く危険な本:

« タブレットと雪まつり | トップページ | 冬の寄り道 »